2010/9/11  22:23


個別分析論の方がしっくりきますね。

「育成論について」に投稿する前に、Wikiに欲しい育成論とは何かを考えてみました。

Wikiの目標が対戦界のレベルの向上のため、対象は対戦に慣れている人になると思います。
種族値はH95-A135-B80-C110-D80-S100のように、1行に納めて良いはず。
覚える技も、他サイトを参照で問題ありません。知っていて当然。
ポケモンの簡単な説明も不要・・・いや一応、始めたばかりの人のために欲しいです。


この時点で、例えばマスターボール様の育成論で残っているのは、型の紹介のみ。
歴史Wikiでは大会の情報を集めるので、活躍した型を紹介できます。
パーティやバトルログへのリンクも可能です。


これだけでも、コンテンツとしては有用なものになると思います。
が、不十分です。
育成論には、アクセス数を稼ぎ、影響力を強めるという目的もあります。
少なからず、自分で考えた文章が必要です。従来の育成論のように。

=============================================

■目指すもの
アクセス数を稼ぎつつ、崩しパターンを考えるために
机上シミュレーションをするような人にも見て貰える、質の高い育成論を考えています。

■案
今年初めのボーマンダ論争では、いのちのたま持ちとこだわりスカーフ持ちを
別のポケモンとして扱う、という意見が有りました。
「ボーマンダ育成論」から、さらに道具ごとに分けるのはどうか、と思いました。

=============================================ここから

【持ち物:いのちのたま】
 タイマンで勝てるポケモン:
 一言:りゅうせいぐんで特攻が下がると、続けて勝つことができなくなります。

 後出しできるポケモン:ヘラクロス、ハッサム・・・
 後出しされるポケモン:ソーナンス、マニューラ、ガブリアス・・・


【持ち物:こだわりスカーフ】
 タイマンで勝てるポケモン:ガブリアス
 後出しできるポケモン:
 後出しされるポケモン:

 一言:身代わり守る食べ残しライコウにどくどくを出来たりします。

=============================================ここまで

微妙。同じ内容が被りますし、技によって相手ポケモンの分類も変わってしまいます。

種族値、特性など説明した後はひたすら型の紹介をする(ログ等へのリンクは勿論あり)
という形式しか思い浮かばなかったです。

もう少し煮詰まったら掲示板に投稿します。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ