2006/9/28

バイバイン  

ドラえもんのヒミツ道具に「バイバイン」というものがある。

ある日、おやつに栗まんじゅうが出たのび太は最後の1個を非常に惜しんだ。
「これを食べたら無くなってしまうのか…あぁ勿体無い」
見かねたドラえもんがなんでも倍に増えていく「バイバイン」を出し栗まんじゅうに1滴たらした。
一定時間経つと1個が2個、4個に。
「常に1個残せばずぅっと食べられる」と喜んだのび太だったがお腹が一杯になってしまう。
増え続ける栗まんじゅう。
色んな人に食べさせるも必ず1個残ってしまい、とうとう押入れに隠してしまった。
「食べた」と嘘を付きつつさりげなくドラえもんに残したらどうなるか聞いてビビってしまい自白。
既に押入れ一杯になった栗まんじゅう。
風呂敷に包んで小型ロケットで宇宙へ栗まんじゅうを飛ばした。


最近、活動しながら思うことは
必ずライブ会場には「自分も歌っています」という出演する立場の人達が多い事。
別に今に始まった訳ではない。
俺がステージデビューした2001年からそうであった。
その前からもそうなのだろう。

俺は「遠藤ミチロウ」というアーティストが大好きで
上京して漫画を描いていた頃、20代の後半は「遠藤ミチロウ」を追いかけ続けた。
今も使っているヤマハの黒いエレアコもミチロウの黒いアリアのギターに憧れただけで買った。
つまり自分も最初は「遠藤ミチロウの客」であった。

憧れの対象は異なるが皆、誰かしらの影響を受けている。
また
対象の人物も誰かしらの影響を受けている訳だ。

辿っていけば「一人のスター」から影響され派生して行くのだと思う。
バイバインでもふりかけたように増えて行く。

これはどの世界でも同じことな訳で
お芝居だろうがお笑いだろうがプロレスだろうが漫画だろうが
其々の速度でユックリと細分化されている。

「隣のおねぇさん」ならぬ「隣の表現者」

栗まんじゅうのように「飽和状態」になるのか?
宇宙に葬り去らなくてはならないのか?



「1億総表現者」でも良いのかも知れない。

何故なら「生きる」事が表現なのだし。

俺は「対世間」を掲げながら活動してきた。
もしかしたら向けるべきは「対世間」ではなく「対表現者」なのかも知れない…。
0

2006/9/20

一割論  

「1割引き」と「10%OFF」は同じ意味だけど後者の方がお得感がある。
安売りで見かける文字は後者が多い。
同じ10問のテストでも1問1点で10点満点より1問10点の100点満点の方がなんだか嬉しい。


全く関係ない話で始まりました。
ただ書きたかっただけです。

「1割論」
つーのは大体、自分の分析に使うのだけれど
「ゴキブリを1匹みたら30匹いると思え」という文句があるけど
これを自分に当てはめると「1人お客さんが来たら来ようとしている(興味を持っている)人間は10人いると思え」という事を勝手に定義している。
大体、当たっていると思う。

「1割論」はその逆説的なもので
大体自分の「知名度」というのを仮定すると
「変身忍者・佐藤豪」という名前を「見た事がある」「聞いたことがある」「でも良く知らない」という人間は今現在で恐らく万単位だと思う。
1万から2万人と仮定しよう。

次に「名前もどんな活動しているかも知っている」という人間。
先ほどの数から1割、千単位だね。
千人から2千人といったところ。

次に「興味を抱いている」人間。
更に1割、百単位。
100人から200人。

そして肝心の「1回のライブに足を運ぶ」人間。
1割で十単位。
10人から20人。

大体の「知名度」が分かると思う。
逆にしなくても集客から10倍にしていけば同じ事ではあるが
何故に逆かというと意識を「名前は見たことある」という人間に向けなくてはならない、という事。

いかに足を運ばせるかというのは結局のところ「名前は見たことある」という人間を増やすしかない。
多分「興味のある人間を引っ張る」事よりも先にすべきトコロはそこだと思う。
では、知名度を上げるにはどうしたらいいか…
という事。

これが俺の集客に繋げるひとつの方法論。
0

2006/9/13

多種多様  

前回の予告通り「2006」の準決勝出演者の多種多様のネタを分析。
「ピン芸」とひと括りにせずにジャンルで分けてみる。

尚、ジャンルはボクが勝手に判断したものです。批判は受け付けません。
ダブる方も居るのでその場合カッコ書きしております。

【漫談系】
あべこうじ
チャド
いとうあさこ
O.D.A
ハッピーとしちゃん☆
ガリガリガリクソン(ものまね)
チュートリアル徳井
おーい!久馬(ひとり芝居)
椿鬼奴(ひとり芝居)

【ひとり芝居系】
友近
中山功太
岸学
浅越ゴエ
名刀長塚
シャカ大熊
ケンドーコバヤシ
長州小力(モノマネ)
千原ジュニア
ライセンス藤原
なだぎ武
小籔千豊
いがわゆり蚊
国崎恵美
愛植男

【スケッチブック系】
バカリズム
スケバン恐子(小道具)
星野卓也
COWCOW山田與志(モノマネ)
ウメ

【小道具系】
冷蔵庫マン
末高斗夢
ランス39号
くまだまさし
森プロジェクト
須知軍曹
ネゴシックス
ポンバシ系向

【パターン系】
あれきさんだーおりょう
金成公信
パッション屋良(肉体)
サイクロンZ

【肉体系】
結城アクションクラブ(漫談)
キャプテン☆ボンバー

【音楽・楽器・歌モノ系】
はなわ
出雲阿国
南野やじ(スケッチ)
山林久人
サバンナ高橋
永井佑一郎

【モノマネ系】
博多華丸(ホワイトボード+音楽)
井上マー
チャンドンゴンゲン
若井おさむ
鈴木つかさ
D坊
くじら

【ひとりコント系】
しましまてるお
後藤レクイエム

【ホワイトボード系】
大輪教授

【朗読系】
杉岡みどり

【一発ギャグ系】
猫ひろし

【ひとり大喜利】
ヤナギブソン



やはり漫談やひとり芝居は多い。
おおまかに分けたのでこれで落ち着くのも難しいが得意なモノをベースにして色々と上乗せしているようだ。
優勝者の博多華丸はモノマネベースにホワイトボードで分かりやすくして最後は音楽で締めるというなかなかに複雑で分かりやすい仕掛け。
そういうのが必要ではないかなとも思う。

個人的には井上マーは何度見ても飽きない面白さがある。

自分とかぶりそうな「音楽系」「スケッチブック系」は気になるトコロ。

音源や小道具に関しては
「持ち込みのみ可(MDのみ)要オペレーター。机、椅子は用意してあります。」
との事。

スケッチブックを立てる譜面台や
ギターアンプは用意しなくてはならない。



ここまで書いてはみたものの
なんだか何が言いたいか的を得ない内容になりましたね。

まー
「話芸」に拘らず「ひとりで面白い事」をやれば良いという事ですな。
要は俺は何をやるかという感じだね。

去年を参考にするとエントリーは12月1日〜25日だそうで
まだまだ時間があります。

大体このブログを立ち上げた時点での書きたい事は書いたので
これからは週イチの更新ペースは変えずに思いついた事をアレコレ書いていきます。
そのうちに「何をやるか」も見えてくるし何故にこんな半年前から書いているのかも分かって貰えると思います。

なので長〜い目で見てやって下さいまし。

続く!
0

2006/9/8

その後を追う  

前回に書いたアマチュア時に準決勝に残り、プロダクション所属となった
「若井おさむ」「ジョン・レノソ」を調べてみた。

「若井おさむ」はガンダムのアムロの真似で漫談をやる人だった。

ガーン
知らなんだ…。

テレビにガンガン出てますねぇ。

「ジョン・レノソ」と言う人物は所属も名前も変えていた。
「ヒライケンジ」と名乗り「エンタの神様」にも出演している。

ウワー
見た事ある。

調べるのに苦戦すると思いきやアッサリと判明してしまいました。

上手くいっているようで何よりですね。

本人のブログなんかに辿り着けばアマチュアから伸上がる様子が分かるのですがそこまでは調べられず…

この辺を引っ張っても仕方が無いので
次回は前回に少し書いた2006で準決勝に残った方達のネタを見ながら多種多様の形態を分析したい。

今回は短めっ。
0

2006/9/1

ちょっとしたデータ  

更新が少し遅くなりました…。
色々と調べていたらまとめる時間がありませんでした。

予告通り、このイベントをもう少し詳しく紹介していきたい。

R-1ぐらんぷりは2001年に開催した「M-1グランプリ」の後に出来たようです。
「M(漫才)-1」に対し「R(落語)-1」と言うことで「ひとり」の代表を落語とし落語に限らず「ピン芸人」のNo.1を決めるイベント。

因みに過去の優勝者は
【2002】だいたひかる
【2003】浅越ゴエ
【2005】ほっしゃん。
【2006】博多華丸

2004年が無いのは開催日程が2002年は6月から10月
2003年からは年末から年明けに移動したためのようです。

一応、規定では「とにかく面白い一人話芸」としているようですが参加者の形態は多種多様。
多種多様な内容に関してはまた後日、別枠で分析していきますが
今回は過去の参加者の数をまとめてデータにしていきたいと思います。

ずーっと見ていて気が付いたのは(アマチュア)の多さです。
特に大阪の数は半端ではありません。
元々、関西テレビの主催のためオンエアは関西方面だけでしたが2005年からは全国ネットになり東京の参加者にもアマチュアが増えました。

そこで
全参加者のうち、自分と同じ立場であるアマチュアの割合はどのくらいであろうか。
そこを数字に出しました。
そして後で供述しますが準決勝のみ所属プロダクションの種類も表記してあります。

以下、参加者数、カッコ内の数字はアマチュアの数、パーセンテージ、準決勝のみ所属プロダクションの数になります。
(尚、第一回2002年のデータはHPに無いため割愛します、パーセンテージは小数点以下切捨て、プロダクションの数はフリーやアマチュアもカウントしています。数えたのは僕自身なので間違いもあるかもしれません)


【2003】
1回戦 東京 294(71)24%
   大阪 255(141)55%
2回戦 東京 72(1)1%
   大阪 51(10)19%
準決勝 東京 22(0)0% 15プロダクション
    大阪 20(1)5% 5プロダクション
【2005】
1回戦 東京 776(222)28%
    大阪 601(313)52%
2回戦 東京 179(10)5%
    大阪 100(32)32%
準決勝 東京 34(1)3% 16プロダクション
    大阪 30(4)13% 6プロダクション
【2006】
1回戦 東京 997(244)24%
    大阪 512(345)67%
2回戦 東京 218(10)4%
    大阪 145(50)34%
準決勝 東京 36(2)5% 11プロダクション
    大阪 30(7)23% 3プロダクション

疲れますねぇ数字が並ぶと…

エントリーは誰でも出来ます。
参加費も1000円と結構お徳です(音楽系のオープンマイクに出るより全然割安かと思われます)。
全体的な参加者も年々増えておりますがアマチュアの総体的な割合と言うのは同じですね。
ですが、準決勝に残る確率が増えているのに気付きます。

大阪にアマチュアが多いのはお笑い好きの関西の特色だと思います。
しかし、プロダクションの数を見ると東京が圧倒的に多いです。
これは関西=吉本興業という市場も関係します。
それをまとめると東京にはプロダクションの数も多いのでアマチュアが何処かの事務所に所属できるという可能性も見出せます。

そして更に調べていくと…

2003年に唯一、準決勝に残ったアマチュア「若井おさむ」という人物は2005年には2回戦で落ちています。
しかし所属が(吉本興業大阪)となっています。
2005年に準決勝に進出した「ジョン・レノソ」という人物も2006年には2回戦落ちしておりますが所属が(ソニーミュージックアーティスツ)となっています。

実はこれを見つけたかった。

所属した途端に成績が悪いのは気になりますが
この「プロダクションにアピール出来る」という事実がここで証明される訳です。

もう少し根気良く調べたら同じような例はまだ見つかるかも知れませんがこれで十分。

プロダクションといっても音楽業界と同じでピンキリだとは思います。
その辺は良く分かっていますが少なくとも音楽業界にアピールするよりは自分のスタイルの場合、可能性アリ。と見るべきでしょう。




次回は
更に調べられたらこの路線の内容をもう少し。
無理だったら違う方向の内容を少し書きたいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ