2006/4/28

久しぶりに本  
 宅急便をやっと発送。しかし部屋の中はまだ土砂崩れおこしたままです。変だなー。

 原稿が終わったので、しばらくお預けにしていた本を読み出しました。
 まずはベストセラーの「国家の品格」新潮新書の藤原先生の本。やっぱり読みやすく面白く、気持ちの上で大変納得のいく主張をされているけれど、どうだろう、こういう話は「都合のいい部分しか読まない」タイプのどっかの都知事みたいな人に、誤解されたまま絶賛されそうで、ちょっとひやひや。まあ、書いてない行間に余計な煩悩をにじみ読むオタクから、とやかく言われる筋ではないけどな。
 前に小川洋子先生との対談本で、ゆとり教育での数学的欠陥についてアツく語っておられた点が、ここんところのヒットのお陰でかなり改善されているから、先生の恩恵は若い世代にいっているのかもしれませんのう、ずずう(茶)。
 個人的に、こう、頭から湯気をだしているようなおっさんは大好きなので、先生には変な政治家につかまらないようバックステップで活躍していって欲しいと願っております。
 もう1冊は「神道とは何だろうか」PHP新書・鎌田東二著、榛名の本棚から借りてきたおとんの本なんだけど、これはちょっと今いち。お年玉の起源や御柱の信仰についての話は面白かったのだけど、総じて論理の土台になるニュースソースにフィクションを引用したり(しかもアニメだよ…)信仰としての神道と超能力系の不思議ネタを全然分離しないで語るあたりで、多分引いてしまったんだろうと。
 あと寝る前に「白昼の悪魔」ハヤカワのクリスティ。前に読んだし、たしかテレビドラマでも見たはずなんだけど、冒頭の部分(事件が起きる前)までのシーンがそっくりな別の話と混同して、妙に混乱していました。この「何が起きたんだっけか!?」な所が面白いのね、しみじみ…(寝惚けとるんと違うんかい)そういえばクリスティって、殺人の動機は絶対色恋より金を置きたがる人だな。やっぱ多少ぶっとんでても愛情を悪者にしたくないのかな。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ