。 まさかの2階席(公開2週間も経ってるのに〜) そして…" /> 「生」宮崎あおいちゃん | 旅行会社・瑞穂のつぶやき

2011/10/22

「生」宮崎あおいちゃん  日記

昨日、アフターの「女子会」予定がまさかのドタキャン。(メンバー体調不良)
せっかくの自由時間。ザギンに映画鑑賞に行きましたビデオカメラ

まさかの2階席(公開2週間も経ってるのに〜)

そして、まさかの舞台挨拶

  ツレがうつになりまして。  「生」宮崎あおいちゃん見たよ〜

やっぱりカワイイですね♪今日(22日)の芸能ニュースにも出てたよ

しかし、映画の挨拶なのに、どうしてマスゴミと呼ばれる人たちって…
私生活の事聞きたがるかねぇ ウザい
不幸を望んでる質問としか取れません。(●`з´),・:・,∵.・ペッ!!!って感じ

ここから映画のお話。ネタバレ望んでない方はスルーでどうぞ

     クリックすると元のサイズで表示します
     (C)2011ツレがうつになりまして。制作委員会

家定さまと篤姫さまが生まれ変わってまた出会い、夫婦になったよう。
嬉しい気持ちで観ましたよ
一般的に、うつ病の大変さを啓蒙する内容かと思ったんですが、苦しみの中から夫婦の絆を見つけてった事の方が比重が高いのかもしれないです。
ちょっとコミカル過ぎじゃないかと感じましたが、そこは堺雅人さんが深刻さを伝える演技でカバーできているのでは?…そしてあおいちゃん、演技も上手ですがあの笑顔、ひきつけてくれますね〜
酷評を言うなら、あのエンディングの演出は要らない。
スケッチブックからキャラクターが飛び出す安っぽすぎ↓
それと、病気の原因でもある梅沢富美男…
彼がなぜ「うつ病」の公演に来たのかわからない
フラッシュバックしてぶり返してしまったんではないかと心配
それでも全体的に、笑って、しんみりして、温かくなれる映画です

私はどうしてもこっちと比較してしまうのですが…

     クリックすると元のサイズで表示します
     (C)NHK

確か、クスっとも笑うところが殆どなかったんですよね。
泰造が飛び降りとか首吊り寸前のシーンで「ギョエッ◎o◎」「やめれ!」。
ハラハラ、真剣、深刻な演出でした。
うつ病って何?から入る方には映画からがいいかもしれないです。
ドラマはちょっとシリアスだったけど…こちらの方が現実身溢れてたかも

デリケートなテーマなだけに、制作も難しかったと思いますが…
「明けない夜はない」「焦らない」「できることからやる」「人生の夏休み」
パニクった時のヒントになりそうです。
0



2011/10/23  23:45

投稿者:瑞穂

>ミストさん

はい、たまたま舞台挨拶付きでした。驚いた!
空いてたのが2階席の後ろから2番目…ま、さいたまスーパーアリーナでも東京ドームでもないので映画は見やすかったですよ。あおいちゃんは遠かったけど(^_^;)。視力良くてよかった♪
テレビドラマの方は、映画版に対して「そんなもんじゃない」って感じですかね。堺さんが風呂場でタオルに首をかけて…ってシーン、あおいちゃんが入ってきて締まりそうになったでしょ?あれ、お客さんが笑うところじゃないと思った(-_-;)。テレビドラマ版にもあったのよ。泰造がタオルを首に巻いて体重をかけた瞬間、タオルをひっかけてたとこが壊れて九死に一生を得たんですよね。心臓バクバクもんでした。
シリアスな方を最初に見てしまったからかも…映画は「入門編」と考えて観てほしいなと思いました。自分もいつ発病するかも?家族も?友達も?と考えるとおっかなくなってきます。心は健康でいたいよね〜♪、というわけで早速遠出を←おい

「南極大陸」はビデオに撮りました!早く見たいな〜。

2011/10/23  17:50

投稿者:ミスト

お!あの舞台挨拶つきの鑑賞だったんですね〜。
でも空いてるとは意外だなぁ…。

マスゴミは…ほっておいてほしい…。

確かにライトな感じでしたね。原田さんたちのツレウツはどうだったのかかなり気になります☆

梅沢さんにはびっくりでしたが、最初フライヤー(ちらし)を見てから梅沢さんはどこで出てくるんだろうとずっと考えてましたが、まさかあの部分かと思いました。

ラストのシーンは旦那も気に入らないといってましたが、宮崎あおいちゃんがよかったと言ってました。

堺さんの最初の顔からまったく変わってきていて役者って凄いなと思いました。
フラッシュバックもかなり心配しましたが、あれはあれでありなのかもしれませんね。

鬱ってまだ浸透してない(特に年配者)から、映画からなら理解出来そうなイメージでしたね。

やっぱり堺さんはかっこいい!というわけで今日の南極大陸も楽しみです♪

あー早く帰りたい…旦那の用事(半分仕事)終わらないかな…。

長々すみません(汗)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ