2011/8/3

鞍馬天狗を読む  
 旅行中は移動時間が多かったので、ここは厚めの本を持っていこう!と縫い物本と一緒に大仏次郎の「鞍馬天狗」を2冊、図書館から借りてきていました
 戦前の小説だしちょうど今時の少年マンガテイストいっぱいの活劇なんだけど、これって文章が激烈上手なんじゃ?と感心してしまいました。いや天下のオサラギになんてことをと言われそうだけど、私は今まで読んだことが無かったのだ。(おとんが「天皇の世紀」とかぎっしり持っていたのになあ)
 ですます調なのにセンテンスも短くて歯切れよく、話のひねりにもうちょっと〜とか思うところはあるものの、文の流れがとても格好良くきれい
 いや同時代で読んだ本が中井英夫とか江戸川乱歩とか、ちょっと変だろあんたたち系という乏しさのせいなのかもしれないけど、それにしてもあの頃の新聞記事の変な美文陶酔調の文章しか知らなかった私には、こんなちゃんとした小説が、しかも子供向けで書かれてたんじゃん!とびっくりなんでした。
 今度榛名に行ったときに、おとんの蔵書を借りてこよう
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ