2015/3/6

クメール料理…他  グルメ・クッキング

到着日、ホテルで出された食事(夕食)。
入国早々、異国のお料理を食することになりましてちょいと緊張。

     クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

     暗くてスミマセン(人;´Д`)ゴメンネ
     ごく普通の味の五目炒飯。
     下画像のスープは「サムローコアコー」
     野菜たっぷりのスープで美味しかった

 
そして、アンコール・トム見学後のお昼です。
ベトナムとタイと中華料理を合わせた感じだと聞いてはおりましたが…


     クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

     アンコールワット近くのレストラン。
     カンボジアオムレツ、アモック(ココナッツカレー)、
     そしてサムローモチュー。
     うわ、超名物のカボチャプリン撮り忘れた( _ _ )..........o

     
3日目だったか、予定のない日で町中ブラブラしてて
「お昼ご飯どーする?」と話しながら見つけた

     クリックすると元のサイズで表示します

     娘と顔を合わせて
「ねぇ、ここまで来て日本料理?」
「う〜ん、まぁ、ネタにはなるけどねぇ」

     クリックすると元のサイズで表示します

     って言いながら入る人たち
     これ、ラーメン。7$くらいだったか?

     クリックすると元のサイズで表示します

     天ぷらうどん。6ドルくらいだったか?
ちなみに、カンボジアの通貨は「リエル」ですが、米ドルが主流です。
空港でリエルに両替する必要は全くありません。
肝心の味ですが、の味です、違和感ありません。

そしてその日の夜は、大いに反省をし、よさげなお店を発見。
ナイトマーケット近くの通りに面したところにありました。
     Le Malraux
お店の半分くらい、パティオになっています。
店の前の看板に英語でメニューがありまして確認できるの嬉しい。
どことなくヨーロッパ調な雰囲気でした。

     クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

     娘はパスタスパゲティ、私と息子はピラフ。
     フレッシュフルーツジュースはどこへ行っても美味でした。
雰囲気、居心地がとてもよくてかなり長居しました。
客層は、やっぱ欧米人が多かった。

画像にはありませんが、アブサラダンスを見たときのビュッフェ。
…は何となくイマイチな味でした。空腹を満たすだけ、みたいな。

あと飲茶のお店にも行きました!

     クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

     あと2皿くらい出されて、ボリューミーだったなぁ(^_^;)。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
     
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ