2011/4/29

HOLE終了  佐藤豪(ソロ)

1.ガスバーナー
2.時間をください
3.刈り込みマシーン
4.80年1本勝負
5.inthe…
6.ハ・ラ・カ・ラ

入り時間が17時だったのだが、遅れる。
池袋からの路線がなんだか複雑。
検索時間によってルートが違うし、検索のに乗れなかったり変なの乗ったり…
志木って大変なんだねぇ…
そんで店の場所も迷う。
結果言うとマンションの地下にあるお店でビビッた。
なんだろう…
田舎にありがちな(失礼)普通の住宅街の中のマンションの地下にカラオケとかあるような場所。
まさにHOLEの向かいはカラオケ屋。
一室を改造した中は…
狭いが良い感じ。
店長も良い感じ。
30分以上遅れたのに競演者は誰も来てなかった。
店長もバンドやってて「新宿アンチノック」の名前が出た…という事は?はい、ハードコア、当りっ。
バーカウンターには世界のビールが置いてある。
ビールは兎も角、なんかこの店、良いぞ。
予定してなかった「ガスバーナー」を1曲目にチョイスしたらどうやら店長さんハマったようだ。
セットリストは小岩のをベースに「ハラカラ」を入れた感じ。
大体の予想で初めてのお客さんの割合が多いと感じたらハラカラはやるようにしている。
東上線に引っ越した常連のお客さんが居て、たまたま「ノルマなし」のライブを探していて見つけていたこの店だったが、そのお客さんの引越しを知らされて直ぐ決めた。
現金なオレ。
そして来てくれた。初めての店で呼べるなんてありがたい。
競演者も面白かった。
トップの「ジョン」さんは「樽まさのり」さんと知り合いで、去年の墓石企画やった大久保水族館に来ていたらしい。
(もうひとりのお客さん愛影嬢が覚えてくれていて助かる)
オレを挟んでトリの「JETリンダ」さんは無力無善寺に出演しているというある意味ツワモノ。
エレアコでタッピングしたり女性用水着を着てたり(中身は男性)歌詞も独特。
オレと似たような匂いを感じた。
「三上寛さんとやった時もやり難かったですが今日の忍者さんの後は…もっとやり難いです!」と言っていたが、全く動じてないようにも見えた。
楽しい対バンはテンション上がるねぇ。
超ウケまくりで店長さんからはイキナリ「次どうしましょう?」と言われて6月に決める。
呼ばれたようなお店だ。
ノルマなしも嬉しいが店が良い。
ちょっとした遠征したい人はオススメ。
店長がハードコアだから超オススメ。


御殿場もこんな感じだったら楽しく闘えたのだがねぇ…
いや、楽しいけどね。
対バンと対決する緊張、初の場所で時間フリーなライブの緊張…
同じ緊張でも種類が違う。
気合の入るライブが続くぜ…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2:0:0:0
0

2011/4/28

御殿場RINCOLOとの闘い  佐藤豪(ソロ)

MIXIで展開されたこのやり取りをもっと広く人に見てもらおうと思うので曝します。
ミクシィじゃ狭すぎるぜ。

まずはオレが「御殿場RINCOLOへの挑戦状」を書いた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タイトル通りになるかどうか分からない。
文章が言い訳がましく読めると思う。
しかし、あの日の事を思い出して書いてみる。
2009年9月。
「前略」という曲にしてしまったが、そんな理由で組んだ4年ぶりの関西ツアー。
最終日に寄っていける場所はないかと思ったらミクシィで「ライブしませんか?」と突然マイミク申請してきた沼津P-STAGEが脳裏に過ぎったので横井さんと連絡して決めた。
初日の昼間に見知らぬ土地の墓地に行くという無謀なスケジュールでヘトヘトではあったが、夜には山本新さん企画を無事にこなして、次の奈良では勝手に追悼の意味を込めてやった。最終日になると喉の調子がおかしかった。
連日のエアコンのせいだ。完全にナメていた。
完全にオレのミス。慌ててのど飴なめても良くならない。
しかも出番は「ミスタープロレステーマ」鈴木修氏の後。
テッキリ最初に出て30分くいらいと踏んでいたオレは有り得ない順番にビックリした。
時間も「好きなだけ」と言う。
ネットで観ただけのナニモノか分からないオレを初めての土地でそこまでされるとは思わなかった。
別に2時間でも3時間でも歌える。
しかし、この場合は違うでしょう。
恐らくは理由を述べて「順番変えてくれ、30分にしてくれ」という事は出来た。でもその頭は無かった。
「さて、どうしてやろうか…」
リハで「歌モノ」をやったらダメだった。
勢い系か紙芝居系しかない。
しかし紙芝居は京都と奈良でやったものしかない。
これらをなんとか組み合わせて1時間ほどやった。知らない人達を前に概ね好評だったのでホッとした。お気軽ツアーのはずが…って感じ。
その会場に居たのが御殿場RINCOLO店主小澤氏であった。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1283734270&owner_id=18991720
その辺の模様は店主の日記を参照ください。
当時、これ読んでちょっと憤りを感じてしまったのです。
「あっさり断られた」オレは断ったつもりはない。
宿泊やら交通費やら全部工面してツアーに出なくてはならず、直ぐにどうのこうのは出来ませんが…という感じ。
「遠藤ミチロウ」に関してはオレの記憶では「ミチロウ好きならもっとエゲツナイ言葉を使いなよ」って感じだった。
オレはすかさず「好きですけど遠藤ミチロウそのものに成りたい訳ではありません」と返した。もう、これは好みの問題。
藤子不二雄より諸星大二郎…という件からも伺える。
藤子不二雄は子供まんがのイメージが強いが、そんな事はない。
言葉も聞き取れなかったのは申し訳ないが、中身に関しては自分の言葉で発しているだけ、後は好みの問題。
事実、昨年末の遠藤ミチロウの前座を体験したお客さんの声でも遠藤ミチロウとは似て非なるものだという事が分かった。
むしろオレのお客さんはオレの方が良かったようだし、色々ブログ調べたらミチロウさんのお客さんにもかなりの印象を残したらしい文章を書いている人も居た。
「紙芝居のオチ」も同じく好み。
オレは曲にオチをつけていない。
ハラカラに関してもその後のBI砲の人生までも想像して観て(聴いて)欲しいから。
永遠にスクワットは続くのだ。
アドバイスと言うより「意見」を頂いただけなんだが、この日記を読むとなんだかオレが偉い言われようでションボリと帰宅したような印象。
喉だけが後悔の元で残念だったが。
とはいえ、お金を出した人は何を言っても良いとオレは思っている。
だから、問題はない。
問題なのはコメントだ。
たかだか動画を観ただけで「何をやりたいのか分からない」とか「鈴木修と一緒にするな」とか、遠藤ミチロウの名前を出す間でもないような事が書かれている。
ミチロウさんはおろか…
その後、鈴木さん直々に頼まれてライブにゲスト出演しましたけど?
生で観てない人間にここまで言われる筋合いはない。
これを見た時に「クソったれめ!だったらテメェの目の前まで行ってやるわい!」とRINCOLO参戦を誓ったのだった。
去年は色んな地固めで地方には行けなかった。
ようやく、いけそうな雰囲気が出てきたので、連絡して、決まった。

何が挑戦状なのか?
ふむ…これは悪評を引っくり返してやる!という評判への挑戦かも知れない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これではRINCLOの日記が分からないので、日記全文と問題のコメントも載せよう。
何故ならコメントしたのは一般人ではなくミュージシャンなので曝してもヨシなのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨夜は店が休みだったので沼津のP-STAGEまで電車に揺られライブを観に行ってきた。

《変身忍者 佐藤豪”×”Mr.プロレステーマ 鈴木修》

ジャイアント小馬場さんのライブ明けにこのライブがあったのも必然だったのだろう。



ライブは鈴木修さんの演奏から始まった。

鈴木さんが手掛けたプロレステーマ曲にはどんなものがあるかというと…、

『STYLUS』 小島聡のテーマ

『MUTA-院殿-』 グレート・ムタのテーマ

『RISING』 藤波辰爾のテーマ

『爆勝宣言』 橋本真也のテーマ

『HOLD OUT』 武藤敬司のテーマ

『MUTA』 グレート・ムタのテーマ

『FANTASTIC CITY』 蝶野正洋の旧テーマ

『POWER』 佐々木健介の旧テーマ(現在は中嶋勝彦が使用。)

『SAMURAI』 越中詩郎のテーマ(2007年頃からテーマ曲を元に戻す。)

等々等々…凄いでしょ?

とにかくプロレスファンが聴いたら思わずコールしちゃいたくなる名曲ばかり!普段、インストを聴かない俺でもプロレステーマ曲は別なのだ。

鈴木さんはオケをバックにギター弾きまくり。プロレステーマ曲って結構早弾きだったりするので見応えも充分。

この日は4曲演奏してくれたのだがプロレス好きには堪えられないライブだった。最後の『爆勝宣言』のときには心の中で橋本コールが鳴り響いていた。

演奏後「1.4に行われるイベントに出てくれないか」と聞いてみたが「それはちょっと…」とやんわり断られた。橋本と親友だった鈴木さんには無理な交渉だよなぁ…

ただ今後のプロレスイベントの際には出演もOKしていただいたので、いずれRINCOLOにも来てもらえるだろう。



続いて佐藤豪さんが登場。

ザ・グレート・ムタのようなSEと共に佐藤さんが入場してくる。メイクもムタに似ていたと思っていたら毒霧まで吹いた。本日のテーマ“プロレス”に相応しい内容。

アコギ一本掻き鳴らしシャウトする。遠藤ミチロウさんが好きなのはすぐに伝わってきた。

佐藤さんは紙芝居をライブに取り入れるスタイルが売りらしい。「藤子不二夫が好き」だと言っていた。しりあがり寿や諸星大二郎とかだったら良かったのに…なんて思っていたら、さすがに漫画家を目指していただけあり絵が上手い!

だが今一つツメが甘かったのが惜しい!せっかく絵が素晴らしいのに最後のオチの部分に絵を使わなかったり、言葉が聞き取り難かったのも勿体無い。ミチロウさんが好きならばもっと“言葉”を追求してほしいし、インパクトに欠けるのならミチロウさんを聴いた方がいいに決まってる。

しかも来年還暦を迎えるミチロウさんは2時間ぶっ通しでエネルギッシュなライブを繰り広げるのだから佐藤さんも負けるなよ!と言いたい…というか言った。

紙芝居という武器をもっともっと活かせばもっともっと良くなると思う。大きな会場でどうするのかという課題は残るが、それはその時に考えればいい。

本番後にずいぶんキツいことも言ってしまったが上を目指すならクレバーな戦略は絶対に必要なのだ。

佐藤さんにも「RINCOLOに出てみる?」と声を掛けたがあっさり断られた。だがきっとRINCOLOに出るときには反骨したものが吹き出ると確信している。

その日が楽しみだな♪

この日のライブは必然だと信じているからねっ♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
≪AK!≫2009年09月15日 03:46
なるほど

佐藤さんの動画をよこぴーさんの日記で拝見した時 「この人は何がしたいんだろう…」と正直思ってしまいました

むしろ メークなどせずに素の本来の自分の世界で歌った方がいいじゃないかと…

ミチロウさんを本来知ってる人は あの井出達なら期待してしまうからね

出演断られたなんて 相当キツイ事を言ったんでしょ(笑)

反面 鈴木さんの経歴は凄い

実は 僕もプロレスはかなり見ました

この実績のある方と 単にプロレス繋がりと言うだけで組んでいいものかと思いましたね

西口プロレスとも同様に思いますが 本人がシャレが利いてれば かなり面白いと思います

よこぴーさんのライヴも良質なライヴを行ってるだけに やはりこれからは沢山のライヴを見て 追求してもらいたいと思います

なんとなく 長くなりました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このAK!なる人物の「またキツイ事言ったんでしょ」がどうしても気に入らない。
まぁ、どーでもよさ気な「地元が一番」とでも言いたげな井の中の蛙のような田舎のオッサンだから良いけどね。
コレが足元にも及ばないくらいの修羅場を潜ったからこそ、腹が立つ。

で、RINCOLOの返答
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先月の末、一通のメールが届いた。

「5月4日、そちらでライブをやらせていただきたい」

そんな短い文面だったと思う。

送信主の名は

「“変身忍者”佐藤豪」

とある。

“ついにきたか”

そう思い、再度メールを眺めた。一見、無機的なメールにも“念”というのはこもるのだな。

敵意でも好意でも悪意でも善意でもない情念………。

“奴は必ず御殿場RINCOLOに乗り込んでくる”

心地好い緊張感。もちろん「OK」と返信した。





佐藤氏を初めて見たのは一昨年だったであろうか?記憶力は悪いが見たライブのことは結構覚えている。

その時、ずいぶん酔っ払っていた俺は佐藤氏に自分なりの意見をぶつけた。

酔っ払っていようがいまいが、心ないことを言ったつもりはない。思ったことは正直にその場で吐き出す。お蔭様でずいぶん敵も多い。





〜挑戦状〜

まずは彼の日記を見つけたので読んでいただきたい。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1708803556&owner_id=1607387&&mfre=1

挑戦状というには自分の感情に終始しているような印象を受ける。決意表明みたいな文面だ。

しかしこの際、過去のことも含めてそんなことはどうでもよく、年月を経て俺にライブオファーを出してきたという真意を考えよう。まぁ単純明快な結論にたどり着くんだけど、当然、佐藤氏の地固めが済み





「RINCOLOと戦える!!!」





と判断してのものだろう。

いや、絶対にそうでなければならない。

とりあえずオファーしてきたことに対しては評価しよう。

佐藤氏がじっくり仕込んできた末のライブオファーだと信じたい。

が、甘くみると火傷どころじゃ済ませない。

万が一にも温いライブだったらバッサリと斬り捨て返り討ちにする!

とだけはハッキリ言っておく。





“受けて立つ!”そんな偉そうな感情もなく、かといって謙虚になるつもりもない。

サシで戦う五分五分の真剣勝負!もちろん審判は当日来ていただいた方に任せる!





散文失礼。

久しぶりに興奮しているのだ!





http://mixi.jp/view_event.pl?&id=61601850&comm_id=3475838

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1711609030&owner_id=18991720

この前に横井さんからメールがあった。
「前座やらせてもらいます」

ん?前座?

「共演でしょう?」と返したものの、意味がなかった。

RINCOLOからもメールが来た。

日時と入り時間のみ。

5月4日(祝)
御殿場RINCOLO
開場 16:00開演 16:30
adv. \1500door \2000(別途1drink)
http://98.xmbs.jp/rincolo/

持ち時間は「何時間でも」という事だった…

やられたぞ。
静岡の人達は気が狂ってるぞ。
知名度もツアー実績もない初めての地で前座を付けた言わば「ワンマン」をやらそうってんだから。
完全に利害関係抜き。

そしてこの開始時間。
「東京からもお客さん来れますよ」という隠れたメッセージを匂わせている。
東京から呼べという事か。
日帰りできる時間だ。
助かった、俺も日帰りしよう。
都心でワンマンやっても10名前後だぞ、オレは。
しかも産まれてこの方「ライブに来て下さい」なんて言った事がない。
この線は諦めてもらおう。

「静岡の骨のある強豪アーティストと共演して闘いたい」というオレの思惑は飛んでしまった。
「押忍!RINCOLO守らせてもらいます!」と出演を申し出るような兵はいないのか。
まぁ、それだけオレの知名度ないしね。
何処ぞの馬の骨が挑戦してきただけだから。
いないというか闘うという発想がないのだろう。

その点、訳の分からぬ挑戦状を喜んで受けて立とうとするRINCOLOは凄いと言える。

よし、好きなだけやらせてもらおう。
2分で終わるか2時間やるのか分からないけど。

誤解されたオレの底力を見せようじゃないか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、オレもまた返したのだった。


いやいや偉い事になったワイ。



実のところ…RINCOLOさんは俺を認めていて、昨年末の八王子でやった墓石ワンマンに来て貰ったりして。
御礼をせねばと、ライブしに行くのさ。


さて…
何処までが事実なんでしょう?
0

2011/4/28

明日は志木  佐藤豪(ソロ)

志木駅が最寄なのに住所は新座市!

4月29日(祝)
埼玉、志木市HOLE
http://www.pubhole.com/index.html
OPEN19:00〜 START19:30〜 cherge ¥1,000
変身忍者 佐藤豪 / ジョン / JETリンダ

志木駅よりお越しの方へ
東武東上線志木駅南口(ロータリー方面)より川越街道方面(駅を背にして)に直進して(3分)右手に埼玉縣(県)信用金庫をすぎて右折、一つ目の十交差点を左折して直進すると右手に看板があります。(隣店 カラオケ えにし)


クリックすると元のサイズで表示します


初めての地なんで「ハラカラ」はやります。
後はノープラン。
そんな感じで〜。
0

2011/4/27

GWプチツアー  佐藤豪(ソロ)

4月29日(祝)
埼玉、志木市HOLE
http://www.pubhole.com/index.html
OPEN19:00〜 START19:30〜 cherge ¥1,000
変身忍者 佐藤豪 / ジョン / JETリンダ

5月4日(祝)
御殿場RINCOLO
開場 16:00開演 16:30
adv. \1500door \2000(別途1drink)
http://98.xmbs.jp/rincolo/
開演が早く、東京からでも観戦できます。観光に?どうぞ。

5月5日(祝)
八王子びー玉
http://biidama.dokkin.com/t-201101.html
20:00〜 1050円(オーダー別)

迫ってきたぞ〜

お近くの方もそうでない方も宜しくお願いします!

作戦は、特になし。



御殿場に関しては妙な因縁があるので、ここでも公開しよう。
それは明日にでも。
0

2011/4/24

40にして惑わず  佐藤豪(ソロ)

4月24日(日)
小岩Zephyr(ゼファー)
佐藤豪デビュー10周年記念第4弾
「40にして惑わず」
http://music.geocities.jp/standup2yasujp/
19:00オープン 19:30スタート
2500円(1ドリンク付)
出演:佐藤豪/シラフ/小文吾。/祥人
※幸せか?死合わせか?前厄4人の全員が満40歳の企画ライブ。


OPパフォーマンスSE:仰げば尊し(遠藤ミチロウ)

1.地獄のアングル
2.まんが道
3.刈り込みマシーン
4.80年1本勝負
5.生きてこそ
6.in the …

今回のセットリストは時間がかかった。
当日の出かける寸前まで。
会場で考えるような気軽なライブでもないしね。
実際には本番中でも迷ったりしたが、結局はやり通した。
企画タイトルのように「惑わず」という訳には行かず。
時間がかかった原因は…
オレの常連客、競演者の常連客、来るかも知れなかったゼファーの常連客(実際に宣伝した時に観ていた方が2人来場)考えられるあらゆるお客さんの層を考えるとバランスが難しかった。
加えて「全員40歳」という統一されたテーマもある。
共演にしても「シラフと佐藤豪」「小文吾と佐藤豪」「祥人とシラフ」以外は全部初の顔合わせ。
どんな人が来るか検討つかない。
ワンマンならなんとでもなるが30分という枠で構成するのは難しい。
結局、テーマに沿ったので紙芝居が少なかったが楽しみに来ていたぜファーのお客さんには涙を呑んでもらおう。
紙芝居以外の、なんらかのメッセージが伝わっていたら幸い。

他にも同い年のアーティストは居るには居るのだが呼びたい面子はなんとなく決まっていた。
他の人よ、スマヌ。またの機会に。
全員のステージを観ているのはオレのみ。
順番は「付き合いの浅い順」と説明したが、実は決まっていた。
なんとなくコレしかないと思ってた。
元々の企画案自体は、かつて「シラフ企画」に2回呼んでもらったシラフさんに恩返ししようと企てた物。
企画オファーされながら「ノルマは…」というモノではなく、条件が良かったしね。
企画者は損をしてでも出演者には損させないようにしないと。

オープニングでは俺が出てひとネタ。
イロモネアの件はバカウケでしたね。
二度とやらないネタだけどね。来た人だけの内緒。
(とはいえ誰かがブログのネタにすると思う、それは構わないけどね)

オレは色んなところでみんなのステージを観ているので、細かくは割愛します。
いつも通りの呼んだ甲斐があった演奏してたと思います。
というか自分の事と全体の空気はどうかな?とかで気持ちが精一杯。

オレのステージは…
紙芝居少なかったのは仕方なし。
「CMです」とか言って「ポポポポン」のネタやろうとも考えたがパンパンになりそうだし…ってな感じ。
曲数的に「地獄のアングル」は考えてなかったんでその時点ではOKだったんだが、「まんが道」発進というのも芸がないな、なんて考えてたら急に「地獄のアングル」を読もうと思いつく。
従って「ポポポポン」はアウト。
でも「地獄〜」は普段「口パク朗読」で使う詩なので暗記しておらずソラで言えない。
慌てて暗記した。
震災後に作った関連曲は、まだ不安定だったので既成曲で使えるものを選曲。
震災がどうのこうのというよりも「なにがあろうとも歌う」という気持ちを持ち上げる為のキーワードというか。
震災後はやたら歌いたくて歌っている「inthe…」をラストにした。
これをラストに持ってくるのは初。
「生きてこそ」で5弦を切ってしまい、いささか聴き難い感じだったかも知れないが申し訳ない。
アンコール出たら一応紙芝居用意してたんで「ハラカラ」か「割愛」を考えてたけど、なんとなく収束して終わった空気も出たし終了。
やはり4組出演でマンプク状態だったかもね。

興行的に課題は残るが、ひとまず成功と胸を張れると思う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

11:0:0:0
0

2011/4/21

40にして惑わず  佐藤豪(ソロ)

迫ってきました。

4月24日(日)
小岩Zephyr(ゼファー)
佐藤豪デビュー10周年記念第4弾
「40にして惑わず」
http://music.geocities.jp/standup2yasujp/
19:00オープン 19:30スタート
2500円(1ドリンク付)
出演:佐藤豪/シラフ/小文吾。/祥人
※幸せか?死合わせか?前厄4人の全員が満40歳の企画ライブ。


オレがこういう企画立てるのは珍しい。
いつも訳の分からん事してるからねぇ。
普通の企画ライブです。
ライブハウスではなくてバーなんでノンビリ行こうと思う。
シラフさんによるとどうやら祥人さんはキングオブ雨男らしい。
現時点での予報は曇りだが朝までは雨だった。

この前の日に…

4月23日 土曜日
 「シラフの時間その4」
 出演 シラフ、祥人、松江竜太
 場所 千葉れすとらん邪夢
 時間 8時〜
 http://musicians-paradise-jam.com/

これがある訳だが、土曜日は現時点でも予報は雨。
んー
恐るべき神通力。

このままでは日曜日も雨だな。

雨でも遊びに来てくれるのが本当の友達らしいぞ。
という事は雨でも来るのが本当のお客さんという事だ。

どうだ、参ったか。
0

2011/4/20

遠藤ミチロウナイト  佐藤豪(ソロ)

今日はズッとミチロウCDを聴いていた。
勿論、ミチロウナイトの為だ。
弾き語りソロを中心に。
「50」「空は銀鼠」「道郎」「OFF」「I.My.Me/AMAMI」
やっぱり網膜はく離で入院していた時に聴きまくってた「空は銀鼠」は別格かな。
あと「OFF」の中の「1999」は大好き。
この日は全曲コピーで行く。
行くのだが…
ひとつだけアイディアがあって、随分前に高円寺ALONEでやっていた実験ライブ「変身忍者的ミュージカル」の中で「2008.2」という演目がある。
オヤジが倒れた時のネタなんだが、それは当然オリジナルで構成している…
これをミチロウの曲にすり替えたらどうなるのか?という実験魂が沸々と沸いてきた。
まだなんとも言えないが、やってみたい気持ちはある。
遠藤ミチロウのコピーという枠から遥かに越えるにはこれしかない気もする。

5月13日(金)
八王子PAPABEAT
http://www.k3.dion.ne.jp/%7epapabeat/
「遠藤ミチロウナイト」
19:00〜 1500円(ドリンク付)

佐藤豪/パリひとし/高橋小一/kou


http://www.youtube.com/watch?v=U54oLNl3mu4
0

2011/4/14

びー玉終了  佐藤豪(ソロ)

1.80年1本勝負
2.両者反則
3.徒歩
4.時間をください
5.ロイヤルミルクティー
6.見切り発車

仕事終わりでびー玉へ。
ちょいと今月のライブの中でも意味合いに欠ける日。
「びー玉救済」が裏テーマではあるが、パンチがない。
お客さんには関係ないもんね。
紙芝居ナシで着いてからセットリストを考える。
MCも珍しく思いつき。
メイク道具も持って行ってなかったんだけど「今日は変身しない」というギャグが流行ってしまったので、変身忍者の由来を特別に喋った。
別にメイクしてるから変身って訳ではないという話。
なんにしてもお客さんがいないとチカラ入らないね。

途中、オレの大っ嫌いなヤツが登場して店にチラシを置いていった。
スター気取りのオッサン。
大分前だけどパパビートで2回ほど共演している。
多分、過去のヤケクソ日記に書いてあるとは思うが、もう1回書く。
初回はリハ終了後にやってきて「出来るかい?」なんつって開店時間にリハ、そんで開演痔には既に会場から出ていて、自分の番(当然なのか知らないがトリ)になったら3人くらい連れて来て「どうだ客だぞ」と言わんばかりの自慢げな態度をとる。
そんで悠に30分越える演奏をしていた。
2回目は店側から「競演者にダメだしするガンコオヤジがいるから一緒にしてあげるよ」って言われたので一瞬どんな強敵かと思ったが内心「アイツなのでは?」と思っていたら案の定だった。
この店に年寄りあんまり居ないモンね。
この日は開演までカウンターに居るかと思えば若い競演者に説教に聴こえない説教をたれてた。
オレには近寄りもしなかった。
オレも全く挨拶すらしなかった。
相変わらず長々と演ってた。
ハッキリ言おう、通常ブッキングでミンナ同じ条件でやってんだ、垂れ流しライブしたかったらワンマンでやりなよ。
みっともない演奏をオレに見せるな。

そんなのが、まぁ、どこの店にも必ず1人は居るという「例のパターンのヤツか」って感じなんだが、居るわけだ。

「変身忍者って君かい?」とミゾに言ってた。
オレは完全に無視してた。
どうせチラシ配ったら去るんだから早くいね!
(実際にオレの前に居なかった)
客にもならないヤツに用はない。


0:0:0:0
1

2011/4/13

明日はびー玉  佐藤豪(ソロ)

「びー玉」救済の為にやります。
キャンセル続出で穴が開いてるそうで急遽。
多分、どこのお店もそうかも知れない。

朝からギター持って仕事終わりで行くので、軽装で行きます。
紙芝居も無し。
高円寺以外でナシは久しぶりかも。


4月14日(木)
八王子びー玉
http://biidama.dokkin.com/t-201101.html
20:00〜 1050円(オーダー別)


びー玉の道順。

【JR八王子駅から】
北口より、"ユーロード(放射線道路)"へ入り、長崎屋を通り越し衣料品店「キクマツヤ」と、スニーカーショップ「ABC」の間の小道へ右折。突き当たりを左折。ちょっと行くと左側に発見。


【京王八王子駅から】
中央改札から「駅前横断地下通路」を通り、つきあたりの一番遠い地上出口より外へ出ます。 コンビニと、高速バスロータリー(今は駐車場?)の間の道をまっすぐ。ただ、ただひたすらに行くと左側に発見。
0

2011/4/10


1.ガスバーナー
2.金魚のフン
3.パンク道
4.燃えよドラゴンボンバーズ
5.世の中には星野勘太郎が足りない
6.人生!過酷!故に美しい
7.脳天ドライブ

クリックすると元のサイズで表示します


柏と言えば…
05年くらいだったか…荻窪ボクリーで出会った「あまお」という面白い弾き語りをやるヤツがいて、後に荻窪変身忍者村のメンバーになるのだが、彼が拠点としていた「WOO」という店にオープンマイクで行って、ブッキングを2回くらいやったっけかな?
その時以来だな、柏という土地を踏むのは。
店長が墓石の動画を観てオファー頂くという珍しい流れで決まったんだが、例の地震により随分と正式発表を待たされた。
常磐線ってモロそうだしねぇ。

まぁフリーライブだし、気軽な気持ちでいたのは確か。
地元のバンドが沢山呼んでくれる…と思ったがそうでもなくパラパラっとしていた。
オレの持論として「チケットの値段は高かろうが安かろうが来る人しか来ない」というのがあって、正に当った感じ。
お客さんは値段ではないのよ。
100円ジョップで売ってる50円の豆腐とオレがかつて売っていた250円の豆腐は紛れもなく商品が違うわけだが、並べて売ったらどうなるか?
オレは50円のより売る自信あるけどね。
問題は売り方なのだ。
足を運ばせるのに値段は必要ない。

ビジュアル系バンドの中に埋め込まれていたんだけど…
ビジュアル系とはいえ元々はメタルからの流れだし、嫌いな音ではない。
でも1日経つとどんな感じだったかも忘れてしまうようなバンドだった。
俺らの後だったか、やたら無意味に「オマンコ」を連呼していたギタリストが目立ってたな〜というくらいの印象。
それとMCが皆同じ。
「お前らもっと前来いよー顔が見えねぇぞー!」
なんか顔が見えないと歌えないそうですよ。
なんか意味が分からなかった。

今回、子供を連れて来場されたお客さんが居たんだけど(後で知る)元はと言えば学大FMという番組に出た時にスタジオに居た方で、メインパーソナリティーの「サンママン」こと伊藤さんの知り合いだと思われる。
ちょいちょい忘れた頃に観に来る。
どうやら柏の方に住んでるらしく、全く知らなかったのでビックリした。
チカラになります。
12歳の女の子の評は「なんだか分からなかったけど、また誘われれば観に行く」だそうです。
良い感触なんじゃないですか?

5:0:0:1

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ