2014/9/10

月夜雑考  
 プロット一回こけてやり直し、前半だいぶ詰まったから今度はいけるかも。
 なんだか根が貧乏性だから、どうでもいい細かいところがどうにも気になって話がだるだるしてしまうのがいけない。交通費とか電源どうしようとか。

 昨日はいい満月。群雲かかっていたけれど写真を撮ってみる。

クリックすると元のサイズで表示します

 ところで、月がまぶしいと星がよく見えない困った老眼。そういえば、弱い光を探すときは、目の焦点を合わせたところじゃなく視界の隅っこで探せって福岡先生の本に書いてあったな。
と、意識して隅っこで星を探すと、ほんとにちゃんと見つかります。すごいな〜。
 思えばむやみに目だけはよかった子どもの頃、夜の方角を確かめるときはオリオンかスバルをさがしたものです。
 目印的にはオリオンの3つ星の方が見つけ易いけれど、スバルのあの小さな星のかたまりは、水の底で小魚がたむろっているみたいで大好きだったのだ。

 スバルで思い出す漫画が山田章博氏のタマノビスマル(漢字がわからない…)。プレアデス球状星団の別名の宇宙人が悪魔の家に居候するほのぼの漫画で大好きだったのだ。
 高校時代、初めて見たコスプレイヤーの人がこの宇宙人のコスをしていて、あんまり似合っていたので「すごい!そっくり!」と感激したのに、イベント会場の舞台で名乗っても反応が「???」って感じで受けてなくて切なかったな。

今日の鳥さん

水浴びをしている最中にこっそり巣を激写。

クリックすると元のサイズで表示します

ティッシュ箱から失敬した紙が、案外ちゃんと敷き詰めててえらいわキンカーズ。無精卵でごめんだけど。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ