2013/1/10

雑考  
 大阪市で体罰が原因で高校生が自殺したニュース雑考。

 体罰って受けた側からすると、痛みだけが残って肝心の頭が働かなくなるので、効くと思ってやっている側とはすごい齟齬があると思います。
 それでもなくならないのは、体罰を受けた側がその場またはそれ以後萎縮して、あしらいやすくなるからなんだろうな。でもそれは対等な人の成長が望めないような気がするよ。
 なんにせよ、悪意のない暴力ってのは、悪意でかます暴力より厄介かと。

 少し前に、学生の知り合いちゃんから部活の理不尽をぽろっときいたのだ。
 部活のコーチがご年配な熱血じいさんで、何かあるとながなが罵倒するんだけど、そのタイミングがいちいち変という話。
 試合の朝、生徒全員が校門の前で挨拶しても、お年だからか聞こえなくて無視していっちゃうのに、あとで「朝の挨拶もできんとはおまえら全員クズだ」と部長を引っ張ってって責めるとか、授業時間が変更になった日に、生徒がいつもの時間に集まらないとやっぱり罵倒しつづけ、部長をひっぱtt(略)
 もちろん事情をあらかじめ説明しているんだけど、どうも精神でなんとかなると信じている系らしい。熱血はある意味宗教だな。
 そのせいかどうか、部活の生徒同士はとても仲がよくて信頼が厚いんだそうな。

 その時居合わせた現役学生さんやその親御さんは「そうそうまったくその通りだよねー!」とぶんぶん頷いていたから、こういう風潮はかなり一般的に蔓延しているんじゃないかと思います。

 生徒を自殺に追い込んだ先生も、それまで大会などで高い実績を上げてきたから、人の道に外れた行為をしても自分は許されると勘違いしたんだろうけど、それは本人だけじゃなくて、周囲の当事者たちがゆっくり育ててしまったところもあるんじゃないかな。
 悪いことをするのは嫌い、だけど悪い行為をする人を許し続ける人も、やっぱ同調という名の悪人醸造だと思うのよ。

 私たちは同調しすぎるのかもしれない。積極的に同調させようとする人はもってのほかだけど、そうでなくとももうちょっと意識をもって突っ込み続ける覚悟がいるのかも。

(いや、個人的に立場をかさに着て子どもを殴る大人ってのは大っっっ嫌いだけどな。)


4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ