2010/5/17

ほのぼの怪談とまじほらー  
 友達が貸してくれた「夏目友人帳」(緑川ゆき・白泉社)をイッキ読み。
 ああイイお話だなあ、ほろり。恐さとふぬけのバランスも絶妙で、読んだ後ちょっと幸せになれるお話ばかりでした。
 で、うっかりイキオイで図書館から借りていた小野不由美の「黒祠の島」もイッキ読み。謎はかなりわかりやすく、起こる事件も折り目正しいスプラッタなんだけど、作家は人間ドラマを丁寧に描いている割に、やっぱり人間も動物の一種として扱ってしまうあたりが公平でちょっと恐い。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ