2010/5/29

墓参ラーと呼ばれる人たち  自費研修旅行

私もだけどね京都霊山護国神社に龍馬さんの墓がありますオバケ

ちょっと笑っちゃったんだけど、墓参り行くのに自動改札を

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

かなりの階段を登ったところに龍馬さんと慎太郎さんのお墓があります。

     クリックすると元のサイズで表示します

さすがにお墓を撮影するのは如何なものかと思って、隣にある銅像だけ…したつもりが

後ろの方に名も無き志士達の墓石が写りこんじゃってますね
この神社は明治天皇の発案で創建された日本発の招魂神社です。
いっちばん高いところには谷原章介…もとい木戸孝允(桂小五郎)ご夫妻のお墓もあります。
ただ見学するだけでなく、手を合わせてほしいなーと思いました

そして、近くには霊山歴史館があります。

      クリックすると元のサイズで表示します

パンフレットのコピーですんませんm(_ _)m
今、「大龍馬展」やってるんですよ。見ごたえありましたよー
私 「この企画終わったら、超龍馬展になるんかいな?」
HAちゃん 「いや、ウルトラ龍馬展かもよ。原点に返って元祖龍馬展とかさ。」
という会話の後ろから、「アタックチャ〜ンス」とか「3年B組 勝先生〜!学校」とか「岩崎弥太郎にヘルシア緑茶茶」とか、まぁ似たような発想の声が…

龍馬さんの最期は慶応3年(1867年)11月。四条河原町のすぐ近く。

       クリックすると元のサイズで表示します

醤油商「近江屋」方にて中岡慎太郎と共に襲われ、暗殺されたそうです。33歳。
今はコンビニになってるんですけどね

海外からの圧力と日本の混乱が渦巻く中、わずか半世紀足らずで改革された明治維新。
近代日本の礎を築いた人々の多くは、20代30代の若者達だったんですね
さて、明日の龍馬伝も楽しみです
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ