2016/11/29

「変身忍者だョ!全員集合」祭り  

今月は変身忍者だョ!全員集合が目白押しでございますっ。


12月12日(月)
FMおだわら
http://fm-odawara.com/
19:00〜
「40kids歌はともだち」
※佐藤豪、猪狩屋E介の2名がゲスト出演

再放送は12月18日(日)17:00〜





12月17日(土)
新宿スモーキンブギ
http://id20.fm-p.jp/616/smokinboogie/

『新宿路地裏GIG 2016 #20』
OP18:30/ST19:00
Chg.¥2,000+1drink

ラムダマ/変身忍者だョ!全員集合/いち/カタナキズ/the third generation





12月18日(日)
FM熱海湯河原
http://www.ciao796.com/

am9:30〜
「生き生きらいふ」

※佐藤豪のみゲスト出演でバンドの楽曲と話





12月24日(土)
小田原市民会館
「第10回小田原城ミュージックストリート・ロックの部」
http://blog.livedoor.jp/japan_musicstreet/
12:00〜18:00
LUCKCAME Spacetime And Streams 絡繰ATOM エマ・ケイシー TRES オレモリカエル フラットチャイルド 変身忍者だョ!全員集合

オオトリで出演します。
色んな事情で、間に合えばなんですが、クリスマスという事でyoutube映像を中心としたスペシャルDVDを無料で配布します。




12月25日(日)
FM熱海湯河原
9:30〜
「生き生きライフ」
※佐藤豪がゲスト参加、ソロ活動中心の楽曲と話





詳細はヤケクソ日記を参照していただきたいのですが、佐藤豪が大腸がんのため入院します。
手術は早くて8日の予定で、その後については現時点ではなんとも言えません。
ですが、いかなる結果においてもキャンセルなどはしません。
必ずや、ステージに立ち上がる事でしょう。

ともあれ、なんでもネタにする佐藤豪の生き様を観て(聴いて)やってください。
6

2016/11/15

川崎ボトムズアップ終了  佐藤豪(ソロ)

11月10日(木)
川崎BOTTOMS UP
【大人とは、裏切られた青年の姿である vol.13】

SE:妖怪退治
1.ガスバーナー
2.劇画オバQ
3.ロイヤルミルクティー
4.プリン(ファストバージョン)
5.競艇なんて
6.ヒント
7.ハ・ラ・カ・ラ


ブッキングでは初登場という事でして。
ならば「ハラカラ」は必須というかね。強烈な挨拶。
ほかは11月の流れとして独パン、MUSAでやった以外の楽曲でチョイス。
独パンは書き下ろしでMUSAは紙芝居ナシだったから紙芝居楽曲強め。
ミルクティーはリハで「お願いしマース」って言った後に「まだ時間がありますよ」と言われてちょっと歌ってたらやりたくなって、プリンのスローバージョンを用意していたんだけど差し替えた。
差し替えると30分ギリギリなんだが大丈夫だろうと。
小麦粉はオーケーという事で使わせてもらった。
ボトムズアップはステージ裏に楽屋があり、出番前に控えて出番になりセッティングの後に裏で待機しようと小麦粉を口に含んだ。
「10分巻いてます」と店長が楽屋にやってきて「どうしますか?そのまま行きますか?待ちます?」と聞いてきたので「任せます」と粉を吹きながら言った。
「ではこのままやって長めでお願いします」となり、もう1度口に残りを含んだ。
そこから1分くらい待った。
口の中で小麦粉が白玉団子に変わっていく。
やっぱテーマが鳴ってから口に含んだほうがいいね。
分かってはいるんだけど気持ち早めに準備しないと落ち着かない性格なんで。
本番に吹いたらちょっとしか出なかった。

セッティング時に俺の前の演者さんが呼んだ4,5人のお客さんが本番寸前で帰っていった。
「あら勿体無い」と他人事のように思っただけでそれは全く気にならなかったんだが、最初からいた全身白い服装の女の子がうろうろしていてオバQでトイレに行ってミルクティーの序盤で着替えて帰ってしまった。
いくら目が悪くても白いもんだから目立つ目立つ。
いや、帰るのは先ほどと同様構わないんだけど歌い始めてからというのは気になるよね。
「なんでかな?つまらないのかな?」
とかなんとか自然に疑問に思って集中できず。
万人に受けようとは思わないけど乱れるタイミングではあった。
あれがMC中ならまたいじれたかも知れないけどもね。
ミルクティーが終わったら直ぐまたテンション戻したけど。

結局は最初の予定だったプリンを入れて35分弱くらいにした。
プリンはもしかしたら競艇の後だったかも知れない。

ヒントはなかなかに久しぶりだったがかなりの集中力で自分的には本日ベストなパフォーマンスでした。


次は来年の2月あたりにまた出たいと思います。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

動員:2 ワンマン:0 さくら:0 ライター:0
0

2016/11/9

11月10日は川崎  佐藤豪(ソロ)

11/10川崎BOTTOMS UP
http://www.bottoms-up.net/
OPEN19:00 START19:30 1,000円+1d
【大人とは、裏切られた青年の姿である vol.13】
TAKATA
カエル(弾き語り)
”変身忍者” 佐藤豪
ACKY LONDON

クリックすると元のサイズで表示します


なんでDVDのジャケが使われているかというとツイッターのアイコンでそこから流用したようだ。
なんか一報くれたらいいのにね。

ともあれ

川崎です!
0

2016/11/7

MUSA終了  佐藤豪(ソロ)

11月6日(日)
鷺ノ宮MUSA
アンデパンダン・パーティー@ムーサVol.38


1.Ballad Of a Thin Man(ボブデュラン)
2.サルビアの花(早川義夫)
3.ロイヤルミルクティー
4.生きてこそ
5.80年1本勝負


予告では独パンの続きという事で、北海道をテーマにした構成にしたかった。

んだけど、「生きてこそ」だけだったね。

出演者の顔ぶれからなんとなく歌モノを歌いたくて。
vs共演者、それとかvsお客さん、vsお店などなどをイメージして。


黒田さん(この日のブッカー)は紙芝居というかネタのようなものを期待していたかも知れないけどね。

まー独パンにも来なかった訳だし、裏切りの裏切りという事で。


残ったのは3〜4分。

歌モノ以外(予告した以外)で独パンで使用した楽曲以外からチョイスしたかった。

ボブデュランのノーベル文学賞騒動のときから歌おうかどうしようかと思っていたカバーを選んだ。
日本語だと「やけっぱちのバラッド」
原曲は7分くらいあるのにこれは1分しかない。
「ドゥーユーミスタージョーンズ」ってとこしか使ってなくて後は勝手に日本語にして、短くしている。
こーれーはー
多分、荻窪ボクリーの土田浩司さんのオープンマイクカバーイベント「僕デュラン」の為に作った、ハズ。

あの当時はなんでも食いついてたから。

で、「青春ペテン詩の会」によく来てたアノ人が来るんだからねぇ…(ヤケクソ参照)

土田さん元気かな?
なんて書くと本当に会いそうだ。


まーそれで残りは2分

最後はいつものように「80年〜」にした。


高円寺アローンではたまにやっていた紙芝居ナシだけど、アローンみたいには重厚には行かなかったかも知れないけど、それでも自画自賛でよくできましたの判子を押したい。


これで10日の川崎を違う曲にするかどうか…

は、未定。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

動員:3 ワンマン:0 さくら:0 ライター:0
0

2016/11/5

明日は  佐藤豪(ソロ)

11月6日(日)
http://cafe-musa.art.coocan.jp/
アンデパンダン・パーティー@ムーサVol.38
タイムテーブル

13:00オープン/13:00〜19:00

・13:00 開会
(※1ア‐ティスト/20分)
・13:30 モロコシボーイズ
・13:55 ハルミ
・14:20 U-KU
・14:45 K.Okuda
・15:10 白石ひかり
・15:35 Azu
・16:00 トモクロウ
・16:25 藤原愛
・16:50 いとうよしろう
・17:15 "変身忍者''佐藤豪



独パンの続き、やります。

20分だけどノーチャージ!


よろしくお願いします。
0

2016/11/4

独唱パンク終了  佐藤豪(ソロ)

11月3日
高円寺Reef
独唱パンクvol.186 吠える北海道 in東京


SE:北見ばやし
1.始まりは終わり
〜序〜
2.中学生日記
〜破〜
3.金魚のフン
〜急〜
4.まんが道〜望郷編〜
〜次〜
5.まんが道


プロレス興行におけるかつての流れの例えとして「若手のバチバチとした前座試合→ベテランによるコミカルな試合→ジュニアヘビー級の立体的な試合→セミで煽って→重厚なメイン(またはタイトルマッチ)」みたいなモノがあるが、個人的には3番目と比較的楽なポジションではあった。そういう意味でも今回のステージは「こういうものでいいだろう」という見方ができた。
仮にトリであったらまた違ったものを考えていただろう。
また、音楽ライブにプロレス興行のようなパッケージを強引に当てはめるつもりもないが、音楽イベントをひとつの試合に例えるならば「バトルロイヤル」という見方もできる。
目立って圧倒して印象に残ったヤツが勝ちだ!という。
そういう観点でも今回のは対応できたかもしれない。

本当に、たまたま、今回のイベントの前にいとこの結婚式で田舎に帰る機会があり、ネタを調達することができた。
それが卒業アルバムだった。
自分の曲の中で「北海道(田舎という観点から家族というテーマも含む)」を連想させる曲は「生きてこそ」「こんなもんじゃない」「笑え」なんかもあるが、それぞれどの曲をメインに据えるかで構成が変わってくる。
ただ関連した曲を羅列しても面白くない。
例えばだが、田舎で自殺した友人をテーマにすれば、その死から詩を書くようになった訳で、そういう昔の詩編を引っ張り出した組み立てもできる。

最初は「こんなもんじゃない」をメインで構成しようと思っていた。
その、卒業アルバムの一件から「望郷編」をメインに据えて組み立てたのが今回のものだった。
自分の中では「望郷編」と「こんなもんじゃない」を両立させるのはお互いに曲を殺してしまいそうだったので(卍固めと延髄斬りを一辺にやるようなもので、どちらの技で決めるか?その技に説得力を持たせる為の引き立てる技は何か?)「こんなもんじゃない」は封印。
〜急〜のエピソードは「望郷編」そのもので解説のような感じ。
引き立てる曲として「生きてこそ」よりも卒業アルバムというテーマに近いのは「中学生日記」
〜序〜のネタは中学生日記ありきで作った。
「まんが道」はどんなテーマでも使える変幻自在な存在なので、オチ的な次回予告からの締めとして選んだ。

後は、〜破〜で使ったエピソードからどういう曲にしようかは最後まで悩んだ。
「見切り発車」なんかが最初に浮かんだが決まっていた曲とネタ部分を足して残った時間が3〜4分だったので無理。
本当は「金魚のフン」を1曲目で決めていたのだが、それを持ってくる事に。
1曲目は本番直前に「80年1本勝負」も浮かんで差し替えようかとも思ったが、当日には決めていた「始まりは終わり」で割りと重たくスタートしようと落ちついた。

次回予告は特になんの必要もなかったのだが、6日のMUSAを「独パンの続き」としたので入れた。
あとはMUSAのブッキング担当でカメラマンとしてよく客席にいる黒田さんが独パンに来場するような事を聞いていたので驚かせる狙いもあったが、来ていなかった。
なーんだガッカリって拍子抜け。

因みにキクチシノブさんが最後にやった曲「アックスボンバー」を聴きながら、1度だけ使った事がある「ラッシャー木村のマイクパフォーマンスで共演者をいじる」というネタをやれば良かった!と思いついて後悔した。
ラッシャー木村は北海道出身だし。
紙芝居で登場させて「おい、おい、チバ大三、今日は10年ぶりに呼びやがってコノヤロー、ありがとうな!」みたいな。
あーウケる会場が目に浮かぶ、勿体無い。



という感じで構成していったのだが、チバさんが1番手で、会場を圧倒する試合展開。若手の試合もくそもなく最早「3番目で気楽だ」という空気もなく、というかリハ段階からそんな気分でもなく(ヤケクソ日記参照)バトルロイヤルな様相を呈していた。

しかし、色々な計算ミスがあったな。
入場シーンで紙芝居が1枚落ちてしまい、小一くんだと思って直すようにジェスチャーで指示した人が小一君のお客さんだった。ゴメンナサイ。
気負いすぎたか右腕が固まってて始まりは終わりのストロークが弾けず誤魔化した。
望郷編で弦が切れて、更にこれまたストロークも上手くなくて弾き方を変えた。

色々と乗り越えたつもりではあったが…
どう写ったろうか?聞く限りでは評判は上々だったが。


共演の皆さんはやはり道産子、暗い内容の曲でもどこか明るい雰囲気を持っていた。

いつもは最初に出てきて酒をガンガン飲む小一くんがトリだったが、いつものように酒は飲んでいたが、全員を受け止めるようなステージをしていて良かった。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

10年前の俺のサインがあった…

なにやら感慨深い

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


動員:2 ワンマン:0 さくら:0 ライター:0
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ