2012/12/16

選挙日の悶々  
 午前中選挙に行って、くさくさと帰ってきたら、ちびちびが友達と将棋やっていました。
 あんまり静かだから公園にでもいってたかと思った。

 気分転換にナベを磨き始めました。今年のサビは今年中に落とすYO!
 選挙の時期になるとほんとにアンニュイになるからイヤなのだ。
 最低賃金の撤廃(維新)をしたらブラック企業はうはうはだから、喜んで投票するんだろなくそうとか、公共事業への税金投入を再開(自民)を普通に公約しているのをきくと、いやもう搾り取ろうにも庶民からはきびしいんじゃ?とか、理想をかかげても実行びたいちできない(民主)とか。
 もう主張を聞けばきくほど、「その管轄は政治家の仕事じゃない!ヤクザの領分だろ!」な声が鳴り響いてて心が折れるよ…。

 しかしただでも折れそうな時期にしつこく(いや2度だけだけど)電話かけてきおった○○実現党!今回も落ちまくってざまあかんかんYO!
「直接電話は困ります」
「いえ、電話勧誘はOKなんですよ」
「私が迷惑なので」ちーん。

あーーくさくさくさ。

5

2012/12/15

のんびり休日  
 ちびちび、朝から友達と初映画行き。
 バス時間調べて気合入れて出かけていきました。

 
 ちゃまは1日寝ていたらだいぶ復活した模様。
 1日お布団でDVD見てすごしていたので、知らない人が見たら寝くたれ父さんみたいだったけど、とにかく調子がもどってよかったよかった。

 夕方ちびちびははしゃいで帰宅。映画館もポップコーンもフードコートのお昼も楽しかった〜!
 って、映画は?ときいたら「うう〜ん」だそうよ。いきなり妖怪人間はハードル超えにくいと思ったYO!

 明日は選挙。ああ、ほんとに暗澹とした気持ち。
1

2012/12/14

季節到来  
 午前中、ボランティアの読み聞かせ当番の会合で学校へ。
 来年元締めクラスなんで忘れず来るように〜と召集がかかって、いろいろ引き継ぎをしてもらってきました。
 今まで枯れ木も山の賑わいと思ってほにゃららと参加していたけど、いろいろやることがあったんだね〜。
 でもだいたい今までやってきた委員会等の作業と、段取り&アイテムは一緒だからなんとかなりそうです。

 お昼過ぎに終わってから急いで帰宅。
 なぜならちゃまが風邪っぴきでお休みだったのさ!いやー突入してしまったか、風邪の季節
 昼飯にすいとん作ったけど、食べられないってんでりんごにしました。どうやらおなかにくる風邪のようだYO!気をつけねば。

 週末に榛名に行くぞー!と吼えていたけど(ちゃまが)こりゃ無理っぽいですね。
 この12月は気合の入った寒さだから私はちょっと腰がひけていたのよ、ほほほ。
1

2012/12/12

メカメカしい  
 コピー本の製本を仕上げて、紙の在庫を整理しました
 冬の荷物の支度を始める前に、オフラインのペーパーも作るんだったよ。これを刷ったら箱詰め開始しよう。

 山の家にある炊飯器がいまいち調子が悪いってんで、ちゃまが新しいのを買ってきました。
 うちの炊飯器を山に持っていって、我が家で新しいのを使うんだ〜…だそうなんだけど、ちゃまの好みってごついんだよね〜。
 レンジに引き続き、炊飯器も一回りでっかく存在感たっぷりなシルバーに!
 炊きあがりが7段変則で選べるとか、凝ったことはせんでいいから、もうちっとシンプルなのをプリーズ。というか炊き込みご飯とか玄米の時は炊飯ナベで十分なんだぜ。
 家電開発室とおばさんの好みの間に、微妙な溝を感じてしまうYO!

 ちびちびは、本日学力テストだったと言って帰ってきました。
 そんで、どうだったんだときいたら「いやあばっちりだったよ!」

 おまい、ほんとにおおらかな奴だなああ。
2

2012/12/11

これにて一巻の終わり  
 今日は記念事業の反省会で学校へ〜。いよいよこれで活動もシメですな。
 各部からそれぞれ、活動内容・反省点を話して、資料を本部に提出しました。

 当日はけっこう学校の先生方がテンパっていたようだから、やっぱり表舞台で忙しいのは先生方だねえ。でもそれも、一人の先生ががめつく仕事を抱え込まないで、学年ごとなり担任ない先生なりにきちんと振り分ければいいのに〜…と思っていたら、やっぱそんな意見が担当の先生から出されました。

 部長親分はふだんどんなに吼えても、公の場所では理性ばりばりのオトナな発言になるので、ぶっちゃけ今回もスケジュールだけ言ってお疲れ様でした。で終わるのかなあと思っていました(心のタケは文書で書いたろうし)。
 だけどやっぱり、この運営のやり方だと実際に生活している児童の父母の作業としては不適切だったYO!という問題を淡々と報告してくれて、いやほんとにマジGJ!!!

 気になったのは式典当日、係りの人が控え室でお茶のんでいる間中、かわりに受付案内をさせられまくった相方さんたちに、当の係りの人たちが「大人の判断で働いてくれてありがとう」とかフツーに言ってるのだ。よそごとながらついカッツィーン!としてしまったよ!
 なにその「よきにはからえ」的な上から目線!

 それで思い出した、会社勤めしていた頃、友達が悪女についての定義を話してたんだ。

 真の悪女ってのは男にたかって女を軽蔑するようなへぼいワルじゃないんだって。
 利用された人間が「あの人も精一杯やったけど至らなかったから仕方ないね」と思わせながら、要領よく無償で人を利用する人のことだそうな。
 それって、ただの要領いい人であって男でもありうるんじゃ?ときいたら、男はいい結果を求めるときにその手を使うから、後で相手から「利用された」ってバレるけど、女は結果に関わらずその場をしのぐのにその手を使うから、利用した後も心象を崩さない、だから悪女ってんだYO!とのことでした。
 え〜、深いなー、でもそれ、人の好意の協力を求めるのとどう違うの?
 それは単純に、きちんと感謝するか、ただあったこととして流されるか、の違いだね。
 デメリットの少ない被害ってことだね。
 そう思って甘く見てると、大事で足をすくわれるから気をつけなさいよ。悪女のミソは被害者の被害にあるんじゃなくて、加害者が罪悪感なしに行動することだよ。結果に深刻な被害が出ても、悪女は他人事で「かわいそうだね」と言ってのけるよ。

 会社って怖いなあ、と思ったタメになる話でした。
 よもや会社を離脱して十年以上たってから思い出すとは思わなんだけど、悪女というからなんかしめっぽいイメージになるものの、これは本来ちゃっかり者っていうんじゃないのかな。と思った次第。

 ちゃっかりしてるんじゃねえええ!!!
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ