積み木の老親衛隊

コロンビアゲームズのいわゆる「積み木」シリーズのウォーゲームを中心とした話題に関するブログです。

 

カレンダー

2017年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:水池
SADAさん、ありがとうござます。
なるほど、VACANTは「なにもいない」ですね。確かにこれは「中立」という意味ではないなあ。

というわけで、VACANTの都市は、その色の貴族に友好的で、従って、空でも徴募兵は出せると考えた方が良さそうですね。

和訳の「中立」というのを変える必要がありますね。

ありがとうございました。
投稿者:SADA
はじめまして、kazu22様

砲兵につきましては、
deploy in any friendly city area.
とだけ書かれているので、

Friendlyな都市エリアということ、つまり、自軍のコマが存在する都市のあるエリアであればどこでも良いと言うことになるかと思います。
投稿者:kazu22
水池さん、SADAさん、丁寧なご説明、ありがとうございます!

英語が苦手な自分には、とても助かりました(^-^;)
[質問1]の結論としては、徴募兵は中立から出られるから良いとして、砲兵(ボンバード)はやはり味方ユニットがいる都市エリアからのみ召集できるということなのでしょうか。
間違えていたかもしれません(^-^;)

海上の撤退は、普通にこれが出来るとすると、即避難場所へ撤退できるので、やっぱり出来ないということでよかったんだということで、安心しました(^-^;)

[裏切り工作]は、毎ラウンドできるんですね(@_@;)!
熱いですね!
次回のプレイが楽しみになりました(笑)
本当にありがとうございました(^-^)!
投稿者:SADA
横から入ってきて失礼します。
さて、英文ルールのVer1.02をベースにした私の解釈です。

「favor」と「friendory」「友好的」と「味方陣営」で良いかなと思いますが、
2.1のエリアの定義では、
Friendly=1個以上の味方部隊の居るエリア
Enemy=1個以上の敵部隊の居るエリア
Vacant=何もいないエリア
Contested=両軍がいるエリア

という定義のみです。favorは2.4で都市防御効果の定義としてヨークとランカスターに戦闘で有利になることを振れているだけのような気がします。

5.4のRecruitsの定義には、
friendly とvacantしかないので、味方がいる(Friendly)「か(or)」空きのエリア(Vacant)で、「containing their city」ということ、つまりは部隊の名前が合致する場所ということかと思いました。

よって、部隊が居なくても良いというのが私の解釈です。

貴族がそこに行って、部隊を召集するという感じは確かに目に浮かぶ光景ですが、わざわざそこまでしなくても、領主が旗揚げしたので、民兵達が地元の小貴族に率いられて旗揚げし、応援に駆けつけると考えればよいかと。
投稿者:水池
kazu22さん、はじめまして。
私の和訳を使って頂いているのですね。嬉しく思います。

さてご質問の件ですが、私の能力の範囲内でお答えしますね。

1について
 答えは、やはり都市の色に関係しません。だと思います。
 ここでお詫びしなければなりませんが、この混乱?の責任は私の和訳にあります。すなわち、ご指摘のルール2.4で、私が「〜は、ランカスター側で〜」と訳したことがまずかったのです。原文ではこれはfavor、つまり友好的という意味です。で、ルール2.1で私が「友好的」と訳した原語はFriendoryなのです。
これらの意味ですが、後者のほうが味方陣営。前者は好意を寄せている程度と理解しています。
というわけで、兵を徴募するには実際にそこに軍勢が行って集めないとダメなのでは。だから単に色が味方の色だから徴募兵が出てくのではないというのが今の私の解釈です。言い換えれば、もともと友好的でない都市では、いくら軍勢がそこにいても徴募兵を集めることができないようにゲームを作ってある(そのコマががゲームに存在していないのです。)と考えています。
 この件に関して、もっと英語に堪能な方から異論(favorとFriendoryは同じ意味である。)が出ない場合は、機会を見て、私の和訳の法を、favorとFriendoryについて訳し分けるつもりです。
 もし、私の間違いであった場合は、そのように訳を変えます。
 というわけで、この部分には私に間違いの可能性があるとご承知おきください。

2について
 退却の一般ルールには、海上に関する記述がありません。なので、できないと考えて良いものと思います。
 ちなみにカードのパイレイシーには海上からの退却ルールが明記されていますね。

3について
 裏切り工作は、戦闘をするかわりに行えるので、自分の戦闘の番ごとに試みて良いと思います。

 お役にたてれば。

投稿者:kazu22
はじめまして。
いつもこちらの和訳に大変お世話になっています!
足を向けて寝られないと思っています。
すみませんが、質問よろしいでしょうか。
質問1、
先ほどのヨネクラ様のご質問へのご返答で、
>ルール2.1により、自陣営に味方か否かは、その色には関係なく、どちらの陣営の駒がその都市にいるかどうかで決まります。
すなわち例え白い都市(ヨーク側)であっても、ヨーク家の駒がいなければ、その都市は中立と見なせると思います。
と、ご返答されていましたが、ルール2.4で、〜(略)4つの都市はランカスター側で、3つの都市はヨーク側です。〜
とありますが、これらは、砲兵を呼ぶ際には適用にはならないということなのでしょうか。
この文はただ単に、「各々の都市はそれぞれの徴募兵を有しています」にかかっているだけなのでしょうか。
質問2、
攻撃側、守備側、双方とも、海上移動を使った退却は出来るのでしょうか。
質問3、
裏切り工作は、例えば国王駒で攻撃したとすれば、1戦闘1回のみで良いのでしょうか。それとも、毎ラウンド試みることが出来るのでしょうか。

すみませんが、よろしくお願いしますm(_ _;)m
投稿者:ヨネクラ
ありがとうございます。参考になりました。
投稿者:水池
都市は赤か白に色分けされていますが、ルール2.1により、自陣営に味方か否かは、その色には関係なく、どちらの陣営の駒がその都市にいるかどうかで決まります。
すなわち例え白い都市(ヨーク側)であっても、ヨーク家の駒がいなければ、その都市は中立と見なせると思います。

ここで、では中立の都市に都市徴募兵を置くのはどちらのプレイヤーかと言えば、そもそもその色分けにより敵側の駒がありませんので、白い都市にはヨーク側の徴募兵しか出現しません。白の都市がからっぽで中立だから、ランカスターの駒をわかせようと思っても、そもそも、その駒がプールにないはずです。

大砲は、とにかく、味方の駒が占領している都市であれば、赤でも白でも配置できるものと思います。

投稿者:ヨネクラ
すみません。先日リチャード三世をプレイしたときの水池さんのコメントを確認したいのですが、ルール5.4でvacant area containing their cityを中立の都市と訳されています。都市はすべて赤か白に色分けされているので、ここでいうvacant、すなわち中立とはどちらの積み木も占領していない空白の地域の都市という解釈でいいのですか?それとも赤白は関係あるのですか?大砲の場合はfriendlyなので赤白関係なくとにかく味方が占領していればどの都市でも置いて良いのですか?
投稿者:ヨネクラ
私のところは相変わらずだめですね。なぜかな?でもメールにファイルで添付可能なので、とりあえず対応できます。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ