2018/6/20

【解説】膨張パラリンピック  佐藤豪(ソロ)

6月17日(日)
【膨張パラリンピック〜場末の花と13本の腐ったバナナ】

1.ガスバーナー
2.金魚のフン
3.パンク道
4.魔太郎は来ない
5.朗読三部作
6.サヨナラ肛門
7.80年1本勝負

会場となるジジアナベルは初めての店。
初の会場ではハラカラ中心に組むのが定番なんだが、今回の主催である膨張番長と会ったのは4月のちゅうのげス企画で、会場のLOVETKOは初。
そこで観られているので似たようなセットはどうか?というのと今回の共演にそのLOVETKOで共演したユニットがいるし他にも知ってる共演者さんも居たのであまりやらないパターンを持って行く事に。
しかもハラカラは紙芝居が劣化して上手く捲れないトラブルが2回ほど起きていて修復も繰り返してきたしそろそろ書き直しという状況もあった。
紙芝居は期待されている感があったのでドラえもん連続シリーズを軸に朗読ネタも入れた。
頭とケツを決めて終了。
てっさんがお客で来ていて「なんかやります?」という話になり、くそったれの世界でも良かったんだがバラバラにして組み直すのもどうかと思いてっさんの腕を信頼してやってない曲だが最後の2曲で登場して貰った。
80年〜は特にてっさんの上手さを引き出せたような気がした。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ