2018/8/15

かえるまんとう  
 夏休みに買った中国SFアンソロジー「おりたたみ北京」読了。恐いの切ないのいろいろあって面白かった。ディストピア感が強い、中国だからというより今の技術の先を覗いたらこんな世界なんじゃみたいな物語。

 イベントでいただいたかえるまんじゅうをオヤツに頂きました。かわいい〜〜大好きなんだ、かえるくん

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/8/13

イベント終了  
 昨日の夏のイベント、参加された皆様おつかれ様でした!手前もさっき無事に荷物を受け取って、めでたく終了しました。
 お越しくださった方、ごはんに付き合ってくださった方、特に!ちばらく売り子お手伝いくだすったかおりさんほんとにありがとうございましたーーー!!!

 今年の夏はとにかく猛暑がひどくて、1日目の厳しい状況などSNSで見て震え上がっていたんですが、いろいろ諦めていこう…と思いながらおそるおそるの参加でした。でもチキンな手前のスペースにお立ち寄りくだすった上、いろいろ声かけていただけでほんとに嬉しかったです…なんだかもうたどり着いてくれただけでありがたい…封殺鬼の本、最後までもたず面目ありませんでした!!(それだけじゃなくてここ2年くらいぴくとも動かなかった本のお問い合わせがあったんだ…オリジナルの本は在庫長く持つの普通だけど、読み手のスパンもなめたらあかんかった…)
イベント後に体調くずす人も多いと聞いたので、みなさまくれぐれもご自愛をーーー!

そんな訳でゆるい自家通販もやっております。通販部屋更新しました。よかったらご利用ください
2

2018/8/9

壊してしまいました  
 今日テーブルの下の床を拭いてたら、脇のパソコンのUSBに機器がささったままなのに気づかず、おもくそ椅子の足でどついてしまいました。結果USB穴が壊れて亡くなってしまいましたオオゴッド。
 なんとか取り替えられないかなーといろいろいじっていたんだけど、どうにもならず。質問サイトに行って見たらUSB穴を増やす方法(後ろからコード引っ張ってきて機器をくっつける)が載っていたので、どうか復活してナムナムと祈りながらつなげたところ、無事使えました。よかったああ。
 ちゃまに壊れたところをみてもらったけど、パーツが壊れてるから部品交換しないとダメとのこと。ショボンヌ。
1

2018/8/6

山の庭写真  
 土日は榛名で野良仕事でした。
 力仕事の後は指の関節が腫れて痛いのう痛いのう。

 でも暑い中みっちり力仕事や!とハラくくって行くので、ご飯もがっつり食べて水分もがぶがぶ摂って、最近ちょっと低調だった体調にブーストかかった感じです。ついでに腰に警報が鳴ったから、来週砕けないよう気をつけるべし。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 山の中だと麓とは3度くらい気温が低いんだけど、基本38度とかだともうざっくり暑いだけーなんです。木があるおかげで夜にはなんとか気温が下がってくれるのがせめてもの救い。

庭日記も更新しました。 
2

2018/8/2

医科大入試問題世間話  
 東京医科大の入試問題。

 東京医科大(東京)が今年2月に行った医学部医学科の一般入試で、女子受験者の得点を一律に減点し、合格者数を抑えていたことが関係者の話でわかった。女子だけに不利な操作は、受験者側に一切の説明がないまま2011年頃から続いていた。(YOMIURI-ONLINE 2018.8.2)

 とても直球な差別行為なので批判噴出なんだけど、一方で

女子って医学部受験するときに必ず「家庭より仕事を優先できますか」「結婚はいつしたいですか」「妊娠出産のご予定は」って聞かれるんだよ。予備校の面接対策に載るくらい『常識』なの。(だらけるねこ‏ @j6NuCH6Lu6)

って、そのスジの人はみんな知ってる差別だったみたいな話もたくさんあって、やっぱりこれも電車の痴漢と一緒で「あるのが当然な差別」だったのか。
 普通に考えて、国民の半分に苦渋を強いている(経験する人が医者を目指す一部とはいえ)歪みが異常だ、ってのはしつこく言い続けなくてはいけないことだと思う。

 痴漢も相変わらず「それぐらい」とか「女性専用車輌クソ」とか言う人は多いけど、前世紀のように「え、なんでいけないの?」と首をかしげるほどの重症な人は確実に減ってきてるからな。

 ほんとにこんな事の理解に何十年もかかるなんておかしい!と、自分も20代の頃なら憤っていたと思うんだけど、ぶっちゃけこのトシになってようやく気づく自分の歪みっていくつかあるもんだから、たぶん私にもまだ見えてないいろんなバイアスがあるんだろうなと思うのよ…

 なんにしても前に引かせて頂いただらけるねこさんの言う『常識』、これから学ぶために受験に来る17,18才の女子高生に対して「妊娠の予定は」なんて質問投げかけて憚らない異常さは、現場はもっと深刻に受け取ってほしいと思う。
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ