積み木の老親衛隊

コロンビアゲームズのいわゆる「積み木」シリーズのウォーゲームを中心とした話題に関するブログです。

 

カレンダー

2017年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:出本 秀明
いやはや、勝手に札幌の方だと思ってました。
申し訳ないです・・・
トブルクに関してですが、確かにプレイスタイルの違いが出る箇所ですね。
尤も、僕もトブルク攻略を全く否定している訳ではありません。 英軍がトブルクに地雷と5ユニットの守備隊を残し、主力はエルアラメインに立て篭もる・・・ などと言う策をとってきた場合は損害を省みず全軍で総攻撃を掛けてトブルクを陥落させるだろうと思います。
ですが、基本的には僕がドイツ軍をプレイする場合、トブルクは包囲に留め、これを開放しようとやってくる英軍主力を野戦で撃破する戦略を採りたいです。 僕には最大で80発の先制射撃を受ける可能性のあるヘクスに自ら突入する勇気は無いですね・・・
僕の周りは、ここぞと云う時に浜州並みのダイス運を発揮する人ばかりなので(笑)

ただ、やはり水池さんも一度トブルクがドイツ軍の手に落ちれば、英軍による再奪取は不可能と考えておられるようですね。
僕はこうした点が尤も不満です。 史実ではちゃんと英軍が奪回している訳ですし、首尾よくトブルクを攻略したドイツ軍も最終的な勝者足りえませんでした。 ゲーム自体、キャンペーン・シナリオの双方でこの期間を取り扱っていると言うのに・・・
もっと、勝利条件なりゲームバランスなりを検討すべきだったのでは? とか考えちゃいます。 とは云え、答えを出すにはまだ早過ぎますね、繰り返しプレイしていこうと思います。(まだ、偉そうな事が云えるほどプレイして無いだろう!)

ところで、個人的には英軍の採るべき戦略が見えなくて困っていたりします。 トブルク・バルディア、おまけにソムールに地雷源を配し主力はソムール付近に展開、ドイツ軍に出血を強いる作戦を採っているのですが勝った試しがありません。 ウイリー氏等は端からトブルク以外はエルアラメインに地雷付きで立て篭もる他無いと言い切ってますし・・・
そちらでは英軍はどんな戦いぶりでしょうか?
投稿者:出本 秀明
先の続きです

ターンオプションに付いては趣味の問題と言えるかもしれません。 (ちなみに、僕は40年シナリオの英軍位でしか芸術的遅滞戦術に成功した事がありません、と・ほ・ほ・・・)
 僕としては非常に不満の残るルールです。
ボビー・リーのイニシアチブの様な、冴えたデザインが欲しかったですね。 もう、一ひねりすれば、ずっと面白いこのゲームの「見せ場」に成り得る箇所だと思うのですが・・・
補給カードと補充用の生産ポイントを別々に分けてしまった事なども不満です。 GJ同人時代の付録ゲーム「DAKデザート」の処理の仕方の方が遥かにエレガントだと感じます。 僕はコロンビアの積み木シリーズで他にイーストフロントとボビーリーを持っているのですが、先の2作に比べるとこの「ロンメル」は、ん〜、ど−かな〜〜とか思ってしまいます。

除去ユニットとキャンペーンの継続性等も広島ではまだまだねこれからの問題と言えるかもしれません。

他に広島ゲーマーが総じて持った印象としては、ドイツ軍ユニットが多過ぎる(即ち枢軸軍の打撃力が高過ぎる)、補給カードの引き、BPのダイスなど運に作用される要素が大き過ぎるのでは? 等がありました。

ところで、余談ですが札幌歴史ゲームの会で計画されている温泉合宿に、会長のHIRO氏を通じて参加の打診をしております。 水池さんや他の老親衛兵の方々ともお会いできるかも知れません。 その時は是非とも宜しくお願いしますね。
投稿者:出本 秀明
始めまして、HGSの出本と申します。
こんなに素早くリアクションが頂けるとは思っても見ませんでした、ありがとうございます。
札幌の活性化値の高さには驚きです!(笑)

強襲ルールはトブルクを落とすために必要!
との事ですが、実を言うと広島ではまだ、トブルクに攻撃をかけたプレーヤーが唯の一人もいなかったりしまして・・・ と云うか、トブルクが焦点になるシナリオも41年シナリオ位しかした事のないもので・・・
御恥ずかしい限りです。 ですが、個人的にはドイツ軍の立場に立った場合、トブルクを無理に攻め落とす必要自体があるでしょうか?
確かにトブルクは重要な勝利条件ですが、それより1つ下の段階の勝利条件を睨んで、トブルクは包囲に留め、他の地域の英軍を駆逐していく方が効率的なのではないかと思います。 抵抗拠点を迂回すると言うのは常套手段ですし、補給線の点から考えても迂回路(しかもハイウェイ)のあるトブルクはイギリス軍プレーヤーにとってのアキレス腱にしておく方が良い気がするのですが? (その点、広島でも色々検証してみたいです)

コメントは更に続きます
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ