2007/6/24

テレビが来た  
 10数年使っていたテレビを、今週ついに買い換えました。
 もう3年くらい前から、電源をいれてもしばらくは画面が縦半分に圧縮された状態で映っていて、ぼこぼこたたくと治る、という症状が出ていたんですが、今はプラズマのお値段がふらふら動きまくっているから、と様子を見ていたのでした。
 そして電化製品おたくのおやびんが、満を持して決断したのが先週頭、テレビが届いたのが一昨日の金曜日。…もともとテレビ大好きなおやびんは、もうすっかり美しい画像のトリコになって、テレビ消してくれません。たのむよ、うるさいんだよ、画面がでっかい分、目がちらちらするからつけっぱなしはやめてくれい、とただでさえ忙しかった今週はぶちきれ寸前でした。
 ああ今一番欲しい電化製品は、ポータブルラジオだよ。テレビ売り場の傍で一個780円で売っていたっけ。ニュースと天気予報をそれで聞ければ十分だから、あのテレビつけっぱなし状態をなんとかしてくれーーーー。
 私とちびちびが並んでブーイングしまくっても、絶対にリモコン手放さないおやびんも、まったく困ったものだけど、ある意味根性があるものだなあ。
0

2007/6/17

季節のたより  
 夏が近づくと野菜が安くなって、お料理もご飯もおいしくて楽しい。台所にはいい季節になりました。八百屋が煌めいてたまらんわ。
 金曜日から色々細かい用事がたてこんで、夜中も明け方も机に向かえませなんだ。ああやれやれ。せめて玉蜀黍でも茹でよう。

ところでBBSが金曜からちょっとお休み中です。更新中になんかいじくっちゃったかな。来週の更新のときに直すとします。
0

2007/6/14

リュックサック  
 ちびちびのリュックサックを買いに行きました。3年前から使っていたリュックがどうにも小さくて、これは夏のお泊り会の荷物は絶対入らないだろうな!ということで、一回り大きいもの。お手頃値段でシンプルなつくりのものだけど、まだ小さいかと心配して帰ったら、でっかすぎるくらいであった。そんなものか。

 通販のためにペーパーのコピーを取り直そうと思ったら、お約束どおり原稿が見つかりません。どこに行ったんだ原稿!
0

2007/6/13

のろいの呪い  
 物入れの整理を(相変わらず)していたら、同人のダンボールの底に、どう見てもぜんぜん覚えの無い本がひょっこり出てきました。なんだろうなんだろう〜とどんなに考えても思い出せず、奥付を見てしばーらく考えてからやっと思い出したよ、忌まわしい過去を!

 それはもう前世紀の出来事。5月の大きいイベントがもうじき終了、宅急便も発送して一息ついて、机の前で友人を待っていた時のことです。二人組みのお嬢さんがやってきて、新刊はありますか?と訊かれたので、今日の持ち込み分はなくなってしまった旨を話してお詫びしました。
 すると「うちの新刊をもらってください」とのことなので、恐縮しつつお礼を言うと、突然ダンボール箱が机の上に!「お友達にも分けてくださいね!」と満面の笑顔で!
 箱を覗くと、どうやらその新刊がぎっしりと詰まっている様子。これは、この後のイベントでも売るものなのでは?と言っても「もうイベントに出る予定がないから」「通販もする予定がないし」…ってこれ300冊以上あるよ!自慢じゃないけど、私の人生でであったすべての友人にばら撒いても、これは捌けそうにありません〜!
 そんな訳でここは説教婆が必要だと思い、同人誌を作るったって、原稿描いた人だけじゃない、紙屋さんだって印刷屋さんだって相応の手間暇をかけて携わってくれて出来上がるものなんだから、ちょっとつまみ食いして赤の他人に丸投げというのはけしからん、云々。と話したところ、大変にしょんぼりされてしまったので、せっかくだから1冊は記念に下さい、あとは宅急便なりカートなりで持ち帰って、書いた当人たちの友達に分けてみては。と話して、お引取り願いました。

 おたくにも色んな人がいたんだなあ、と感慨深く本を開いてみると、ぜんぜん知らないジャンルじゃないかいおい!
にゃろうども、さてはその辺でヒマそうにぶっこいていたおばはんに、可燃ゴミ押し付ける魂胆だったんじゃなかろうな〜!
 と、10年近くたってからの、のろい怒りを燃え上がらせる午後でした。
 
0

2007/6/12

うしろめたい  
 友達から借りた海賊アニメビデオ、夏支度が本格化するといよいよ見られないぞ!と思ったので、夜中にちびっとずつ見始めました。原作読んだときも思ったけど、本当に王道の少年漫画らしい少年漫画だなあ。
 アニメといえば、最近おやびんが録画している「精霊の守り人」も王道ファンタジーで安心して見ております。色合いがきれいでうっとり。
 うっかりとびとび見になってしまっている「地球へ…」も、絵がきれいでうれしいなあ。初めのころはつい原作と比較してしまっていたけど、実際問題原作に忠実に作られたりしたら却っていたたまれなくなって、絶対見ていられないだろうなー、と思うので、程ほどに監督やメディアミックスの都合で改変してくれてありがたいわ…。
 私は色々漫画や小説にはまった人生を送ってきたけれど、もしもはまったそのものずばりをアニメの形でほいと出されてしまったら、多分気まずくなってしまう質なのよ。きっと漫画やアニメにはまることに後ろめたさを感じている世代だからなんだろうなあ。よくもしぶとくおたくを続けているものだ。としみじみ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ