2014/5/16

怖い怖いとぼやく  
 しばらく前からニュースのトップにきていた、「政府が集団的自衛権の行使を可能にする提言」がいよいよかたまってしまった模様。
 思えば去年から憲法9条をとっぱらおうとかそれがだめなら96条から取り崩そうとか、変な方にブレない首相だったけど、ここまできてしまうとチビり屋の私は怖い怖いとびびっています。

 政治の計算とか裏表はさっぱり判らないタチだけど、実例に挙げられているのがいつも中東話ばかりなのがよく判らないな。
 素人アタマでも、今一番新規で戦争始めようとする心配がある国は北朝鮮じゃないかと思うし、だったら相手は休戦中の韓国の可能性が高いよね。万一始まっちゃったら先の朝鮮戦争の時にイニシアチブとったアメリカが手を出すだろうから、日本が戦争するとしたら守る相手は韓国になるのか。そんな事になったら絶対中国とかロシアだって何かするだろうし、今はこの2国は世界のエネルギーの元栓握ってるからそしたら世界規模の戦争になってわあもう逃げるところもないよ!!!つるかめつるかめ。

という訳でかなり乱暴な連想ですが怖くてたまりません。
どんなにグローバル化が進んでも、一党独裁型の政治やってる国は価値観違うもの!
 日本は震災で多くの命が失われて経済だけじゃなく沢山の国民の心にも大打撃を受けたし、韓国だって200人以上の犠牲者が出た船の事故で国が意気消沈してしまったけど、中国は国家の暴力に耐性があるからそういうダメージ少ないと思うのよ。毛沢東の東征で7万人以上が亡くなったのに「8千人生き残ったから成功」ってことになるし、文革ではたった3年で70万人が殺されたし、3年前の新幹線事故だって1500人以上が乗っていたはずの電車で、高架から車体が落ちる程の惨事だったのになぜか死者40名ってむちゃぶりしても言論統制したら年内には落ち着いてしまうほどのパワフルメンタルだよ!
 だから中国人が嫌いってんじゃなくて、政府の理不尽に対しての耐性が強い中国の人と人命重視の日本の人とが、対話とか経済駆引き以外で(ぶっちゃけ武力で)ケンカしても勝てっこないって。
 今よりずっとずっと対日感情がささくれていた前世紀に、田中・大平コンビは外交の力で対話を始めたのに(それも恐ろしく大変だったそうだけど)どうしてアベシは政治の仕事をしないで通り易い危険な道ばかり整備しようとするかな。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ