2007/11/28

ボトルの大きさで違います☆スパークリングの味  Sparkling Wine

アメリカでは、サンクスギビングが終わると、クリスマス一色。
街のあちこちに、ツリーのイルミネーションがきらめいて、
年末も、あっという間の近さに感じる。

サンクスギビングは、友人の家にお呼ばれするのが恒例。
いつもワインはBlakeの担当なのだけれど、
今年はエンターテイメントも兼ねて、赤白ワインと共に
2本のスパークリング・ワインを持参した。

クリックすると元のサイズで表示します

どちらもMUMM NAPA Brut Prestige。
違うのはボトルの大きさ。
普通の750MLと、方や、マグナム1.5L。

早速、みんなの前で開栓、味見してみると…
圧倒的にマグナムの方が、よりコンプレックス(複雑)な味。
深みが違う。

よく見かける、187MLの小瓶サイズ。
こちらは前から、普通のボトルサイズに比べて、味が落ちる事は聞いていた。
小瓶の場合、製造過程において、ビンの中での醗酵過程が省かれるため、
どうしても味が違ってしまうのだ。

しかし、750MLと1.5Lは、同じ製造過程を経ているはず。
おそらく味の違いは、酸化との関係にあるのではないかというのが
皆の意見。

(ボトルの上にある空気に触れる部分、両ボトルとも同じ面積だとすると、
液体の容量が少ないほど、空気に触れる面積が大きいという事になりますよね。
う〜ん、上手く説明できなくてすみません☆)

*上記は、事実関係の裏を取ることなく、私一人の思い込みで
書いたのですが、まぼろしワイン様に、次のようなコメントを頂きました。
恐縮でございます。皆様、すみませんでした&まぼろしワイン様、
ありがとうございます、とても勉強になります☆(11月29日記)

「ところで、コルクとワインの隙間のことを、コルクスペースとかヘッドスペースといいます。
皆さん、このスペースは空気だと思っていますが、実は空気ではないんです。ボトリング時に、酸化を防ぐために窒素やアルゴンガスを充填しますので空気は入りません。(小さいワイナリーではこの作業を行ってないところもありますが)
スパークリングワインだけでなく普通のワインも大きなボトルほど熟成に時間がかかるので長寿になるようです。」


クリックすると元のサイズで表示します 持って行ったワイン達

ちょっとマグナムの方の値段がわからないのですが、
750MLは$15前後で手に入るので、1.5Lも、そんなに高くないはず。
大勢で集まるパーティの余興に、飲み比べは如何でしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

この日、サンクスギビングに集まったのは、総勢15名。
スパークリングは、あっという間に空になって、めでたし、めでたしでした♪
0



2007/11/30  11:09

投稿者:ゴマ

mintamuさん、今晩は♪
え〜ん、取材せず書いてるので、ボロだしまくりの私です。Blakeに軽く考えすぎてる!と怒られました(涙)。
アサヒの記事リンクありがとうございます。いいな〜、テタンジュ!!!私も大きいボトルで飲みたいです〜、なんてね(笑)。

2007/11/30  11:02

投稿者:ゴマ

コトリさん、今晩は♪
え〜ん、勉強にならず、かえって間違った事を広めているのでは???と、ちょっと恐くなってしまったので、次回からは、うざがられても旦那に一々聞いてから、物を書こうと思いました(汗)。
たかがブログ、されどブログ、根性入れなおします(笑)。

2007/11/30  10:49

投稿者:ゴマ

maboroshi様、初めまして。コメントをありがとうございました。
Blakeは正しい知識をもっているのですが、これは私が裏を取らずに書いたものなのです。
安易に書いてはいけないと、肝に銘じました。

oxidaseという言葉が行きかっていたので、私が勝手に酸化=空気と勘違いしてしまい、恐縮しております。Blakeにも、「知らなかったのに書いたの?」と怒られました(涙)。

温かいお言葉、ありがとうございます。ソノマに行く機会がありましたら、是非♪

2007/11/30  10:30

投稿者:ゴマ

christyさん、今晩は♪
ごめんね〜〜〜、大きな間違いがあって、本文に訂正文を入れておきました。それを読んでいただければ、より勉強になるかと(笑&汗)。
テーブルナプキンを包んでるツタは本当の蔦で、花はスーザンが庭の花をドライフラワーにして作ったそうです。とっても凝ってました♪

2007/11/30  10:26

投稿者:ゴマ

Chicoさん、今晩は♪
先程はありがとうございました。FLから帰ってきたらよろしくお願いします☆
スティル・ワインも、マグナムの方が長持ちするというのは聞いていたのですが、どのような過程なのか判らないので、もっと勉強してご報告しますね。

2007/11/30  10:23

投稿者:mintamu

ちょうど少し前に asahi.com のコラムでも同じような内容の記事を読んだところだったので、私の中ではホットな話題です!
http://www.asahi.com/food/column/wine_saijiki/TKY200711200133.html
見て楽し、飲んで美味しの大容量ボトルワイン、いつか盛大にあけてみたいものです♪ それにしても、ものすごい量のワインたち!
*私もてっきり、コルクスペースは空気だと思っていました。あのスペースでワインが酸化するわけではないんですね。

http://mintamu.exblog.jp/

2007/11/30  10:20

投稿者:ゴマ

shina_poohさん、今晩は♪
そんなに大きな差ではないのですが、何かが確実に違ってました。私的には酸味、甘味の違いとして感じました。スティーブや旦那が、大きい方が美味しい、といったら、あっという間に売れてしまいました(爆)。そうですよね、2人だけだと飲みきれないのは確実なので、もったいなくて開けられない(笑)。

2007/11/30  6:57

投稿者:ことり

ゴマさんこんにちわ♪
大人数のときにマグナム、やっぱり迫力ありますよね〜。今日の記事も勉強になりましたv

・・ってうぉっ、あのまぼろしワイナリーの方が直かきこみ!!すげーーーー(興奮)さすがゴマさんのサイト・・って失礼しました。コルクとワインの隙間の関係・・そうだったんですね・・
泡大好きな私、勉強になった・・といいながらも冷蔵庫に手がのびそうです・・・(まだ夕方だよおい)

2007/11/30  5:26

投稿者:maboroshi

はじめまして。
ソノマでワインを造っています。
英語のワインサイトやブログでワイン業界のニュースを読んでいると、巡り巡ってここに着きました。
Thanksgiving は楽しそうでしたね。私は毎年家族だけで過ごすのが慣例になっています。
ところで、コルクとワインの隙間のことを、コルクスペースとかヘッドスペースといいます。皆さん(ワイン批評家やソムリエさんでも)、このスペースは空気だと思っていますが、実は空気ではないんです。ボトリング時に、酸化を防ぐために窒素やアルゴンガスを充填しますので空気は入りません。(小さいワイナリーではこの作業を行ってないところもありますが)
スパークリングワインだけでなく普通のワインも大きなボトルほど熟成に時間がかかるので長寿になるようです。

ソノマに来る機会があれば是非お寄りください。

www.maboroshiwine.com

2007/11/30  4:43

投稿者:christy

そうなんですね〜。とっても勉強になりました。
では、今度大人数が集まるときは、マグナム開けてみたいです。それにしてもすごいワインの数!!
お店が開けそうですね(笑)。
Table settingも素敵です。見習おうっと。


http://calwinefood.blog51.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ