2012/11/11

きらめき参観  
 久しぶりに朝方までがんばってペン入れしたぞ〜!
 ってことで、なんとか最後までおおむねペンはいりました。あとはカケアミ&効果線、トーンに仕上げなど終盤に突入です。

 午前中、ちびちびと友達を引率して、駅前のコドモ広場に行って来ました。ついでに隣で門前市をやっていたので、ちんまい雑貨もゲットしてきたぞ。
 帰宅してからちゃまのご飯を急いで作って、午後からは球技大会の練習行きです。
 付け焼刃とはいえ、なんだかちゃんと上達しているのが不思議だなあ。
 コドモってのはこうして何でもさくさく習得してしまうから、本格仕事を伝授されるときの手間隙に打たれるんじゃないかしら。と、おばさん妬んでみる。
 しかも筋肉痛がないんだぜえ、奴ら。きーねたましい〜!

 ところで、昨日はちびちびの学校が土曜授業日兼授業参観でした。
 普段はなかなかいけないお父さん達もちらほら見えていて、親御さんの人数も多い模様。

 ちびちびのクラスは、1時間目が体育館で学年まとめて「百人一首」大会。夏の参観日もそうだったけど、この学年「勝手にプチ大会」が好きだねえ。
 2・3時間目が調理実習で、みんな持ち寄ったお米と味噌で「ご飯と味噌汁」を作りました。
 味噌汁の具は、班で好みを話し合って決めるのだそうな。ちゃんと煮干から出汁をとってたり、ご飯が致命的に焦げ付かないよう耐熱ガラスのお釜で炊いていたりして、楽しそうでした。

 しかし家から持ち寄ったお米は「一人1合」。
そんなに炊いてどうするんだ!?と思っていましたが、ちゃんと食べ切っていましたよ〜。
 男子がこのくらいのオヤツ、へーのぷーなのは判るけれど、女子もほとんどクリアしたのに驚きだ。まあ、11時前後って確かにおなかがすくけどね。
 男子ばかりの班で、やたらとてきぱき進める連中がいて、その手際のよさが面白かった! 隣の女子の班はやたらと丁寧に計ったり確認したりで時間がかかるのに、彼らは
「切るぞ」「おう」「入れて」「これも」
だけの会話で大変進め方が迅速。4合の炊きたてご飯をてんこ盛りにつけて、いい感じの男子飯を食べていました。
 
 それにしても、授業参観が普通の授業だったのって、春先の1回だけだったような気がするなあ。
 やっぱり机で教科書開いてノートとるより、絵を描いたりプールだったりカルタ大会だったりの方が、ぶっちゃけ生徒の熱心度合いが違うからね!
 策士よのう先生。
 
3

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ