2012/9/26

(無題)  

まわりの人、みぃんな妊娠中。
なんか焦るっていうか、落ち込むっていうか、いやだね。

妊娠、私ひとりでできればいいのにね。


私ばっか子供ほしくたって、相手がその気にならないとできないなんて本当。


最近のストレスはこれかなぁ。
とまらない出血もそれかも。



高齢になればなるほどできにくいっていうし。
元々生理不順だし、子供もできにくいっていわれてて。

そんな中で焦るなっていう方が難しい。



男は、わかってくれない。
0

2011/12/22

(無題)  

久々にここに来た。


落ちてるっていうか。
こんなにも長く人を許せない…というか、もう相手したくないって思うのは久々かもしれませんね。




相手にとってはちょっとしたささいなことでもね。
こっちとしては、かなりむかついたし傷ついたわけで。




とりあえず。
むかつく、とか、腹立たしいってきもちよりも。


もう、関わりたくないって気持ちが強いので。
基本スルーしてます。


好きの反対は、無関心。




本当。
無関心。


どんなに起きれなくても私にはもうしったこっちゃないし。
それで仕事なくなっても、もーしらん。

最悪、離婚して母子手当受けながら働くだけだし。




私。
相手がどんなに頭痛いとか、ここが痛いとか言われても心配しないようにしてるんですけど。

どうしてかわかりますか?



私が、相手から心配されたことないからです。




もう、どこが痛くなっても、言うつもりもありませんが。




でもさすがに。
目はヤバイと思って、「目が足に青あざ作ったかのように痛むんだけど」の答えに対して。

「なったことあるの?」はないと思う。




さすがに。
今回は、冷めた。

気持ちが、冷めた。




朝のことといい、そのことといい、ごめんもないしね。
私から、もう心開くことはないな。


翔陽くんには悪いけどね。
パパが帰ってきたときの、空気の悪さと言ったら。


帰ってこなきゃいいのに。
0

2011/11/10

(無題)  

ごめんね

私、私に興味ない人には私も興味ないんだ
0

2011/9/14

裏じゃなくてもいいんだけど。  

表はメンテナンス中だし。
mixiでかくことでもないような気がしたので、ここを借ります。




今日、母親から電話がありました。
っていっても、もう自分の血の繋がった人の電話番号は全部きってあって。

「誰?」って感じだったのだけど。
そして、風邪ひいてる私は出る気になれず、パパにポイって。


そしたら、母親だったって。




お祖母ちゃんが、もう2,3日の命だそうです。


お父さんから少しきいてて。
ただ、お父さんの言うことだから50%ぐらいしか信じられん感じだったんだけど。

数か月前から、老人ホームから、病院に。
そして、さらに病院から病院にうつったんだそう。



日曜日行ったときには、意識がはっきりしておらず。
終始苦しそうだったようで。

お父さんが、今日先生に聞いたら。
2,3日だそうだ。




お母さんには何度も、今行ったってわかってもらえないよ、と言われたけど。
そうじゃない。

「生きてるうちに、もう一目だけでも、お祖母ちゃんに会いにいくべきだ」と思ったからだ。


ま。
母親にいったところで、と思ったので。
消してしまった番号をさがして、父親に連絡し。

明日にでも行くつもり。
………なんだが、タイミング悪いことに、私風邪ひいて発熱中。


先生に、4,5日はかかる、無理するなといわれるぐらい、ちょっと強力そう。

さすがに、熱ある状態でいくのは向こうにも悪いから。
マスクはめて、少しの時間だけでも。

おばあちゃんの顔を見に行く。
………が、明日までに熱下がるかな?





ここに書いたかわすれたけど。
完全に縁をきって、もう親族とは会わないつもりだったが。

ああやって、わざわざ電話をもらって。
それで「知らない」とは言えない。

そこまで私は冷え切ってないし、ガキでもない。


明日亡くなるかもしれない人に対して、いじっぱりにもなりたくないし。
葬式にくるべきだといわれて、反対する理由もない。




ただ、変わらないのは。
私から、この人たちにアプローチをかけることは。

次、誰かが死にそうと連絡をもらったときなんだと思う。





おとんは、電話越しで嬉しそうでしたがね。
母親は、「伝えなきゃ」という気持ちだけで動いてるので。
私の言葉の半分もはいってないでしょう。


ただ、母が、血がつながってるんだから縁なんてきれるもんじゃない、みたいなことは言ってましたが。


まぁ、確かに。
誰かが死ぬときけば、かけつけるだろうし。
完全にきれることはないんでしょうよ。

私が、本当に切る気にならない限りは。




ただ、私からつなぎ続けるつもりはないので。
用があったら、そちらからお声かけてください、って感じなのかもね。

今の私は。




どちらにしろ。
ゆっくりもしてられない感じなので。

自分の体治すことに専念します。
0

2011/9/9

何があったというわけではないのですが。  

親を捨てて、1か月ちょっとですか。

何度も。
何度も。
親のことを、考えたり。
思い出したり。
夢見たりしてます。


後悔してるのか、といわれれば。
どうなんでしょう。

かといって、じゃあ、自分からまた手を伸ばし。
元のさやに戻るか、と聞かれれば。

それは、大きくNOと答えるでしょう。


それでも。
やっぱり考えてしまうんです。

息子のおじいおばあなのも間違いないですからね。
彼のためにも、我慢するべきなのかと。


いや、でも。
もう、我慢の限界だったんでしょう。

その前から、ふつふつときてましたもん。


旦那とのこと。
おばあちゃんとのこと。
そして、髪の毛をきったときに追い詰められた私への対応。
最後に、今回の引っ越し騒動。



何度も、距離をおこうとして。
何度も、縁をきろうとして。

何度も思いとどまって。



自分の中にあるものすべて吐き出してからでもおかしくないような気もしますが。


それで何か変わる気もしないんです。



そう。
引っ越しをして、落ち着いてきたからなのか。
漠然と、自分のことを思うようになりました。



ああ。
私は、人との関わりを、諦めたのかって。


だからこそ。
今、こうやって。

3人っきりな世界で生きていて。
絵を描いて、歌を歌って。

人と、深くかかわれない位置にいるんだって。




悲観的とか、そうゆうわけじゃなく。
私は、もう救われない子なんだな、と。

ついこの間、ふと思いました。


最後の最期に助けてくれる人はいなく。
誰も頼る人もいなく。

独りなんだと。



そうしたのは、誰でもない。
まぎれもなく、自分で。

自分が今まで生きてきた結果で。

この先自分が自分であれば、それは変わらなくて。


私は私を変えるつもりはないから、だから、もうこれ以上はないと。


ま、ならしょうがないかと。
最期の最期で寂しく独りぼっちでも、仕方ないことなんだろう、と。

私は私を。
もう諦めてしまってて。


所詮、群れからはずれてしまったら、「仲間」でも「家族」でもなくなってしまう、ただの「他人」だということに、私はここ2年で学んだ感じです。

これからも、ほどよく距離をあけ、できるだけ深く関わらず、人とふれあっていく形になるんだなぁ、と私は改めて思いました。



さぁ。
本当はもいっこ心にあるのを書くつもりだったけど、後日。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ