2006/10/23

あれから2年…  お仕事日記

2年前は土曜日だったと記憶しています。

    新潟県中越地震

多分、いや、二度とHND(羽田)−KIJ(新潟)の航空券なんて手配もしないのでは?
ライフライン屋(?)さんのお客様の個人旅行の中止と、代わりのご出張のお申し込みを受けるにつけ、複雑な思いにかられたのを、今日は思い出していました
…な〜んてヒマはなかったんですよ(-_-;)
仕事以外の問題がかなり多いのが事実です。
一つづつやっつけないと前に進めません。
明日から頑張ります
0



2006/10/31  23:07

投稿者:瑞穂

>みさぴょんさん

お久し振りです。
2年前のあの日、土曜日の夕方でしたよね、お仕事してらっしゃったんですね、大変だったと思います、お疲れ様でした…。阪神淡路大震災の日、大阪の友達は「車が自宅にぶつかったと思った(-_-;)」と言ってました。やはり、同様の揺れだったんですかね。ともあれ無事でよかったです。

2006/10/31  12:52

投稿者:みさぴょん

ごぶさたしております。

2年前のあの日はホントにびっくりでしたよ!
トラックが突っ込んできた!って思いましたね。
あの地震は一生忘れられないですね
それでも端末を打っていたアタシ・・・



2006/10/24  23:36

投稿者:瑞穂

>ムーミンさん

私も仮設住宅の映像を見て「まだ不自由してる方、いるんだな〜」と、昨日のニュース見て思いました。時々は思い出して、備えたり訓練したりしないと同じことの繰り返しになってしまいますね。
阪神大震災の反省で、中越地震の時はすぐに電気、ガスを通さなかったそうですよ(火事を防ぐため)。色々と日々研究&勉強なんだなと感心しました。

2006/10/24  23:28

投稿者:ムーミン

まだ仮設住宅で住んでる方達がいるんですよね。
地震当時はすごく報道があるけれど、過ぎていけば報道も少なくなり、いつの間にか忘れ去られていきます。

キチンと備えておかないとダメだなとホントに思います。

2006/10/24  21:56

投稿者:瑞穂

>空さん

あのお子さんが助かった瞬間、拍手しましたよ!奇跡と言っても過言ではないと思います。お母さん、お姉さんの分も元気に生きてほしいと思います。もう4歳ですか、かわいいさかりなのに。
地震でもご旅行には参加、元気なお客様だ〜(^_^)
添乗員としてはちょっとホっとしたりしました?
あたしら、自然災害には勝てません(T_T)。ひたすら「何事もありませんように」…ナムナム。

2006/10/24  21:52

投稿者:瑞穂

>ま〜ちゃんさん

そうです、土曜日の夕方でした。こちら、川崎市までグラっと来まして、地震が大嫌いな長男はビビってました。すぐにNHKを見たのですが…しばらくして「走行中の新幹線が」…のキャスターの声に「終わった」と思ってしまいました。
でも新幹線は大地震でも横転しないんですね〜、200系は乗客を守ったと思うとじ〜んと来た私は新幹線オタです(汗。
完全復興まではやはり時間かかりそうですかね…?

2006/10/24  21:49

投稿者:瑞穂

>みさきさん

みさきさんは被災地からそんなに遠くない場所にお住まいでしたね…。さぞビックリだったと思います。ひどい被害でなくて何よりです。
まだまだ仮のお住まいの方もいらっしゃいますので、これからですね!確かに、あまりにも穏やかに過ぎました。ニュースなどで映像を見て、あぁ、2年か、と実感してしまいました。
駅伝完走お疲れ様です(^o^)丿

2006/10/24  21:33

投稿者:空

もうあれから2年ですか・・早いですね。

確かあの地震のときに奇跡的に助かったお子さん(当時2歳)はもう4歳。レスキューか宇宙飛行士(マスコミによってちがうようですがw)になりたいそうです。いずれにしても心優しい人間に育ってほしいものです。

私は十勝沖地震のときに帯広前泊でしたがツアー客(釧路や白糠のお客さんもいたのに)全員参加してました(苦笑)朝5:55集合だったのにもかかわらずw
今でも忘れません・・。

自然災害ってほんとに怖いです・・。



2006/10/24  19:29

投稿者:ま〜ちゃん

新潟中越地震、この日の午後5時56分に発生したんですね。
あれから、もう2年たったんですね。
場所が遠いせいか、阪神大震災のときのような身近な感覚はないのですが、新聞とかニュースで映像をみるとやっぱり胸が痛いです。

http://blog.livedoor.jp/akataku1992/

2006/10/24  12:41

投稿者:みさき

地震があったのも遠い昔のような気がしてなりませんよ。あまりに今が穏やかに過ぎてしまっているので。
でも悲惨な地域に出向くと、胸を締め付けられる思いになりますね。
駅伝またまた走りぬきましたよ!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ