2007/3/10

かんぴょうなし  
 先日、御寿司の本を譲っていただいたので、今日はのりまきさんに挑戦してみました。しかし肝心のかんぴょうを食べつくしてしまっていたので、卵だの炒り鰹だの梅干なんかを巻いてみました。ちびちびのお友達のお母さんが風邪でひっくり返ってたというんで、そちらのお昼の分も一緒に作って持っていってもらったので、巻きに巻き!いい練習になったわー。
 しかし寿司って寿司飯の味の程度がなんだかよくわからなくて、一応分量どおりで作るものの、味がこれでいいんだかなんだかさっぱり判りません。私はご飯も海苔も大好きなんで何食べてもおいしいもんだから、垣根が低すぎるんだな。

 思えば会社の保養所に行った時も、上げ膳据え膳な環境に舞い上がって、友達に「大変いいところでした〜」などと勧めてしまったのに、後になって畳が傷んでいていまいちであったとの感想を聞いたりして、ごめんなさいだったりしたからなあ。

 大雑把人生の自分の意見は、ずばり参考になりません。かんぴょうなしの寿司のような人生だな!
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ