2009/3/20

前にもあったような反省の事  
 なんとなく原稿の進みっぷりがのそすぎるので、今日は気分転換に在庫整理。
 いやはや、やっぱり狭い部屋に本がみっしり、というのはイヤだなあ。続き物は鬼門だ。と、もう10年以上前からわが身に叩き込まれ続けてる反省を、今日も新たにした次第。ああっ、もう学べよ私!
 もうこれが終わったら、今度こそ巻をまたぐようなかさばる話は描かない!と、ここに誓います。グレイの話が終わったときも、晴れ晴れとそんな事言っていたような気がするけど、いやあの時はまだ反省が足りなかったね、うん。
 何がまずいって、一昨年あたりに燃え上がった番外熱が再燃してしまっている点です。
 これをやると絶対ゴールが遠くなると判っているので、ひたすら見ないふりで凌いでるんですが、ああ王妃さんの若かりし日のどうでもいい読みきりを描きたいなああ。できれば主人公とピグ爺の昔話もなああ。って、ぜんぜん戻ってきていませんな。
 いやとりあえず、棚整理が済んだら、今目の前にある危機原稿をやっつけなくちゃなんですが。

 ところで、1巻目で恐がっていたローズダスト、問題が主人公に移った2巻目中盤からは、びびることもなく楽しく読めました。きっとローレライあたりで、洗ったようにキャラ全滅があったから恐かったのね。3巻目は特にオヤジの格好よさが炸裂していました。
 そういや、ローレライの映画版にはちょっと好みの差があったけど、やっぱり福井小説は、今時辛口ジャパニメ仕様だと思うな!
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ