2015/3/18

地産地消宗教?  
 先だって読んだ「聖書考古学」で思い出したことをつらつら。

 20年くらい前に読んだ京極夏彦の小説の中で「中禅寺が軍部にいた時、宗教の戦争利用の計画を進められて困った」エピソードがありました。
 キリスト教やイスラム教みたいな世界宗教は、どんな地位でも国籍でも信仰すればウエルカムという宗教だけど、日本の神道は「日本に住む人」用の地域限定宗教で、たとえ世界に広げても効能は日本限定だYO!というもの。だから征服欲に燃えた軍部のお役には立てないけど、どこからつっこむべきかと困るって思い出話でした。
 キリスト教の母体になったユダヤ教も、あくまでご利益はユダヤ人限定だったもんね。なるほど、線引きはちゃんとあったんだな、と納得したのでした。
 本来宗教ってのはそういう「地域の安定」「精神的支柱」としてあったんだろうけど、昨今の新興宗教は対象が地域よりさらにニッチになってきてややこい。

 昨今「戦前の教育勅語を復活させれば教育基本法改正もしなくていい」とか八紘一宇とか真顔で話し合っているのをTVで見てびびり、オウム事件その後のニュースを見てびびり、もう大変です。
 ここにあるのは信仰じゃなくて仲間意識とご利益の問題だね?なのに問題がまぜっかえされてないかい?とアタマ抱えることしばし。もしかして私の言葉の認識が間違ってるんだろうか。

 話変わって、新聞のオピニオン面にあったロレッタ・ナポリオーニさんの記事がよかった。
 質問・編集している新聞屋さんがなぜか超上から目線だったのがちょい謎。

2

2015/3/17

開拓者たち   
 昨日は風邪をひいて寝ておりました。
 毎度季節の変わり目にはくるから、寄る年波だわ〜とお布団にくるまって、小鳥だけフリーに放しておりました。
 今日は無事復活。昨日洗って取り込みっぱなしだった洗濯物をたたもうと思ってふと見ると、

 洗濯物の山のてっぺんに卵が2個ころんとな。

 あんたーち、わしの目を盗んでこんなとこまで隠れ家にしたね!?
 むう、恐るべし鳥さん!

 という訳で、今日は放鳥禁止令〜。やっぱりフリーダムにしすぎはいけないね!ってことで、替わりにお天気もよかったのでカゴごと日向ぼっこしてもらいました。
 いい日和なので、鳥さんはまっふ〜と日向ぼっこしてるんだけど、私が見ていることに気がつくとみーみー「出してください」コールを始めてしまいます。うう、かわいい写真が撮れない…

 粟穂がきれてしまったのでホームセンターに買いに行ったついでに、お花の苗もちみっとゲット。玄関先の植木鉢にそろそろお花を添えたいなってことで。
1

2015/3/15

守護神つき。   
 本日は春のコミックシティですが、私は参加せず。かわりにちびちびが指折り数えて待っていました。楽しみにしていたアンソロが出るから買いに行くべく、時刻表だの交通費だのカタログ代だのを調べてwktkしてたのだ。
 いよいよ今日だ〜と早起きして弁当持って出かけていきました。はーやれやれ。と朝ごはん食べてから部屋の掃除を始めたら、ざぶとんの下にちびちびのお財布がころん。
 餃子市からイベント会場までは遠いから、交通費にうっかり手をつけないようにと、ちびちび財布を別にしていたのですな。そして交通費+カタログ代の入った財布だけを持って出撃していった模様。

 どこからつっこめばいいんでしょうか!!

 一緒に行った友達が親子ケータイ持っていると聞いていたので、友母さんにかくかくしかじかで、よかったら連絡とってもらえまいかと伺ったところ、コールバックがあって
「ちびちびちゃん、買い物用のお財布は忘れたみたいだけど、鞄にお年玉が残っていたからそれで買い物できたみたい」だそうな。
 なんという強運。今度こそ奴が己の不覚に悶絶する姿が拝めるかと思ったけど、おたくの神の加護があったか。

今日の鳥さん。

 今まで壁にかかった薄い額縁には止まろうとしていたのに、まったく興味を示さなかったアイアン釣り棚をついに発見してしまいました。
 うわー、ごっつい観葉植物だからよけておいたほうがいいかしら。
 …と思ったら、植木鉢の足元で「秘密基地けってい」の歓声。うん、狭いところ好きだもんね。

クリックすると元のサイズで表示します
 いいねいいね。
 後ろも通れるみたいよ。
クリックすると元のサイズで表示します

 おや?なんかいる…
クリックすると元のサイズで表示します

 これは!まつぼっくりというものだね! 
 物知りだねおねいちゃん!
クリックすると元のサイズで表示します

 ほんとはおかんが旅行土産にくれた、木の皮で作った鳥さんの飾り物です。(ぶら下げる紐がひっかかると危ないので寝かせてある)
2

2015/3/13

ニュースと本のこと。  
 昨日コドモの持ち帰ったプリントの中に、ヤフーニュースのコピーが入っていて、震災追悼式遺族代表の女の子の書いた文章の記事でした。
 津波に襲われて動けない母を置いて逃げた経験を、自己憐憫をとことん排して綴った文章で、その決意に打たれた反面、この人は(震災に遭った)15歳で子供であることをやめてしまったんだなとその経験の重さに粛然としました。
 震災関連の記事は他にもいろいろあったのに、学校がこれを選んだのはやっぱりこの年代だからなのかな、ひるがえって自分だったらと生徒に考えて欲しかったのかな。とつらつら思いました。

 先日買ってきた本読了。

「戦争プロパガンダ10の法則」(アンヌ・モレリ著)
 戦争プロパガンダのずばりフラグ一覧。
 ブリュッセル自由大学で「歴史批評」の講義のたたき台に、90年前のポンソンビー著「戦時の嘘」の10の主張をもとに、第一次大戦から現在進行形の戦争(戦前の煽り含)に至るまで実際に使われたプロパガンダを検証した本。
 今は90年前と違ってニュースの速度もネットの情報も増えてはいるけれど、まんまと踊らされまくってしまう反応は90年前とさっぱり変わっていないのがおっかない(メディアの自粛やネットたたきなど)。
 メディアリテラシーの基本に、易しく読みやすい1冊でした。


「聖書考古学」(長谷川修一著)
 本屋さんで立ち読みをしたら面白そうだったので衝動買いしました。新書本はこのパターン多し。
 学生時代、どうせ毎日聖書を読む羽目になってるんだからいっそがっつり読んでみようと旧約聖書にチャレンジ。したらなんだか、古事記や日本書紀みたいにファンタジーの皮をかぶった民族史みたいかMO?と思って、古代オリエント資料を集めてみたのだ。
 「父祖の話」「王たちの話」とかの事件やキャラ(…)や時代背景なんかは大変面白かったけど、実際ほんとにその時代なのか肝心な時系列がわからなくてもやっとしていたのね。
 この本では、発掘で得た新情報や、同じく紀元前のアッシリア碑文に照らし合わせた資料を集め、判らない事はわからないなりにいろんな計り方を丁寧に並べてくれて読みやすいのYO!更に伝説が構成される仕様も大変公平に説明してあったのが面白かった!
 ネタが宗教の正典なだけに、突っかかられることも止められる事も多いみたいで大変そうだけど、そういうディフェンスをくぐり抜けて更に「自分のものの見方は常に中立だ」と思い込むことがもう自分を見失っている証拠、みたいに常に慎重に立ち位置を計りながら考えようって姿勢に、とっても感じ入りました。
 昨今、いろんなジャンルの研究者の残念な踏み外しが話題になるけど、この「自分を疑い続ける姿勢」が学者さんの尊敬ポイントだと思うのYO!
2

2015/3/12

かしこくなる。  
 亀よりのろい原稿中であります。今までこんなにのそかったことがあったろうか!?(けっこうあった。)
 表紙書いて文章書いてトーン貼りはじめたあたりでガス欠になった模様。一日4〜5枚(仕上げだけで)のペースだYO!集中しないときはお掃除始めたりご飯の下ごしらえしたりするので、ここんとこ晩御飯が充実。
 やっぱりおたくは夜原稿を描かないとだめなのかも知れませんな。部屋をコドモに明け渡したわたくしの敗北かもよ〜。

今日の鳥さん

 最近は2羽とも放鳥時間を切り上げたくないらしく、おなかがすいたらゴミ箱とか棚の下にこぼれた粟粒などをせっせと探すようになりました。
 むう猪口才な。と背後から「これこれ」と声をかけたらあわててカゴの側にとまってぷーぷー抗議。

クリックすると元のサイズで表示します

 カゴの扉を開けたらしぶしぶ入ってくれるんだけどね。ひと通りご飯を食べ終わったら入り口の止まり木に並んで大きい声で呼ばわります。ああかわいい。

 ところで、ぷーさんなんだけど、最近ちょっぴり胸バーっぽく黒い縁つきの羽が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

 ちみっとね。お陰で、正面向きで顔を羽にうずめる毛玉ポーズでも見分けられるようになりました。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ