2013/8/10

厳美渓  自費研修旅行

一関市内にある磐井川中流の渓谷です。
平泉と抱き合わせで訪れる人が多いですね。

私は…何回目だろうか〜〜??
小学校1年生が最初かな〜〜…

ウチの子どもたちは初めてです。

     クリックすると元のサイズで表示します

     一ノ関駅からバスで20分程度。

     クリックすると元のサイズで表示します

     画像じゃ分かり辛いけど、有名な「郭公だんご」
     「空飛ぶ団子」で有名ですね。

ワイヤーロープでつないだ籠に代金を入れ合図の板を叩くと、対岸の店が注文を聞いて、だんごと茶を提供してくれるというもの。
ただ…地元の人は近くの「いつくしだんご」の方が(以下略。

     クリックすると元のサイズで表示します

     娘、現国の教科書に「厳美渓」が出てきたらしい。
     「おぉ〜、思ったより綺麗だー」
     …「思ったより」って何だ(^_^;)

     クリックすると元のサイズで表示します

     しばし散策。

一ノ関駅の反対側には「猊鼻渓(げいびけい)」もあります。
間違えやすいんで注意注意
本当は猊鼻渓の方に行く予定だったんですが…天気イマイチ
なんで来年にしました。
結局降らなかったんだけどね〜〜
ま、船は来年にとっておきますわ。

厳美郵便局〒で暑中見舞い出して駅へ戻ります


     にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
     
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ