2010/9/20

棋譜を読む人  
 今年になってちびちびが碁にはまりだし、夏休みの始めに近所のじいちゃん主催の囲碁教室に数日行ってきました。
 やあ、やっぱボードゲームの基本だよね!と思っていたけど、今や私は何度対戦しても全敗です。

 恐るべしじいちゃん教室!

 さっき漫画の「ヒカルの碁」をコピってなにかちみちみやっている…と思って覗き込んだら、杜くんと進藤君の棋譜を一生懸命チェックしていたもよう。
 なんか単行本のどれかで、盤上の石の並びのミスを印刷屋のおっさんが見つけて直した、という話が載っていて、ぶっちゃけ碁石しか描いてないコマをそれ程チェックしている人がいるのかーとびっくりしたけど
気にする人は案外近くにいたのね…
1

2010/9/19

男兄弟のボケとツッコミ  
 今日は親戚の結婚式に行ってきました。
 結婚式自体ものすごーーーーーく久しぶりでしたが、お天気にも恵まれたしいい話も聞けた、いいお式でした。

 式の後、おやびんのお父さん兄弟と少し話す機会があったのでちょっと感想。
 おやびんの父上は、大変真面目で固くて勉強家で趣味も高尚。自分にも身内にも厳しく、不明な点は常にとことん追求するタイプ、とお見受けしておりました。
 しかしその割には、家族の反応はわりかしゆるいというか、ハイハイアラアラというか、つまりあんまり深刻でありません。
 今回お父上5人兄弟が揃って話しているのを見て、なんとなくノリが飲み込めました。なにかこう、うっかりちゃっかりテイストが共通しているのですな。
 皆さんきびきび話しているけど、ぼこぼこツッコミもしまくっていて、なるほど男兄弟のノリとはこういうものなのね。
 少し新鮮。
0

2010/9/18

まじ服  
 今日はものすごく久しぶりに、ちゃんとした服を買いに出かけました。
 なにか今世紀に入ってから、かしこまった席に出る機会が少なかったので、大昔に買った「おばはんになっても無難な服」ばかりを着まわしていたんだけどな。
 さすがに10年間、記念写真が残る場所で同じ服ばかり着ているのはまずい。と思い立って買ってきた次第。ああ疲れた。
 ベルメ○ンでもネット通販でも、家具食器子供服以外、食指が動いたためしがないので弱ったよ…しかし「自分のかしこまった姿を全く想像できません」と堂々と言う客に、それじゃあ普段着にも着まわしやすいのを、を見繕ってくだすったお店の方、まことにありがとうございます。

 午後はまま仲間がきて、だんごを作って食べました〜。
 ちびたちもみんなで工作やったりもやしもんごっこしたり外かけまわったりして、まことにのどかな1日でした。
 
2

2010/9/17

きなくさい  
 最近近所で放火が続いています。
 9月の初めには200メートルばかり離れた集合住宅に、一昨日はすぐ裏のお家の車に火をつけられ、深夜に爆発。ご近所おおさわぎでした。
 どちらも真夜中に点けているんで、大変おっかないです。
 というわけで、家の周りで可燃物になりそうなものが無いか物色中。でもバイクや車や自転車に火をつけられたらどうしようもないな。おのれ。

0

2010/9/15

マニュアル通り  
 今日友人と会ったとき、
「昔なじみの友達の縁を、ついにぶったぎった」話を聴きました。
 長い付き合いだったけど、どうもまずい系販売組織にはまってしまったらしく、しぶとく購入を勧めてくるらし。
 その勧めかたというか、送られてくるメールの文面があまりに気色悪いので、
「もうだめだと思った。」と言って見せてくれました。

「いつもあなたの幸せを考えているし、私に出来ることがあればどんな事でもやりたいし、役にたてるだけで幸せを感じる、そんな大事な友達だと思っているし一生のつきあいだらだらだら〜」

 友人はさぶいぼたてて、昔はこんな変なセリフ吐く奴じゃなかったし、30すぎてこんな事言ってくる事自体、気持ち悪い!と怒っていました。
 うひー。たしかにキモチが悪い。
 しかし、似たようなセリフを昔きいたな。
 きっとこの友達は、何かイヤな事があったか、向き合いたくない状況に陥ってるんだよ。
 そして、ここに並べ立てたような、歯の浮くようなセリフを、誰かから言って欲しくてアタマの中で組み立て、それを逆に自分が他人に対して言うことで、自分の現状から目を逸らせようとしてるんじゃないんかな。
 この友達がこんな白馬の王子様的奴隷を欲しがっているうちは、遠方の友としてできることな無いと思うから、距離おいておいたほうがいいだろうなあ。

 昔、やっぱりおんなじような事を言ってきた人がいました。(いや、ほんとに判で押したように同じだった)
 深夜2時ごろになると電話かけてきて、そんなセリフを繰り返して、聞いているこちらは何と答えりゃいいんだか全く判らず、はあとかそうなんですか、と相槌うってるだけなんだけど、
「何かあったんですか」と聞くと、いきなりぶちっと切られるんだ。
 それでまたひと月くらいしたら、同じような電話を深夜にかけてくるので、勝手に恐怖新聞と名づけていました。
 でも2年くらいたって共通の知人から、当時その人がいろいろテンパっていたと聞いて、初めて「誰かに言ってもらいたかったセリフを並べてたんだな」と気付きました。

 遠くの他人に毒吐くよりも、目の前の問題に手をつけんかい!
 とは思うけど、人間そうてきぱきもできないもんなのかな。
 とりあえず第三者は、恐怖新聞だと思って、受け流すしかないかと思います。
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ