2014/9/20

「生物部な毎日」  
 ちびちびがもらった岩波ジュニア新書の本「理系アナ枡太一の生物部な毎日」、ちびちびが読み終わったっていうのでうきうき借りて読んでみました。いやあ、面白かった!

 昆虫好き少年がカガクシャに憧れて大学で生物を勉強して、でも色々壁にぶつかってアナウンサーになるまでの日々を、とにかくイキモノに関わる面で延々語った楽しい本。
 さすがアナウンサー、言葉がキャッチーでしかもセンテンスが短くてほんとに読みやすい!
 でもなによりこの本、というか語り手のキャラのツボは、鋭い発想やひらめきが一切なくて、とにかくにじにじと問題を手前から切り崩していく弛みない行動力です。(それでしょっちゅう生物部の後輩にあのときごめんを繰り返してるのがまた素敵。)
 しかしどんなにローペースでも、行動することを止めないっていうのはすごいことだと思うのよ。

 いろんな生き物と長くゆっくり濃くつきあって、ものすごく少しずつわかろうとする努力を続ける。費やした労力の結果がとてもささやかなものでも、それが世界への理解のひとかけらになることに価値を見出す。
 これってよっぽど自分の行動に自覚的じゃないと、なかなか維持できないことじゃないかと思うのだ。
 私なんかはしょっちゅう「何やってんだろ自分」とか「ゴールが見えない…」とか足元を忘れて遠くを見て眩暈起こすもんなあ。

 ともあれ、その行動が公園の高低差調査とかアナゴ取りとかアサリの稚貝カウントとかほんとに地味なのが面白い。生物部ってナニやってる部だろうと昔思っていた、ごめんなさいな本でした。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ