2016/4/29

がっかり補正  
 五年前の震災の後、大きい被害のニュースや心配事が続いてしょんぼりしていた頃のこと。
 友達がやっぱり落ち込んでしまったという話をしていたので、自分も気合いれないとなとの気持ちをこめて
「落ち込んでいる時はとりあえず、首から下を動かしていこう」
ってメールの返信を出したのだ。
 でもそのときうっかり「おちこんで」のの順番を打ち間違えて、なんかやばげな文章になってしまい、大変恥ずかしいことに。

 それを数年たってから、昔話としてくだんの友達と話していたとき、よりによって友達のアタマの中では「とりあえず腰から下を動かしていこう」と言ったことになっていて、

ちょっと待ってそれだとほんとに変な人みたいじゃないの!首から下って言ったのよ!!

 まったくもう人間なにかやらかしてしまうと、びみょーにその周辺も補正されてしまうよね、変なほうに。
2

2016/4/28

後悔ポイントの汎用性  
 生き物って危険な目にあった経験はしっかり記憶しているものというけれど、人はその他に後悔したことや反省の原因になったことも記憶ポイントになってると思うのよ(人にもよると思うけど)。

 私はその後悔ポイントがなかなか消えないタチで、楽しかった思い出は浜辺の砂絵のようにさくっと消えていくくせに、幼稚園の頃にやらかした悪さとか小学生の頃のトホーにくれた思い出なんかが、いまだに残って困っています。

 具体的には、近所のアパートの大掃除で、煙突に作られたスズメの巣が取り払われ、ヒナが死にそうになってたのを反射であわててひろってきて、家で餌をやっていたら案の定オヤに見つかって、学校に行っている間に絶対死ぬから今すぐ捨てて来いと言われて、右往左往した挙句、もとのアパートの側の空き地で親鳥をよばわってくれーと置き去りにしていったことなど。(長い1文)ヒナの声がだんだんしなくなって夜には静かになっていた事とか、良く遊びにいってたその空き地には二度といかなくなった事とかセットで鮮明に覚えております。
 そんな深刻なのでなくとも、印刷屋さんに原稿を送った後で送り忘れがみつかったとか、イベント申し込みをしたあとカットを間違えて送っていたとか、床をころげまわる程度な事は、それはもう頻繁にやらかしています。

 でも基本物忘れの激しい私には、そういう後悔ポイントがあるおかげで日常生活が回ると言っても過言ではない!くらい、真っ暗な記憶の中のスポットライト的な役割を果たしてくれています。
 後悔の思い出の周辺のことは、なんとか思い出すことができる、楽しかった中学時代はほとんど覚えていないけれど、厳しかった高校以降は私わりかしアタマよかったかもよ。(注・自分比)あんまり思い出したくないけど。

 でも失敗記憶の周辺を見回すと、過ちを犯した人をここぞとばかりに攻撃する人もいれば、どんまいと言ってくれた人もいて、そういう人たちが普段は特に差異もなく行動していたのを思うと、大事な人を見分けるポイントでもあったのかもしれないな、と思うことあり。
4

2016/4/26

普通日記  
 楽しかった描きこみペン入れが終了。あとは部屋がちらけるトーン貼りですな。
 じりじり進捗状況ですが、なんとか今月中に仕上がるかな。
 色Sのイベントは、あとコピー本1冊作りたいかなーと…。今回わりかし真面目な話だったので、かわいい系なショートショートでちんまい本がいいなっと。ネタだけはいっぱいあるんだ。はまりたての勢いってこわい(もう1年たっちゃったけれど)。

クリックすると元のサイズで表示します
 36ページ読みきり1本です。例によってタイトル未定。

今日の鳥さん。

 そういえば先週末、引き出し改めをし忘れていたな、敷きタオル取り替えないと〜と見てみたらこんなことに。

クリックすると元のサイズで表示します

 いやああああいつの間にか巣みたいになっちゃってるー!!

クリックすると元のサイズで表示します
 んー そうね
1

2016/4/24

BBA吠える  
 ちゃまが今年も4月からの新番組アニメをせっせと録っております。よく続くな〜。

 ちゃまの趣味なのかなんかカドカワ系が多いんだけど、なぜかRPGごっこネタが増えたな!としみじみ。
 こういう畑って最初に見たのがログホラでした。あれは社会育成系ゲームごっこで、大人数を使い分けるのがツボな話だなと思ったんだけど、ここんとこベタにパーティ成長だけ!という話を続けてみてしまって捻りがちょいと減っているのが残念だ。

 あとバトルアクションがどんどん派手になってるんだけど、ちょっとした事件でこれだけハデに周辺破壊しまくったらインフラ再生にものすご手間がかかるだろうに、アニメって雑だわ…とばばあ風味な感想を持つようになってしまいましたYO!
 このちょっとした事件ってのが「ノンポリ主人公が自分の恋心を自覚するため」とか「孤独な主人公がやる気を出すため」とか、いやこの程度の決意表明はミスドかスタバあたりでおいしいもん食べながらやっときなよ!なエピソードなんだもん。やめようよ、ビルとか道路とか人んち壊すの。

 なまなまな話になっちゃうけど、20世紀の戦争で人が沢山なくなったのって、武器が発達したせいというじゃない。
 中世の戦争は殺し方自体は残酷であったけど、沢山の人を一度に害する手段はなかったから、結局戦闘員同士の戦いになりやすかった、戦闘員が負けたら地域の人の命運が決まる、みたいな。
 重火器を使った戦闘は、よく言えばみんな平等に普通に言えば皆殺しっていう酷い戦争の象徴みたいなもんだから、個人的感想は怖いに尽きる。

 だから、そういう戦闘自体をハデに大きく描きすぎることに抵抗を感じてしまうのかもしれない。これだけの火力を使ってるなら、死んでる人は百単位じゃ?とか数えてしまうから。
 そういう映像から想像する物量と、物語の「ちょっとした悩み」の軽さのギャップがどうしても埋められなくなるのが、BBAになるという事なのかもね。しょんぼり。
 むやみに世界に対して甘えを吠える奴は、耳からめんつゆ流し込むぞコラ!と因縁スピリットがむらむらと。
4

2016/4/23

ロフトが!   
 ちゃまの頼まれ物を買いにローカルデパートに出かけたら、いつの間にかロフトと無印が出来ていました。うれしい〜
 しばらく引きこもっている間にこんな萌え店が。西武系ステップ地方だっただけに大変新鮮でありがたや。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ