2009/6/23

フェイント病院行き  
  今日は早朝からちびちびが発熱。ややインフルか!とびびったんですが(最近近所の学校に進出してきていたので)お医者さんに行ってみたら、胃腸炎だったもよう。
 検査に4時間もかかって、先生もちびちびもお疲れ様でありました。

 午後、ひとっ走り町まで行って、原稿用紙を買ってきました。コンテはまだ半分だけど、前半部分絵を入れ始めようと思い立ったのだ。
 しかし暑い1日でした。
2

2009/6/22

湿気た日に思うこと  
 1日お天気が悪くて、湿気まみれな日でした。
 でも思えば学生時代は、こんな天気の日は偏頭痛がひどくて泡ふきそうだったのが、トシをくってみると症状もすっかり治まって、ただうっとおしいだけになったのがありがたい。
 悪いことばかりじゃないねえ、よぼよぼ。(負け惜しみじゃないぞ。強がりだぞ。

2

2009/6/21

アメリカ弱者革命  
 しばらく咳がぬけないなーと思っていたら、今日はがっつり調子をくずしてしまいました。
 午前中ちょりっと買出しに出てから、午後は大人しく横になって本読んでいました。またポアロの「ひらいたトランプ」と「メソポタミア殺人事件」。昨日買った「アメリカ弱者革命」も読了。(フルネームは「報道が教えてくれないアメリカ弱者革命」)
 堤さんの本を読むとしみじみ思う、私達の世代が昔あこがれたアメリカが、今のアメリカ人にとっても「憧れの遠い国」になっているのがとても切ない。そしてここ20年、これだけ逆境にいて尚希望を捨てない人たちの、底力がすごい。
 そういえば、前にアメリカのフードスタンプのニュースを見たとき、震え上がって、「がってん」みたいな番組を流したほうがいいのでは?とか思ったものだけど、ああいう番組は、メディアのチェックをパスできそうにない気がしてきた。
1

2009/6/20

つれづれ週末  
 午前中、自転車で30分のとこにあるローカルデパートにちびちびと出かけ、本とドーナツを買ってきました。
 本は趣味園と、前に新書が面白かった堤未果著「アメリカ弱者革命」(海鳴社刊)、ちびちびに国語辞典。どこで聞きつけたか、辞書に興味を持ってくれて、それはいいんだけど、私のおたく辞書を勝手に持ち出すようになったんで、マイ辞書を買ってやることにしたのだ。
 しかし子供の辞書ってのは単語が太文字だし行も見やすくていいなあ。何なら取り替えてくれないかな。

 午後はちびたちのプールに付き合い、夜は自治会の定例会。夏休みは行事が多くて大変そうだ、うひー。
 コンテは32枚目まで順調。でもこの後はまたコマ割りがむずいアクションなので、きっとここからが本番であろうな。やはり描く絶対量が少ないから、コマの中にうまいこと絵を納められないのでした。

2

2009/6/18

コンテ開始  
 やっとこコンテに入りました〜。ここまでくれば作業は楽しいから、本当なら、厄介なプロットをもっとちゃっちゃと仕上げて、ここからをじっくり取り組めたなら、さぞや漫画描きは楽しいであろうなあ。…などと早速たそがれている場合ではありませんな!
 お絵かきの友、ウィンブルドンが始まる前に、なるべく進めておきたいな。

 午前中、PTAの役員会にでてきました。これで1学期のお役はおおむね終わりです。さくさく進んでよかったー。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ