2008/2/2

モンダビ兄弟 その光と影  ワインメーカーのお話

“モンダビ”と言えば、日本でもすっかりおなじみの、カリフォルニアを代表する
華麗なるワインメーカーの一族。

お兄さんのロバート・モンダビ氏のワイナリー Robert Mondavi Winery と、
弟さんのピーター・モンダビ氏のワイナリー Charles Krug Winery があるのですが、
先日飲んで美味しいなと思ったのは、ピーター氏の系統のワイン。

2006 Charles Krug Napa Valley Sauvignon Blanc / $18

クリックすると元のサイズで表示します 詳細はこちら♪

チャールズ・クルッグ・ワイナリー Charles Krug Winery は、
かつてはロバート・モンダビ・ワイナリー Robert Mondavi Winery の後ろに隠れて
目立たない存在でしたが、今世紀に入ってからの台頭が目覚しく、
良質のワインを、リーズナブルな価格で提供してくれるのは
いまやこちらのワイナリーと言えます。

クリックすると元のサイズで表示します Charles Krug Winery


このモンダビ・ファミリーの歴史は、とってもドラマチック☆

今から150年ほど昔の1861年、チャールズ・クルッグ氏によって
ナパに初めての商業ワイナリー、Charles krug Wineryが設立されました。
しかし禁酒法時代のあおりを受けて、経営は低迷。
そんな歴史的なチャールズ・クルッグ・ワイナリーを、
チェザーレ・モンダビ氏が購入したのは1943年のことでした。

クリックすると元のサイズで表示します Original Cider Press

父親のチェザーレを、ピーター&ロバート兄弟が脇から盛り立てる形で、
ワイナリーは間もなく、ナパを代表するビッグネームに成長します。

しかし1959年に父親が他界すると、兄弟間のギクシャクが表面化。

ロバートが目指したのは、フランスに負けない高級ワインの製造。
片や、ピーターが目指したのは、毎日家庭の夕食のテーブルに乗るような
親しみやすいワインを造ること。

ロック・グループの解散理由によくあるような、“方向性の違い”から
果ては有名な殴り合いの喧嘩(fistfight)となり、兄弟は決裂。

父に代わりワイナリーの社長となった母親によって家を追い出されたロバートは、
1966年オークビルの南に、自らの名を冠したワイナリーを設立します。

クリックすると元のサイズで表示します Robert Mondavi Winery貯蔵室

その後70年代に入ると、ロバートは、Charles Krug Wineryから
キックアウトされたことで自らが受けた損失を訴え出るという行為に出、
家族間でのドロドロ裁判が始まります。

裁判の結果は、ロバートの勝ち。
チャールズ・クルッグ・ワイナリーは、この時点から、長きに渡って
ロバートに毎年大金を支払わなければならなくなります。

ワイナリーの収益を、新しい器具への投資等に回せなくなった為に、
そこそこのものしか作れず、苦しい時代が始まったピーターを尻目に、
ロバートはカリフォルニア・ワイン界のスーパースターとして活躍します。

クリックすると元のサイズで表示します ロバート・モンダビ氏(2006年撮影)

しかし、栄光の道を歩み続けるのはたやすい事ではなく、
Robert Mondavi Wineryは、2004年、
大企業のコンステレーションに売却されます。

皮肉な事に、ロバートへの支払いを終え、ワイン製造に資金を投入することが
出来るようになったチャールズ・クルッグ・ワイナリーでは
今世紀に入ってから、手頃な価格帯で、良質なワインを世に送り出すようになり、
着々とその栄光を取り戻しつつあります。

クリックすると元のサイズで表示します ピーター・モンダビ氏

ロバートとピーター、両氏がワインカントリーに描いたそれぞれの夢は、
現在、息子から孫の世代へと受け継がれています・・・。


Charles Krug のワインをグラスにそそぐ時、
そういえば、こんなストーリーがあったっけ…
なんて思いだしながら味わうのも、楽しいかな?と思って書いてみました☆
(長〜い話をかなり端折ってますが、お許しを〜。)
90歳を過ぎて人間が丸くなったのでしょうか、06年初頭には、公の場で
仲良く集う両氏の姿が見かけられました♪

1



2008/10/19  2:23

投稿者:YK

はじめまして、こんにちは。
ネットでCharles Krugを探してて、ここにたどり着きました。
実は今年の9月、ナパに行った時、ふらりと入ったナパ・ダウンタウンの
バーで飲んでびっくりしたのが、Charles Krugの2007 Sauvignon Blancでした。
いろんなワインを試してみようと思ったのですが、あまりの美味しさに立て続けに3杯も飲んでしまいました。
店のウェイトレスの人に、Charles Krugワイナリーの場所を聞いて翌日さっそく行ってみました。
そこにPeter Mondavi Familyと書かれてあり、RobertとPeterが兄弟であったことを始めて知りました。
そこではいろいろなワインのテイスティングをしましたが、やっぱり前日にのんで気に入っていたSauvignon Blancの美味しさはダントツで、思わず1ケース買ってしまいました。

このサイトでPeter Mondavi氏が目指していたのは、毎日の食卓に出るワインということでしたが、自分にとってはわずか12本しかない貴重なワインに思えて、月一ぐらいに大事に取って飲んでいこうと思ってます。 笑

ここでいろんな方のコメントを見て、同じワインを美味しいと思ってる方々がいて、なにやらすごく嬉しい気持ちです。

あと、個人的なおススメは、ソノマのSt.FrancisのSauvignon Blancです。
残念ながらワイナリーから直でしか買えないとのことなので、中々難しいかもしれませんが、チャンスがあればぜひ訪れてみて下さい。

2008/2/21  16:22

投稿者:ゴマ

cosmoさん、初めまして♪
コメントをどうもありがとうございました。長い話を端折って、端折って短くしたので、シンプルすぎて大分わかりにくくなってしまったのではないか?とドキドキしていたのですが、読んで頂けて光栄です。
チャールズ・クルッグ、価格とおいしさのバランスがいいですよね♪

2008/2/21  11:16

投稿者:cosmo

こんにちは。はじめまして。
バレンタインの日。Charles Krug のZinfandel を飲んで、おいしさにびっくり。早速、ネットで検索。すると、このサイトに出会いました。
なんとなく、Mondavi 家兄弟の話は、聞いていたのですが、こんなに、詳しいことは、知りませんでした。
お互いが刺激となって、今日が、あるのですよね。
Charles Krug ワイナリーのワインを知ったのは、みなさんがおっしゃってるように、
ソビ二ヨンブランクのおいしさと出会った8年前です。今でも、キリッツと冷やして飲んでます。


2008/2/15  15:36

投稿者:ゴマ

mintamuさん、今晩は〜♪
最近ちょっとネットから離れているので、返事が遅れてすみません〜(汗)。早速試されたのですね!さすが〜!値段の割りにグーですよね!!!(押しが強すぎ?笑) ナパのSBってあまり聞きませんが、探せばあるんですね。寒い方がSBが美味しくなるので、ナパのどの辺で取れた葡萄なのか、気になりますね。

2008/2/13  0:23

投稿者:mintamu

ゴマさん、Charles Krug の SB を見つけたので早速飲んでみました♪このお値段でこのお味、いいですね!SB にしてはかなり濃厚で、未熟な私の舌では、ソノマ辺りの涼しいところのシャルドネと間違いそうです。SB もナパで作ると華やかな味になるのでしょうか!?

http://mintamu.exblog.jp/

2008/2/7  8:00

投稿者:ゴマ

国際結婚日記さん、今日は♪
雪の中のワンちゃん達のお散歩、お疲れ様でございます。「犬〜はよろこび庭駆け回る♪」の歌、本当なのですね。でも、連れて行くほうは大変(笑)?雪の東京も風情があって素敵ですね。

2008/2/7  7:52

投稿者:ゴマ

Christyさん、今日は♪
「冬のヨセミテ」という題名を見て、おお〜、寒そうと思ったら、Christyさんはお留守番だったのですね。日本は関東地方も雪で大変だったようですが、ベイエリアのいい所は雪が降らない所ですよね、寒くても摂氏5度ぐらいは保たれてるし(笑)。
素敵な写真に感動です〜〜〜!

2008/2/7  7:40

投稿者:ゴマ

mintamさん、今日は♪
シマシマの焼きが入った魚、美味しそうですね。シマシマができるフライパン欲しいけど面倒そうでもありますね、ううん〜、悩みます(汗)。
私もこのワインを飲んで初めて、あぁ、これがピーター氏の系統のワインか〜、と気がついた次第です。飲みながらあれこれ旦那に話を聞いて、面白かったので書いてみました☆(彼は歩くワイン辞書・笑)

2008/2/7  7:30

投稿者:ゴマ

Chicoさん、今日は♪
すご〜い、楽しそうな教室ですね。参加出来なくて涙!でも、記事を拝見して勝手に参加した気分に浸っております(笑)。葡萄と同じように、カカオも奥が深い世界なのですね。混ぜる割合や産地で微妙に味が変わるチョコ、面白そう〜。

2008/2/7  7:16

投稿者:ゴマ

shina_poohさん、今日は♪
すご〜い、日本滞在中に、あちこち廻られたのですね、さすが行動派のシナプーさんご一家。京都のおばんざいランチが美味しそうで、今夜は和食にしようと決めた私です(笑)。
私が飲んだのはSBだったのですが(全体的なワイン評は旦那の受け売り)、美味しかったです。多分ストアでは$15以下だと思うので、この値段でこの味はいいんじゃないかな〜と思います♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ