2011/6/21

閲覧注意。  

ちょっとね。
落ちてるわけじゃないとは、思うんだけど。

多分、病んでるんです。



吐き出したいだけなの。
頭の中のグルグル。



だから、見たくない人は見ないで。
見た人は、自己責任で。

苦情言われても、困ります。

































イライラするってか。
もやもやするってか。


多分、私は、うらやましいのだろう。





時々、mixiを辞めたくなる。


辞めなくても、マイミク全員きりたくなる。



「リアル」なつながりなんて。
断ち切ってしまいたくなる。


それをした後、取り返しがつかないのがわかってるからやらないけど。


はっきりいって。
「見る」ととても、モヤっとする。



じゃあ、見にいくな。
…とも言われそうだけど、習性だから見ないこともできない。



何が嫌だって聞かれたら。

全部。



親を頼って、子供預けて、遊び回れることも。
踊って感動して仲間っていいなとか語っちゃうことも。

なんか、全部全部、いや。

…ってか、うらやましいんだろうけど。



自分ができないから、だけなんだろうけど。



誘ってっていう割には、全然そんな気がないこととか。




親に預けることもできない。
どっか一人で、二人で遊びにいくこともできない。

頼れない。

むしろ、実家に帰るたびに尋ねては断られて。
そのたびに、ダメージ受けて。

何度、もう縁をきろうかとか。
このままずっと私が動かなかったらどうなるんだろうかとか。




仲間仲間って。
青春してんな、とか。

仲間ってなに?とか。

どこからどこまでが仲間?




馬鹿馬鹿しい。
お前らと一緒にいられてよかったとか。



……これも、多分、ただの嫉妬。

そこにいられないだけの嫉妬。



なんて言えばいいのかな。
なんか、モヤモヤする。


目の前にでっかい輪があるのに、自分はその中に入れない感じ。


あー。
こんなにマイミク増やすんじゃなかったなぁ。


だって。
はっきりいって、もう関係ない人たちばっかりってことでしょ?


日記書いても、つぶやいても。
反応する人って、もうそっちの世界の人間、ほとんどいませんが。









とか。


なんか、色々。

色々なんだよ。



去年の秋。
すべてを拒んだのが悪かったのか。

そこから、人との縁がほとんどなくなってしまったようで。


それまでいっぱいあった、人とのつながりの道が。
今は。
遮断されてる感じ。


でも。
あの時の私は、本当。


人間なんて信じられませんからー…ってな感じで。



…ま、今も若干なりかかってるか。



こっちから手を伸ばしても。
つかんでくれる人はいなくて。


結局、扉をあけても。
入ってきてくれる人、いないんじゃん(笑)


みたいな。
わらいってか、失笑だよ。


だったら。
もういいかなって。

頑張って、人とのつながり。
作らなくていいかなって。




寄るもの拒まず。
去るもの追わず。

そして、こちらからも寄らず。

も。
いいかなぁ。


リアルでは。
誰も私のこと、見てくれないみたいだから。






とりあえず、ネット友達を作るわけじゃないけど。

もう。
ネットで「私」というのを見てくれる人が、少しでもいるなら。

そっちでいいかなぁって。


リアルで頑張んなくても、こっちで好きに頑張っていけばいいかなぁって。
思うようになって。。。。。


ま、確実、引きこもり思考なんだけど。


歌って。
絵を描いて。

いつか、小説とかも書いちゃって。

それを誰かがみて。
評価してくれたり、声かけてくれたり。

頑張ってくださいって言われるだけでも。
通りすぎるだけでも。。。。


そのヒトトキだけの関係だけかもしれないけど。
それでいいかなって。





思うようになりました。



なので。
多分、どんなに人恋しくっても。


もう手を伸ばすことはやめようかなっと思う。



望んだって。
絶望するだけなら。


もう、傷つきたくない。






なんていう、自己中。
自己保身。


すべてわかってる。
わかってるけど。


なんか、もう疲れた。


もっと。
ネットに浸かってみようかなぁ。










さて。
弱音でした。




ま。
書くだけ書いて。


でも、結局人求めたりしてね。


人間て矛盾な生き物だよね。










最後に。
自分勝手で、ごめんなさい。


29歳になっても、ガキなんですわ、私。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ