2016/8/29

おけらくんの観察と魍魎語り続  
 迷走台風が近くてへんなお天気の1日でした。

 朝、ゴミだしして戻ったところ、植物の水遣り用のバケツにおけらくんが落っこちてあわあわしていました。
 こんななんもないようなバケツにどうやって落ちたんだい…と掬い上げて植木鉢に放したんだけど、放す前にまじまじ観察。こんなちっこい羽でよくコオロギみたいな音が出せるなあとか、やっぱり前足のシャベル仕様はかわいいなあとか。
 でもってやっぱりこういう小さくてやわらかくてもぞもぞ動くムシは、大人には嫌われそうだなあとも思いました。
 好きでいるか嫌いになるかの違いは、パーツ愛があるかないかだと思うんだ…かまきりの前肢の作りが好きとかミツバチの体のモフ毛がかわいいとか、そういうのを認識しはぐってカマキリ・ミツバチって覚えるだけだと、多分見慣れない生活にはいってから出会う時「大雑把に気持ち悪い」くくりになってしまうと思う。
 おけらくんは上半身パーツも動作もとってもかわいいけど、かわいい以外のパーツ(胴体とかおしり)は普通に気持ち悪い系だと思うな。

 ところでアニメ魍魎やっと最後まで見ました。きれいにまとまっててよかったYO!
 動画もきれいだったし音楽もメランコリック、乙女度が高くてちょっと照れちゃったけど画面がさすがにみっちり作りこまれてたのがいいなあ。
 唯一我がままを言うと、原作で最初に読んだ時に一番心を鷲づかまれたシーンがさくっと略されていたあたりだ!

 猟奇な犯罪を犯してしまった久保について関口君が色々語る、動機を考え精神状態を推し量り犯罪に至るまでの心理や可能性を想像する。

…の途中でいきなり京極堂が怒り出すのね。

 不幸な生い立ちにありながら真っ当に生きている人はたくさんいる、憤りをもてあます人も精神の不安定な人もみんなが犯罪を犯すわけじゃない。きっかけになる「とおりもの」に出会ってしまった久保が向こう側に行ってしまっただけだ、みたいな感じで。
 それで素直に反省した関口くんの言がよかったんだ。
 つかみどころのない犯罪を勝手に解釈して判った気になって、その不幸、不条理を穢れとして自分のいる生活圏から遠ざけようとしてたっての。
 それは普通に私たちがやりがちな過ちだと思うので。

 よく犯罪被害者に対するセカンドレイプにあたるバッシングってのも、これと同じ心理だと思うのね。狙われたお前が悪いなぜ逃げなかった、と叩くことによって自分との距離をあけようとする行為。
 中世の書籍の「穢れ」の記述を見ていると、不幸のあった家に近寄ると穢れが移るとか犬のうんこを見つけたから穢れが目に入るとか、へんちくりんな感覚だなあと思ったものだけど、多分現代に於いての被害者たたき(加害者の身内をかわいそうに見せる演出とかも含む)は、その感覚の延長なんだと思う。
 京極堂シリーズは、そういう「直接攻撃ではなくて空気を濁すことによって誘導される作為」に対して、最初にわかりやすく語ってくれた娯楽小説だと思うので、やっぱそこんとこは評価して端折らないでもらえたらうれしいYO!

 

2

2016/8/28

反省中  
 今日は大事な用事をうっかり忘れてしまって反省。
 しょんぼり中はうっかり度とつまづき率があがるので、御用の方はどうかご確認をくだされ。はーしょぼちん。
1

2016/8/26

京極アニメ  
 まとめて撮っておいたアニメ「魍魎のハコ」を見始めました。
 キャラ原案がCLAMPなので、最初は出てくるキャラがみんな余りにも美しくて恥ずかしかったけれど(何しろ細い目がチャームポイントの木場さんが超イケメンになってますよ!照れるジャマイカ!)京極堂の長々しいトークシーンになったら安心して見られるようになりました。
 安心はできるけど、このセリフほとんど漢字変換が追いつかないね!自転車の座面でかまきりが威嚇しているから乗れないわあみたいな調子で、中国に於ける水虎が本邦に於いては水の妖怪の眷属として網両と呼ばれたのかも〜とか言ってんじゃないですよ中禅寺さん。訳わかんないよ!
 でも京極セリフはこの訳わかんないセリフを一生懸命変換しながら読み(聞き)進めるのがツボなのかもな。
 あ!でも関口くんも木場さんも京極堂も美作先生も鳥口くんでさえも美しくなっているのに、榎さんだけ十人並なのがなんか納得いかないなあ。こんなに埋没した榎さんを見たのは二次創作でもそうそうなかったYO!
 あと背景が超美しくていいなあ。中央線は都民のソウルの動脈なんだね。

 色塗り練習、今日はジョウト組。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/8/25

不機嫌日記  
 ちびちびが、宿題を溜めたまま夏休みを終えようとしています。親がぎゃんぎゃん言おうと資料の場所を教えようとびくともしませんこんにゃろう。

 今年は原稿時間だけはオリンピックを見ていて、わりかし手に汗握ったりかっこよさに萌えたりと、すごくよかったんですが、終わりのあたりでなんかイベントやニュースの傾向が???な事が増えてきて、終ってしばらくして振り返るとアスリートとはぜんぜん関係ないところですごく後味が悪くなっていました。あれは一体なんなんだろうな?NHKで「国威発揚」とか言ってたあたりが、鯛の脊椎がノドにひっかかってる感じなのかな。
 パラリンピックでは、競技は見ても関連ニュースは見ないようにせねば。

 ちゃまはご飯時に歩くだけで乳がぶるんぶるんするアニメを2話も続けて見るし、まったく腹立たしいいい。

3

2016/8/23

ポケスペを語ってみよう&むのさんのこと。  
 夏コミでポケスペ本をどさくさと領布して、友達に渡す時の説明が「サトシもロケット団のかわいい3人組も出てこない漫画版オリジナルのポケモンなの」から始まるんですが、思えばニャースの敬愛するサカキ様はちょっぴり(笑)出てくるし各地のトレーナーもゲームやアニメ共通な人が多いし、まことに単体漫画として説明が難しす。


 ポケスペは、最初漫画を読んだ時「これはかわいい〜」と思ったものの、多分はまらないだろうなと絶対の自信を持っていました(ほんとアテにならん。OPの時もそうだったからな。)
 なんとなく沼を感じ始めたのが、もう40数巻超えた頃のBW編あたり。ツボはかんたん主人公の造形です。
 赤→黄→金あたりは王道だと思うんだけど(それはそれでかゆいところに手が届く感じで好きで)ルビーとかダイヤあたりから茨道敢えて進んでね?になって(エメは金タイプ別バージョンかなと)黒でがっつり膝をつきました。ちょいちょい前のキャラも出してきてちゃんと成長させているあたりもな。
 私は人が育っていく系の話に滅法弱いのよ。しかもこの人数出しておきながら、成長過程に瑕疵がないのがすごいな!(どちらかというと1作ごとのストーリー展開の方に書き手の苦しみが見えたよ…きっと大人の都合で苦労されたんだろうな。)←余計な心配でごめん。

 いろんなタイプの子どもが、それぞれに至らない部分を持っていて、自分とタイプの違う子に会って触発され成長して問題を乗り越えていく、って漫画のごくごく基本の展開だとは思うんだけどね!
 でもそれを、たくさんの子ども達と事件にからめて描く力技がすばらしい。
 方程式を解くときに、二次くらいだったらなんとかなるけど、8つ9つの長い式をぽんと並べられて「共通する定数はなんだー!」みたいな問題をつるつる解かれたような気持ちよさ。
 そんな訳で私はポケスペの作画もポケモンたちもみんなわりかし好きだけど、一番好きなツボは原作者さまです。もう大人の都合で躓いたっていい!描いていてさえ下されば寿ぎます!


                         

 ジャーナリストのむのたけじさんが亡くなられたとのこと。訃報記事の下の方にのってた関連記事がよかったので貼りつけ。心からご冥福をお祈り申し上げます。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ