2007/7/4

何て読むんだ(?_?)  お仕事日記

あるホテルさんが、企画を持ってきたんですが、その書類…

クリックすると元のサイズで表示します

中国の  SQNY(爆)じゃあるまいし…

自分の会社の名前、間違ったらアカンよ

まぁ、タイプしてるのは人間ですから(^_^;)。
でも、これ、使いまわししたら次回もこれで企画書を持ってくるのかしら?
その前に注意してあげた方がいいですね、きっと。

正しくは BAY HOTEL です。名誉にかかわるので公開しません…
0



2007/7/5  23:34

投稿者:瑞穂

>番記者!さん

一応、お得意様にはDMを郵送したのですが、これのコピーじゃないので安心していますw…ウチのも間違ってたりして?まぁ全国版じゃないので笑い話で済むのかもしれません。
自分の会社名を間違えてしまったなんて、これが上司にばれたら怒られるだろうなぁ。でもチェックしない方にも責任あるのかな?私、チョー昔にオリジナルDMにミスプリがあるのに気づき、3人くらいでシール張った記憶があります。大変でした(T_T)。

2007/7/5  23:30

投稿者:瑞穂

>vivnyancoさん

一見、「怪しい感じの中東のホテル」って気がしますね。実は高級と呼ばれる部類のホテルです(BAYの付くホテルって、大体がリゾート系ですもんね)。タイプしたのはいつも営業にいらっしゃってる女性の方じゃないかな〜とは思ってます。
それにしても前述しましたがどうやったらAとBをタイプミスするんだろう(^_^;)?小指と人差し指やん…。「時間ない!」と慌ててしまったんでしょうが、間違える方が不思議かもです。次回はどうなることやら?

2007/7/5  23:25

投稿者:瑞穂

>むぎさん

本当、会社でも「AとBって、間違えないよね〜?普通?」と盛り上がってましたよ。アルファベットのIと数字の1はありがちですがね(間違っててもばれない可能性有りw)。それにしても何て読むんでしょう?イギリス人もアメリカ人も、絶対に読めないと思います。暗号か?とか思われたりして。そして、単純なミスともわからなかったりしてw。
変換ミスならわかるんですがね〜、本当。

2007/7/5  23:21

投稿者:瑞穂

>ゆうさん

ウチんとこは笑って済まされただけでした。果たして誰か営業担当に教えてあげたのかどうか?冬季、同様の企画を持ってきたのですが、その時は気が付かなかったです。終了と同時に全部廃棄しました。今になって思うと、気がかりでなりません(爆。
これをコピーしてお客様に送付してはいないと思いますので(してたら大変だ〜恥ずかしい!)どうやら無事に終了かもしれません(6月いっぱいまでの企画でした)。

2007/7/5  23:18

投稿者:瑞穂

>ムーミンさん

これ、ホテルさんの営業ご担当のタイプミスですので自業自得。会社では大笑いしました。まるでアジアの「変な日本語」のノリでした。業者に作らせて配布した企画書だったら大変な騒ぎだったかも?それに、旅行会社の販売担当しか配られてないのも救いかな?
タイプミスに変換ミス…笑えません。
でもたまに変な変換をしてくれるPCに向かって爆笑してるときもありますよ(^O^)

2007/7/5  22:59

投稿者:番記者!

これってちょっと面白いですけど実際パンフレットに出たら「訂正」ですから、かなり手間がかかりますよね。
しかも自分の会社の名前を間違えたのはちょっと引くかな…。

http://blog.livedoor.jp/longest_journey/

2007/7/5  16:13

投稿者:vivnyanco

情けない・・・何となく中東系のホテルとかに見えちゃう(笑)うっかりなんでしょうけどねー。

http://blog11.fc2.com/vivnyanco/

2007/7/5  7:52

投稿者:むぎ

AとBの間違いですか・・・( ̄∇ ̄;

ありそうで、ほとんどなさそうな間違いですね。
私も変換ミスとか気付かないでプリントするほうなので、
人のことは言えないですが・・・
仕事上の書類は気をつけないと〜と、思いました。

http://www.t-mugi.info/

2007/7/5  0:36

投稿者:ゆう

あ〜。。。
以前の仕事思い出しました(−−)
こうゆう間違いされちゃうと、即アメンドですわw
時差あるから時間かかるし、書類作れなくなっちゃって困りました(涙)。

2007/7/5  0:27

投稿者:ムーミン

これがパンフレット等の間違いだったら大変でしょうね〜(汗)
でも、人間が作るモノだからミスには慎重にならないとね〜(笑)
そう言いつつ、タイプミスを連発する私でした。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ