2007/8/30

今頃この映画  
 今日からちびちびは新学期。
 早速イベント申し込みのカットをちまちま描いたり、子供服の仕立て直しをしたり…で終わってしまった午前中でした。8月中はとりあえず園に行くだけだもんな〜。あっという間に帰ってきてしまいます、とほほ!
 それでも昨日まで1日中がっぷり。だったので、かなり気楽にできました。カット描きと縫い物中、おやびんが録画しておいたアニメ映画「イノセンス」を流し見してました。

 私は「甲殻機動隊」を見ていないので、続編にあたるこの話の背景がどうなってるんだかさっぱりわかりませんでしたが、アニメでこんな映像美がたれ流せるなんでなんと豪華な!と惚れ惚れしちゃったよ!しかしカントクが思う様入魂できただけあって、ほんとに環境音楽のような映画でした(バイオレンスなサスペンスの筈なのに)。押井監督の作品って、監督自身は気合をいれたけど不満たらたら、という時のほうが、映画的にはバランスが取れているような気がするな。職人と商品のせめぎあいというやつですわ。これはこれで大変気に入ったけど、だからといっていつでも監督がボロ勝ち、なんてことになったら、映画業界は傾いてしまうことでしょう。
 視聴者的には、ずっとせめぎあっていて欲しいけれど、監督も人の子だから、とりあえずお体をお大事に〜!とおおまじに祈っております。じっさいバランスのいい映画をつくれる人より、圧倒的な映像美で物語を織れる職人のほうが、絶対少ないんだからなあ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ