2007/1/26

あてにならない  
 原稿は下書真っ最中だというのに、時々無性にやりたくなるのが台割きりであります。せめてペン入れが終わってからにせいや!と思うんだけど、そこは取らぬ狸のうはうは。ささやかな愉しみとして浸らせてくれい。(誰に呟いているのか)
 でもすぐに我に帰ってしまうのは、やっぱりこのアテにならないコンテのせい。なにしろじりじりページが増えていきます。
 理由は簡単、伏線の引き忘れやら台詞不足やら見開き失敗など、大変に初歩的なちっぱいが原因です。
 どうせイキオイだけできったコンテ、こけたりぬけたりはもう仕方ないと判っちゃいるんだけど、今は頼むから7ページ以上増えてくれるな〜!とうなっています。台割が増えたらえらいこっちゃ。いや最早台割で浸っている余裕などびたいちないぞ。
 ついでに下書が終わっても、その後ペン入れがあるんだよー。更に(後略)

 幼稚園の絵本の読み聞かせの会で、新入園児向けに大型紙芝居の公演をやるってんで、ぼちぼち練習が始まりました。アミダであたって私は悪の虫役(声)。
 こういうのは人数が少ないほうがテンポ良くできると思うんだけど、どうやらメンバー全員が参加しなくてはいけないようで、打ち合わせが大変だ。
とりあえず悪の虫よ悪の虫。てんとう虫なんだけどさ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ