2007/10/3

チョコに合います♪ 石榴なデザートワイン  その他のお酒の話

先日、サンフランシスコにお住まいのmintamu家にお呼ばれして
たいそうなお料理をごちそうになりました。大感謝♪
(食事会の様子は、mintamuさんのブログで紹介されています♪)

その時、我家でお持ちしたのが、リモン・ワイナリー
100%ザクロからできたというデザートワイン。
最近よく耳にするように、ザクロはビタミンA,B,Cそれにカルシウムに富んでいて、
抗酸化物質も含んでいるという、健康に良い優れもの。

Rimon Winery Pomegranate Desert Wine Black Label
Israel / Alc. 15% / $38


このデザートワインは、世界で始めて100%ザクロを使用、
葡萄と同じようなプロセスで造られているそうで、
ただの、ザクロ味をつけただけのアルコールとは大違い。

特別なザクロの果実を、極限まで熟成させ、ジュースをしぼり
低い温度に保たれたステインレス・タンクで醗酵させるため
果実の自然な味わいと健康に良いとされる成分が、そのまま楽しめる逸品。

このザクロを造っているリモン・ワイナリー(Rimon Winery)の
オーナーは、Gaby & Avi Nachmias親子。
おじいちゃんの代から、イスラエルのGalilee(ガリレイ)で農家を営んでいて
果実の改良に勤めた結果、この“スーパー・フルーツ”が生まれました。
甘く、濃いルビー色の特別なこのザクロ、普通の果実に比べて、
ビタミンや抗酸化物質に、いっそう富んでいるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、肝心のお味ですが、予想していたほど甘くない。
ただ、香りにも味にも、濃いグリーン感があります。
Mintamuさんは、「ラディッシュ」と表現していらっしゃいます。
ちょうど、ザクロの種をかんだ時の、あの味かな。
なので、このグリーン・ノート(味)、結構、好き嫌いがあるかも。

でもね、ここで発見!このデザートワイン、
チョコレートに合うんです!!


チョコレートとワインって、なかなか合わせるのが大変。
赤ワインと一緒に飲むと、ワインが渋く感じません?
またはチョコに赤ワインの味が飲み込まれて埋没してしまうとか…。

双方が、程よく引き立つ組み合わせって、なかなか難しいのですが
このザクロ味、濃厚なチョコ・ケーキ味にも負けず、
うまく舌の上で融合する感じです。
逆に、チョコの甘さがあったほうが、渋み(グリーン・ノート)が消えるかも。

アメリカでは、サンクス・ギビングやクリスマスに活躍しそう。
日本でも輸入されているようなので、近くのワイン屋さんに聞いてみて☆
0

2007/6/13

ブレッド・プディングと、ラズベリー酒  その他のお酒の話

フランスパンが余った・・・。
どうやって再利用しようかと思案した結果、ブレッド・プディングに挑戦する事にした。

レシピはフード・ネットワーク(TV)でおなじみの看板シェフ、
エミリル氏のバナナ・ブレッド・プディングを“参考”にしながら、
勝手にバナナをラズベリー&ブラックベリーに変更することに。
(手元にバナナが無かったので・・・☆)

まずは、必要な品を指差し点検。
パン、OK。バター、有り。シナモン、OK。。。
ここで問題発生!

バナナ・リカー!?
そんなの見たことないぞ・・・。

何か代わりになるものがあるだろうかと、ゴソゴソ戸棚を探した結果、
見つかったのはラズベリー・リカー。

AQUA PERFECTA
Raspberry liruer / Alc. 20% / $20


クリックすると元のサイズで表示します 右は洋ナシの味

このフルーツ・リカーを作っているCaddell & Williamsは、
SFの北にあるメンドシーノ郡にあり、いわゆる地元の会社。
何となく親しみを覚えながら、ラズベリー味を使ってみたところ・・・
これが、料理下手な私の作ったベリー・ブレッド・プディングを
ほど良く大人味のデザートにしてくれた、すぐれものでした。
(適当に作ったので、レシピとは、かなりかけ離れた味だと思いますが、個人的にはOKでした☆)

デザートと共に、オン・ザ・ロックで食後酒としても楽しめます(2度オイシイ)。
0

2006/3/21

WBC日本優勝!〜ハバナ・クラブ7年で乾杯♪  その他のお酒の話

チーム日本WBC優勝おめでとうございます!終盤では、連続エラーやキューバの巻き返しに
ハラハラしましたが、結果10-6で勝利、とても見ごたえのある試合でしたね。

試合後は、野球をこよなく愛する(と聞きました)チーム・キューバに敬意を表して
キューバン・ラムで乾杯しました♪

Havana Club - Anejo 7 Anos
ハバナ・クラブ7年物は、一般に日本でよく見かける3年物に比べると、飲み口が格段に
スムーズです。色はブランデーのような、きれいな琥珀色。香りも濃厚です。
(残念ながら政治事情から米国内では買えないようですが、これはお土産に頂き、以来、
大事にちょっとずつ飲んでいます。)

ストレートでラムを楽しみたい時は、ハバナ・クラブ7年を、ぜひ試して見て下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ