2011/1/1

(無題)  

感情が高ぶってるので、間違ってることや自分勝手な言動も入るかと思いますが。

吐き出し。

閲覧注意。
気分が悪くなるかもしれない人は見ないでください。













都合がいいときだけ、親戚と血つながりとか言うけど。

血なんて、ただ繋がってるだけじゃん。

そう言われたら、親なら悲しむのは当然。私だっていやだ。

だけど、血のつながりだけですべて納得いかなきゃいけないなんて、理不尽じゃない。

血のつながりがあっても、そこから育まなきゃいけないもの、あるんじゃない。

私は、息子に私みたいな気持ちもって育ってほしくないから、頑張ってお互いの信頼関係、築いていくつもりだ。

親戚ってだけで、少しでも血が繋がってるってだけで、言われたい放題なのを我慢しないといけないんですか。

その場の空気に合わせないといけないんですか。

息子のこと酷く言われて。
人のこと散々傷つけといて。

謝りもなく、さらにいいわけを重ねるだけで、それを許せと。

もう老い先長くないから、大目にみろと?

大体、ははおやもそう言われたのが嫌で私に連絡してきたんでしょ。

結局、自分よがりじゃん。

昔から、あの人がお金にうるさいのは知ってるさ。

私が知ってるのをははおやも知ってるよね?

どうして、子供のこと信じて、「あの子にはあの子の考えがあります」ぐらいの一つもいってくれないかなぁ。

私は嫁いだから、おばあと縁をきっても…みたいなこといっちゃったけど、じっさい嫁ぎ先でも翔陽くんに対して失礼なこといわれつづけたら、旦那がなんといおうと、離婚しようと縁をきるさ。

翔陽くんにおばあがいなくなるのはかわいそうだとは思うけど、翔陽くんを愛してくれない血のつながりなんて、そっちのがかわいそうだ。


どこを信じろと。
どこに信頼を感じろと。

あの人の考えかたがすきだし尊敬していた。
だけど、ふたあけりゃあただの嘘つきじゃないか。

私にあえばははおやの悪口を、ははおやにあえば子供の悪口を。

いわれてもないことを、「そういったから」といわれたり、つたえたことを「きいてない」といわれたり。
やらなくていいということを甘えると、それをネタに悪口いわれたり。

私は、あの人たちのなにをしんじればいいのでしょう。

我慢しなきゃいけないんですか。
親戚だから。
血が繋がってるから。
老い先が短いから。

気にしないふりして、合わせていかないといけないんでしょうか。

そもそも、息子と一緒にくるなといったのは、そっちでしょうが。
わたしが息子と離れる時間があるとお思いですか。

確実にそっちから、私を突き放しにかかったじゃないですか。

それとも、そんなことは考えてないといわれますか。

年寄りはなにをいっても許されるのですか。

今回のことで、私がどんな思いで、あれでおばあちゃんと会うのが最後だとから、縁をきれてもしかたないとか、考えていたか知らないでしょう。

軽蔑?
勝手にしなさいよ、あなたがそう私を育てたのでしょ。

ここから先の人生、私のことに関してはしょうがないと諦めることばかりなのだと。

でも、息子のことだけは別。

たとえ私が何かで死んでしまっても、しょうがないけど。
息子だけはなんとしても助ける。

それぐらい大事。



息子を受け入れてくれない老人のために、血のつながった老人たちの最後をみとどけれなくても、二度と会えなくても。

仕方ないんだよ。
向こうも、譲歩がないなら仕方ないんだよ。

逆に、それ覚悟で言ってるんでしょ?


ははおやは理解してくれなかったけどね。





お金は返そう。
いくら父親があいだにはいっていたからって。
ぽん、とお年玉もらうように手に入れるんじゃなかった。


これによって、どんなひどい娘だと、ははおやにまたクレームがいくのはしのびないけど。

ははおやもそれをいやがっていたけど。


毎回、子供の悪口を聞かされていたははおやのことを思うと、心が痛む。

ははおやが、子供のことをかんがえて、憤りを感じたか、それとも子供のこうどうを恥じたかしらないが。

だからこそ、一言そえて。
お金を返そう。

どちらにしても、ははおやにはとばっちりがいくと思うが。

最後の、親不孝だ。

おやには、妹もおとうともいる。
私一人ぐらいいなくなっても。
いいだろう。

もし、私が息子にそう言われる日がきたら、とても辛いが。

そうならないように、育てていきたい。

それでも言われる日がくるなら。
私は間違っていると、悔いるしかないと思っている。






以上。
お目汚しをしました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ