2013/3/31

新東京歌謡プロレスとは何ぞや??「トライアングル・スコーピオン!4」への道〜第5話〜  佐藤豪(ソロ)

今回はちょっとマニアックな話になります。分からない方が多いと思われますが御了承ください。
クリックすると元のサイズで表示します
オレが巻いているこのベルト。単なる衣装ではありません。
05年〜06年にかけて開催されていた「新東京歌謡プロレス」というイベントの認定ヘビー級ベルトです。
ステージには2本のマイクが立っており、2人のシンガーが歌い合う。基本61分1本勝負で行なわれ、終了後観客がどちらが良かったかを明記し、票の多いものが勝利する。
暗黙の了解で1曲づつ歌うような流れが多かったですが、歌い続けるのも反則ではありません。また、歌わないのも反則ではありません。相手が演奏中も何しても良いのです。
イベントを開催していた荻窪ボクシングリーズカフェは今はありません。
店主の広告プランナー的視点から次々と立ち上げるイベントはどこか難解でした。
中でも「改造人間コマネチ」という企画は未だに他に類を見ない恐ろしいイベントでした。暗がりのステージにマイク1本。店内にはDJが放つクラブサウンドが鳴り響く。出演者はなにをしても自由。文章では説明できない代物でした。演者はその音を聴き、感性でマイクに立つ。演奏によってDJは音を変えていく…。オレには「これが勝敗の付かない音によるプロレスだな」と思いました。後に参加メンバーに抜擢されますが、経験をつまなければ何をしていいか分からず、最初は傍観するのみの日もありました。
「オマエの目玉に地獄突き」という企画を同じ店でオレの主宰でやった事がありました。イベントの冒頭で、新日本プロレスの次期シリーズ来日外国人を紹介するときのBGMであるジェフベックの曲を鳴らしながらオレが出演者をコールしました。それだけの演出でしたが何か良い感触がありました。
そのライブ後、思いついた事を自分の日記に「マイク2本で歌い合うようなイベントが出来ないか」と書いた事がキッカケで「新東京歌謡プロレス」が立ち上がりました。「オマエ、旗揚げ戦やれよ」と言われました。対戦相手は当時「みちのくプロレスのスタッフに知り合いがいるから何か出来いかな」とやはりプロレス的アプローチをしていた敬々さんでした。
勝敗が付く事で観ている側にも分かりやすく、コマネチよりも見た目はプロレスに寄った感じになりました。
消滅・分裂を繰り返すプロレス界のようにイベントは休止したままですが今でもこのベルトは「預かっている」と思っています。
「2010年春にNWAベルトがラジオ日本で復刻され、総会で指名されたレスラーたちがパーソナリティーとしてベルトを保持する清野茂樹に挑む」というのが「真夜中のハリー&レイス」の番組設定だそうで。
清野さんには是非とも“変身忍者”佐藤豪のライブを観ていただき、「面白い」と思ったら総会にかけあって、挑戦権をぶん取って頂けたらなーなどと思っております。
その時は、ダブルタイトル戦で…。

クリックすると元のサイズで表示します

第6話につづく…

4月13日(土)
中野HeavySickZERO
http://www.heavysick.co.jp/zero/
トライアングル・スコーピオン!/ Vol,4 スプリング・フレアーアップシリーズ
16:00開場/16:30開始
予約1500円(1D別)/当日1800円(1D別)
http://www.facebook.com/TriangleScorpion

予約、受け付けてます!
クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/3/29

君は!プロレス秘宝館を知っているのか?「トライアングル・スコーピオン!4」への道〜第4話〜  佐藤豪(ソロ)

膀胱チョップと前回対バンした時に「やられた」という気持ちがありました。
エロポリスというギミックは毎回使うのでしょうが、それよりも「普段は抑え目にしているプロレスネタを今回の企画に合わせて全面的に放出したのでは?」と思わせた、したたかさに同じ匂いを感じてしまったのです。
オレも普段はプロレスネタは30分のステージで1〜3曲程度で、他の得意分野である「漫画」「バイト先などの周りの人物ネタ」「語り系楽曲」などテーマによっては封印する時もあります。(入場、ブレンバスター程度)むしろプロレスネタオンリーの方が珍しくもあります。
同じスタンスならば、そこは真っ向からぶつかるしかありません。
では膀胱チョップ特有の、シモネタを女性が使う「卑怯」な部分に対抗するにはどうしたらいいか?「男の卑怯な部分」を出すしかないのでは?
昨年6月にプロレスファンのミュージシャンを集めた「忍の穴」という企画ライブを開催しました。今回の主宰の1人立花くん率いる「代官山パンク日和」も出演して貰いました。

クリックすると元のサイズで表示します
ステージに鉄柱を持ち込み、簡易的なリングを設営しました。
100円ショップで買った素材で作った拙いモノですが視覚的効果は抜群で立花くんにも満足して貰いました。
今回、自分のステージにこの鉄柱を持ち込むことに決めました。
そして「あるもの」を付け加える事にしました。
「悶絶!プロレス秘宝館」には当時、本物のレスラーをゲストに招いてライブを展開していた「猛毒」も特集されていました。彼らの過激なステージングは後にプロレス団体「666」を立ち上げるのも納得できるものでした。
先人たちのしてきた事をなぞるのは好きではありません。しかし、自分ならどう使うか?そこに「意味」が生じれば、真似にはならない筈。
そしてヒントがこの本の中に在りました。

クリックすると元のサイズで表示します
全部書けないのがモドカシイです。何をしようとしているのかは、本番を目撃すれば分かる事でしょう。
この今オレが考えている事も、女性がやってしまうと卑怯になるのですが。
さて、どうなる事やら…


第5話につづく。

4月13日(土)
中野HeavySickZERO
http://www.heavysick.co.jp/zero/
トライアングル・スコーピオン!/ Vol,4 スプリング・フレアーアップシリーズ
16:00開場/16:30開始
予約1500円(1D別)/当日1800円(1D別)
http://www.facebook.com/TriangleScorpion

1

2013/3/26

KAMINOGE Dropkick Gスピリッツ 週プロ読者注目!「トライアングル・スコーピオン!4」への道〜第3話〜  佐藤豪(ソロ)

清野茂樹アナウンサーの特技として「その日にプロレスのどんな試合があったかを記憶している」というのがあったのでライブ本番4月13日の事を調べてみたが、試合はあったもののコレと言ってネタに発展出来そうな事も思い浮かばなく、この路線は却下。
「真夜中のハリー&レイス」を読み終えて、「この本を読み返さなくてはならない!」と家の中を引っくり返して探してみた。
クリックすると元のサイズで表示します
「悶絶!プロレス秘宝館」
相当前に出たヤツ。2年前の引越しで大量の雑誌や書籍を処分したがコレは残しておいたようだ。偉いぞオレ。
これはプロレスに関する漫画や映画や書籍やテレビなど多角度に紹介している。
プロレステーマを色々調べている時に、当時はネットなどなかったのでテーマ曲の原曲特集の記事は重宝した。
ああそうだ、清野アナはプロレステーママニアなのだった。
ラッシャー木村のテーマ曲を求めてここに載ってるレコードを探し当てたらしい。
スタンハンセンのテーマはケニー・ロジャースとスペクトラムの曲を合体させているのは有名。しかも繋ぎの部分にスペクトラムの別の曲のオルガン音を被せてスムーズにしていたりという細かい事実記事まであって、この本は本当に凄い。
ブルーザーブロディの新日移籍時に使われた音源はツエッペリンの曲の前にベートーベン「運命」のイントロを被せている。カブキもヤンキーステーションという曲に歌舞伎囃子を被せている。全日のタッグチーム用の合体曲なんかはテープを切り貼りして作ったらしいが編集が素晴らしい。

「テーマ曲」「合体」
というワードだけ抜き取り、オレはひとつの演出を思いついたのだった!
これは、しかし、現時点では頭の中でイメージしているだけに過ぎない。果たして可能なのだろうか?分からないが進めてみたいと思う。成功すれば清野アナに対抗するには充分(ま、普通にやっても充分なんですけどね。そこは初めて見る人、常連のお客さん、全てに向けなければならない)なモノを見せられるハズ。


第4話につづく。


4月13日(土)
中野HeavySickZERO
http://www.heavysick.co.jp/zero/
トライアングル・スコーピオン!/ Vol,4 スプリング・フレアーアップシリーズ
16:00開場/16:30開始
予約1500円(1D別)/当日1800円(1D別)
http://www.facebook.com/TriangleScorpion

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/3/23

清野茂樹ファン必見!「トライアングル・スコーピオン!4」への道〜第2話〜  佐藤豪(ソロ)

去年の2月。「FMでプロレステーマ特集の番組が放送される」と何処かで情報を入手したオレは聴く事に成功した。その時のパーソナリティーが清野茂樹であった。
即、検索をかけてみたオレ。
オフィシャルサイトには当時行なわれるイベントの告知が載せてあり、吉祥寺のキチムという店だった。更に調べると割かし規模的にも俺たちが活動しているようなモノで音楽とトークみたいな内容。
「これはひょっとしてアプローチできるのでは?」何をどうするかは置いといてラジオの感想などをメールで送ってみよう…そう思いながら忙しさに負けてスッカリと忘れてしまっていた。
1年が経ち、この話が舞い込んできたのも何かの因縁なのだろうか?
友川カズキ、遠藤ミチロウ、鈴木修(ミスタープロレステーマ)、本間章浩(赤と黒、ニッキー&ウォリアーズ)、色々な角度から見て自分よりも格上だと感じる相手には執拗に燃えてきたオレとしてはいても立ってもいられない。
彼がパーソナリティーの「真夜中のハリー&レイス」。気になりながらも深い時間帯の為、聞く事が出来なかった番組を強引に聞くしかないな。ポッドキャストでは分からない事があるんじゃないか?ひょっとしたら読者のメールを読み上げるコーナーかなんかあってそこで挑発できるんじゃないか?そう思い明日の事など考えず夜更かしして聞いてみた。
しかし、ゲストとのトークのみで付け入る隙が見当たらなかった。
「くそー」発想を変えよう。
今は亡き「山下書店 東京ドーム店」の後に出来た本屋(未だに名前を覚えられず)で、コレを購入したのだった!
クリックすると元のサイズで表示します

Bへ続く…

4月13日(土)
中野HeavySickZERO
http://www.heavysick.co.jp/zero/
トライアングル・スコーピオン!/ Vol,4 スプリング・フレアーアップシリーズ
16:00開場/16:30開始
予約1500円(1D別)/当日1800円(1D別)
http://www.facebook.com/TriangleScorpion

クリックすると元のサイズで表示します
3

2013/3/20

集え!プロレスファンよ!「トライアングル・スコーピオン!4」への道〜第1話〜  佐藤豪(ソロ)

4月13日(土)
中野HeavySickZERO
http://www.heavysick.co.jp/zero/
トライアングル・スコーピオン!/ Vol,4 スプリング・フレアーアップシリーズ
16:00開場/16:30開始
予約1500円(1D別)/当日1800円(1D別)
http://www.facebook.com/TriangleScorpion
クリックすると元のサイズで表示します

昨年11月に開催されたVol.3に初参加しまして、分身の術(正体は電気醤油・悟)なんかも使えて個人的には上手いこと行ったなーと思っていたんですが、メインの膀胱チョップになんだか持って行かれたような気分で終了。ったくよー聞いてねーよアンナ卑怯なのよー(人の事言えませんけど)なんてね、思ってたら今回もお話を頂きましてね。自分のバンド墓石式脳天ドライバー(昨年12月で活動停止)へのオファーだったんですが封印を解く事は出来ず、ソロでのオファーに変更されて、聞けば膀胱チョップも来るってんじゃありませんか。
そしてなんと!

清野茂樹アナウンサーの参戦が決定!
これによりオレの標的は清野茂樹に変わったのです!

Aにつづく。
2

2013/3/13

ふたり  佐藤豪(ソロ)

クリックすると元のサイズで表示します
3月9日(土)
新宿御苑RUTO
御苑ロックの細道(DUO BAND SPECIAL)

1.プリン
2.ふたり
3.中学生日記
4.とうきょう(平川地一丁目)
5.まんが道〜地獄編〜
6.割愛
7.まんが道

「2人ユニットの企画があるんですがどうですか?」というオファーを受けて、丁度休もうかなーと思っていたので悩んだ。
3月といえば去年「紙-1グランプリ」が開催されたから今年も3月ではないかと予想していて、沼野君に協力を要請して題材を作って貰っていた。
しかし、一向に紙-1の詳細が出ない。ツイッターで主宰に問い合わせたが返事もない。
こりゃないんじゃないか?(未だに出てない)と思って待ってもらった手前、受ける事にした。
丁度その頃に平川地の事があって(ヤケクソ日記参照)「とうきょう」を歌ってみたかった。
考えてみりゃ上田とは同郷で同級生。上田も何かしらの思いで上京しているはず。
ならば、と「まんが道」「中学生〜」は2人では定番なので入れつつ構成。
「ふたり」はタダの自己紹介の歌。
「えー俺たちは北海道生まれで中学時代に…」という紹介のくだり、もう飽きてませんか?
知らない人は良いけど知っている人も来る場合もある。この差というのは重要なのね。
「定番のMC」って嫌いなんだよね。中学生日記とかまんが道も最初に台詞つけてやってた頃もあって、同じフレーズにしてたけど中学生はなくなったし、まんが道はその日のアドリブで何事か言うようになった。
初めての人も知ってる人も納得させる手段として「自己紹介ソング」という形に。
これだって何回もやると飽きるだろうけどね。2人で歌ってコーラスまで用いました。
そこからの「中学生日記」そして「とうきょう」と時系列風に。
「地獄編」で苦悩している感じを。悲しいベースソロを要求してみた。
当初は上田徹オリジナル「最果ての地」もオレがギター、上田がベース&ボーカルというアイディアで入れてみたが、上田もベースだと歌いにくいというのとオレもセブンス系コード押さえられないってんでカット。本当は「地獄編」と並べて、「佐藤豪の東京」「上田徹の東京」という風にしたかった。この時点で尺的に短くなったので「プリン」を初っ端に据えた。
「割愛」は元々2人でやっていたので楽勝かと思いきやアレンジを思いつく。
この歌、1番は架空の人物の人生、2番はオレの人生を歌い、振り返って嘆いたりするけど結局は前に向くという感じで進むが3番を追加、上田に詞を考えて歌って貰う事にした。
しかし前日練習まで「詞が出来ない」という事で俺がスタジオで即興で作った。
「19でベース握り/21で就職/ベースをしまい/26で結婚/真面目に働いて/20年ぶりに/ベースを出したけど/嫁はシカト」
当日のは本人がアレンジしていたようだがザッとこんな感じで歌わせた。良い声してたよ。
そんで「まんが道」で終了。
イベント的には個人的には長かった。2人ユニットと言ってもドラムのいるところもある。ソロなら6組でも(企画ならば)アレだがバンド系は多くても5組だなー。といいつつ墓石企画で6組やったから人のことは言えないけどね。
後は「時間を気にしない人」が何人いるかだね。1人でもいたら絶対押すからね。
40分くらい押したので帰らなければならないお客さんが出てきてイライラしていた。
「時間を気にしないやつ」をトリにしたらいいんだよ。なーんにも気にしないで演奏するんだから、そしたらコッチも帰る準備も出来るし。
イライラした分ステージで放出したから良い感じでした。


顔面文字「東京だよ おっかさん」
撮影:シラフ ピート七福 よね
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
動員:5 40:0
2

2013/3/8

明日だよーん  佐藤豪(ソロ)

3月9日(土)
新宿御苑RUTO
http://ruto.sa-kon.net/
御苑ロックの細道(DUO BAND SPECIAL)
18:00開演 18:30開場
1,000円+ドリンクオーダー


18:30〜19:05 THE NEW SHELLBEEZ
19:05〜19:40 ド真ん中スン
19:40〜20:15 MEG LOMANE
20:15〜20:50 ツージーズ
20:50〜21:25 CHIKARA BUSH
21:25〜22:00 佐藤豪&上田徹

一応、予定として。
○新曲
○中学生日記
○とうきょう(平川地一丁目)
○まんが道〜地獄編〜
○最果ての地(上田徹)
○割愛
○プリン
○まんが道

当然、全部無理なんでスタジオ入って出来などを確認して構成していきます。
0

2013/3/2

春休み  佐藤豪(ソロ)

2月28日(木)
高円寺ALONE

SE:MASQUERADE(聖飢魔U)
1.寂しい日にはドラクエでも
2.その通りに
3.死ぬまで出世払い
4.暗闇の虎(朗読)
5.エルムの悪夢〜完結編〜
6.喜びと憤りの両面テープ
7.アリ地獄

アンコール:前略


画像なし。顔面には「辛抱するでござる」と書いた。これは「辛抱は我慢とは違う」という石倉三郎の言葉から。それと、あぶらだこの「忍耐」という曲でこの台詞が出る(ハットリくん?)のと合体。
SEで入場してそのまま曲をバックにライブ写真を紙芝居にして捲っていった。この曲で一瞬救われたので。
「寂しい日〜」は小文吾。のゲベスタのような曲を作ろうと思ったらこうなった。
前回のアピアのリハで「死ぬまで〜」とやり比べてカットしたんだけどその時はサワリだけ演奏して行けそうな気がしていたが今日のリハでやってみたら高かった。本番でも探り探り歌っていた。
「その通りに」はエレカシ、氏神一番などが出てくる曲で、なんだかクスクスと聞こえてきた。狙ったわけではないが笑ってくれたら幸い。
「死ぬまで〜」はアピアでもやった。ネガティブ全開。
「暗闇の虎」はヤケクソに一度アップしたけど削除した日記を元に。書いた事をあまり覚えてなくて恥ずかしいから消したが良いフレーズあったので急遽まとめて朗読。
「エルム〜」は通常とロングバージョンがあったが更に付け足した。7分越える結果となった。これには訳があるが観た人だけ。この日しかやらないと思う。
「喜び〜」もアピアでやった。「前略」的な感じで作ったが、果たしてこういうのを作って良い物か?悩むのであった。そんな迷いが出ていたら正解。
「アリ地獄」が一番新しい。ヤケクソに書いたが先週の「さま×さま」の大竹の話しから発展させた。ミンナと同じムーブで楽しめない人たちもいる。そしてライブに来なくなる。最大公約数を取らざるを得ないのだろうけど、なんだかなーという嘆き、ぼやき。曲は最後に持ってくるにふさわしい激しい感じにしようとココバットっぽくした。サビのメロはリハで声を出してみたら頭にあったのと違って歌えなくてまた探り探りになった。
アンコールがかかるとは思わなかった。
なんたってワンマンでさえアンコール無い時あるからね、佐藤豪のライブらしいでしょ?
恐らくオレの客ではなく共演者のお客さんから沸いたのではないか?と想像する。
元々、八王子から今日までのを「前略」メインになどと書いていたせいか頭にはあったがアンコールで前略とはね。練習してないからぎこちなかったね。
全体的に新曲だらけで余裕無かった。でもこの日しか出せないというライブの真骨頂は出せたような気がする。

動員:6 40:0
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ