2010/2/8

久々の図書館  
 午前中、自転車かっとばして図書館に行ってきました。
 明日学校の読み聞かせ当番なんだけど、小学生に読めそうな手ごろな本がなかったもんで。
 昨日探していたのが、中勘助の「鳥の物語」。ひばりの話だったら子供向けにいいかな、と思ったのだ。しかし時間制限が15分で、まったり読んでみたらちょっとオーバーしてしまう模様。仕方ないから普通の児童書を借りてきました。

 ついでに偕成社の八犬伝も2巻まで借りてきました。いやあこれ児童書か?という妖しさ満点な仕様と表紙なんだけど、わりと文章が古風なんでそそられた次第。
 恥ずかしいからカバーかけて読もっと。でも馬琴はちょっと中2風味なくらいの仕様が似合うよね〜。

 昨日買った日高先生の本も読了。子供にも読めるようにやさしい文章で、各章コンパクトにまとめてあるんだけど、学生時代の教授との戦いだの犬の死骸を観察する喜びだの、書いてある内容はしっかり濃ゆい。
 しかしこの人の学問に対する柔らかなふるまいは、ぐっときます。

 昨日の夜から今夜までは、ちまちまと頼まれ物の絵かき。明日届けに行ってきます。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ