2006/5/8

採血事件  
 さてGWも終わった所で、日常再開。しかしやはり朝っぱらは、ちびちびが「よーちえんいかないーーー」と大暴れを復活させていました。(仲良しだった子とクラス替えで別々になっちまって以来この調子。早よええ子を見つけろや。)
 午前中は、昨日終わらなかった手紙かきなど家事の合間にやっておりました。あと4件だー。
 ちびちびが帰宅してからは、GW前からどうも咳が止まらなかったので、お医者さんに連れていくことに。ものごっつ元気ではあるのだけど、気管の音が気になるからアレルギーを調べる為血液検査をしましょう。という事になりました。
ひー。それって血ィ抜くって事ですか。大丈夫かな、大暴れして大惨事にならないかしら。
と心配して見ていると、手慣れた看護婦さんがいろいろ話しかけながらぷすっと採血。ちびちびも不思議そうに大人しく話しをしていたのだけど、針をさされた時よりも、注射器に血液が出てきた時の方がたまげたらしく大泣き。
 オヤは牛のように、うわーかわいそうーとうろうろするばかりでしたが、針を抜く頃には泣き止んで「あー痛かったよ」と冷静にコメントするのを見て、ちょっと拍子抜けでした。いやさらっと済んでよかった。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ