2012/4/7

ノスタルジックな十分&九份へ  自費研修旅行

台鉄平渓線で向った先。かつては炭鉱の町で栄えてたところ。

     クリックすると元のサイズで表示します

     今でも日本統治時代の面影が残ってるそうですよ。
     駅舎などは見てるだけで懐かしいノスタルジーを感じます。

     クリックすると元のサイズで表示します

     商店街をかすめるように走る平渓線。
     とても珍しい商店街です。反対側の店に行くのに線路を渡る…危ない。

     クリックすると元のサイズで表示します

     再び台鉄で瑞芳(ルイファン)駅へ電車
     ここからタクシータクシーで九份へ向かいます。
     最初、バスバスを予定してたのですが…メチャ混み。
     行き慣れたHNDさん同行で助かりました〜

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

    九份。台湾のレトロが凝縮されたような街ですね。
    金鉱が発見されると、今の台北以上に人口がいたとか。
    戦後日本人が去り、金脈が尽き、また静かな街に戻りました。

     クリックすると元のサイズで表示します

     日本風とも中国風とも言い切れない、無国籍な家並み。
     ここは「千と千尋の神隠し」の舞台とも。

     クリックすると元のサイズで表示します

     7人でお昼ご飯。美味し過ぎ
     わたし的には、烏龍茶がめっちゃ美味かったです

     クリックすると元のサイズで表示します

     あたし、小さすぎでしょ↓
     ちなみに、フライトもホテルも行動も別だったウチのダンナはこの時間、
     狂ったように電車に乗ってたと思われます

     クリックすると元のサイズで表示します

     お店の人に、お土産いただきました^v^
     夜はこんなふうになるんですねー。あ、これ、絵葉書です。
     まさに「千と千尋の神隠し【湯婆婆の屋敷】」
     ちなみに観光客人気No.1スポットだそうです>九份。


     にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
0
タグ: 平渓線 十分 九份



2012/4/11  23:26

投稿者:瑞穂

>lineさん

この漢字、実はマウスで手書き入力です。
画面に出ないかと思ったら、大丈夫なようでしたw。
お料理は、大人数で行くと本当、豊富にいただけちゃいます。
更に、詳しい人がいたんで頼もしい限り。画像のお昼ごはん、コースになってました。異国の食べ物って若干ドキドキしますが、台湾の料理はハズレがなかったです!
ウチのダンナはかなり乗ってきたんじゃないでしょうか?!私は新幹線と平渓線だけですっかり満足してしまいました。スネ夫電車もウケましたし(爆。

2012/4/11  20:19

投稿者:line

イ分って文字良く出ましたね。日本語だと無いと思ってました。
やっぱり大人数で行くと、料理が豊富に選べて良いですねぇー。私ゃ殆ど一人旅なので、2皿程度でもう十分って事になるんですよ。まあ、一人だとあまり大きな店だと入るのも躊躇してしまう事も・・・。
旦那さん、集集線も行かれたようで相当楽しかったようですね。

2012/4/8  22:08

投稿者:瑞穂

>池っちさん

台湾の観光の人気No.1スポットですからねー、外せないですね。
空港からホテルへ向うバスの中でおねいさんが言ってました。地元としても「ここへ行った方がいい」的な事を熱っぽく語ってました。下の子もネットで旅行前に若干調べてたらしいのですが、ここが一番「行ってよかった」とこだそうです。
>お客さんがよく行方不明
わ〜か〜る〜〜ヾ(`∀´)ノ。お土産とか見てると、時間忘れちゃう上にちょっとごちゃごちゃした道を入るのも楽しいですもんね。池っち奥様も迷子になるような予感…。

2012/4/8  12:57

投稿者:池っち

久しく行ってないなぁ〜。

ここは添乗員時代、やたらめったら行った場所です。

お客さんが、よく行方不明になった場所でもあります(爆)

次はプライベートで、のんび〜り旅行したいなぁ♪

嫁、いっぱい買い物しそうだから、息子と二人だけで行こうっと♪www

http://blog.livedoor.jp/legend_bob/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ