2009/4/5

そうさく畑と螺鈿迷宮  
 神戸から帰ってきました〜。
 久しぶりのそうさく畑で、昔から変わらないまったりほんわかな雰囲気を、堪能してきました。お越しくださった方、どうもありがとうございました!

 久しぶりの遠出で浮かれて出たものの、前日新神戸に降り立つとがっつり大雨模様。ああなんてこと!これから山に登ってハーブ園に行く計画が〜、と拳を握ったものの、気を取り直して市内の案内を見て、旧居留地のお店を見て大丸でやっていたミロ展も見てまいりました。
 あわててビニール傘を買って行ったんだけど、美術館の入り口で傘を預けていると、通りがかりのご婦人が、余ったチケットを譲ってくださいました。予定総崩れでブルーになっていた気持ちが、もう一気に天国。ああありがとうございます!なんだか学生時代の幸せな思い出も相まって、すっかり今日はいい日だモードに切り替わりました!(単純)
 その後は「家でできないことをやろう」をテーマに、デパ地下で好きなものばかり買い込んで、ホテルで持ち込んだポアロの小説だらだら読みながら、のんびりご飯。なんか描いてみるとしょぼいよな、私の夢。
 明けてイベント当日、一人参加だし地元の友達もみんな足抜けされてしまって寂しいかなーと思っていたけど、お隣さんやお客さん、遠征組の友人と色々話が出来て楽しかったです。久しぶりにオリジナルの同人誌も色々買えたし、充実なイベントでした〜。

 帰りは新幹線駅で、海堂先生の「螺鈿迷宮」文庫をゲトして、大宮あたりまで読んでいました。バチスタ読んだ時は映画広告のせいか、今時の洗練された邦画ヴィジュアルなイメージで、ジェネラルルージュではずばりERな雰囲気だったけど、今回はアレですな。昔の綾辻行人風ちょっと少女漫画テイスト。ナイチンゲールの話と少し齟齬を感じたけど、これ単品で読めばまるっと楽しめる、面白い話でした。主人公がとっぽくてもてもてって、もしや作者の好み?

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ