2012/3/12

今頃ですが「保険室の死神」  
 今日はお昼に友達が遊びに来てくれました。
 「夏目」話やフェイスブックやブラックジャックや震災以降の話をいろいろ喋くって、あやしうこそものぐるほしけれな午後であったことよ〜。
 話ができるとなんだか元気になるよ!ありがとうございました〜!

 進捗状況、ペン入れは細かい書き込み以外が終わりました。明日には仕上げとベタ塗りまでいきたいなっと。
 セリフも打ち込んだぞ。
 しかし、未だにそうさく畑の通知が来ないんだけど大丈夫かなー。今週末までには届くといいなけどな!

 「保健室の死神」(藍本松・集英社刊)を一気に読み返し。
 前に3巻くらいまで読んだ時、ネタ自体精神敵ものだからこのままイタい方に行くのかなーと思っていたけれど、その後想像以上に先生の卑屈パワーがみなぎってくれたおかげで、ぐっと面白くなってましたー!
 絵のエロっぷりすら、なんかもういいやってくらい可笑しかったよ…
 作者はコメントで(エロキャラの)「安田は出過ぎると飽きる」とか冷静っぽく書いてはいたけれど、でもほんとはすごく安田に感情移入していたでしょう!
 終盤先生ピンチ!の時、絶花先生と一緒にほとんどモブっぽかった教頭先生まで助けにきてくれたりする細かいところ、愛がマメでほろりとしたよ!
 おばさん的には、パンチラしつけー!と思うんだけど、もうこれがすごく楽しそうに描かれているから、うん。なんか…
 最終話、いいお話でした。(中略!?)
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ