2008/8/29

「雨ニモ負ケズ」  自費研修旅行

…ってタイトルは今日は不謹慎のような気がします
賢治さんはこう書いてますが、ゲリラは危険です!
も危険です。できれば外出は控えてください…。
  そして本文いきます。

  クリックすると元のサイズで表示します
   私、初めてここに来た時は半日以上滞在。
   「宮沢賢治の妹って、亡くなったトシさんだけじゃなかったのね」
   と驚いたもんです。
   そして、賢治って字が下手くそ(爆。
   チェロやバイオリン見て、「裕福だったんだなぁ〜(@_@;)」と思ったり。

  クリックすると元のサイズで表示します
   『童話村』の入り口にはこんなのとか…「銀河鉄道の夜」のイメージ 

  クリックすると元のサイズで表示します
    これは『よだかの星』かな?
   これ、夜はちょっと不気味に光るかもしれませんね(@_@;)。

  しかし…小さい頃から賢治作品でこれだけは苦手でした
  クリックすると元のサイズで表示します
   『月夜の電信柱』の挿絵。これ、オバケだよ!

実家に「雨ニモ負ケズ」の暖簾があります。小学校4年生の時だったか…買ってもらった。
渋い小学生だった私(*^_^*)。
宮沢賢治って、岩手が生んで育んだ、文学者であり科学者であり、思想家であり設計士であり…。
自分が37歳を越えた時、「あ、宮沢賢治が生きてるより長い」と思ったもんです。
   今、外はすごい雷雨です。賢治もかなわないと思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ