2015/7/13

いろいろ進める  
 原稿続き。レイアウトページやちんまい4コマページのペン入れをちまちまやっています。
 今回は隙間を多めにとって、冬から春にかけて描いてた絵を入れようと思っていたんだけど、いざ取り出してみたら、どれもまっふまふに着込んでいて大変暑苦しいことが判明。
 気を取り直して夏っぽい絵を描こう!

 榛名で収穫してきた梅の実でジャムを作りました。
 早く加工しないと痛んじゃうからね!と暑い中大なべ2つ出してきてことこと煮込みました〜。

クリックすると元のサイズで表示します

 けっこう酸味がはっきりしたお味になりました。今年の梅はつっぱいYO!
 夏ばて予防に頂くとしよう。

 安保法案のニュースが流れるたびに暗澹としてしまうんだけど、それでも今の内閣は40%以上の支持があるんだね。
 だいぶ古めだけど毎日新聞のサイトの記事をひいておこう、メモメモ。個人的にはとても判り易かった。

 夕方、学校の編集用に部活動写真を撮りにいきました。親分が職員室に話を通してくれていたので、顧問の先生にもするっと許可をもらえてありがたし。
 祝辞の原稿もぼちぼち集まってきたようでUSBに入れてもらえたので、明日もう一度学校に行って打ち合わせする際プリントアウトすれば、担当さんにも渡せるかなっと。(うちのパソコンでは開かない書式もあるから)
1

2015/7/12

冒険心  
 昨日の晩から榛名行き、梅雨が明けた途端の真夏日で干上がりそうでしたが、がんばって庭仕事してきました。
 悶々している時はがっつり働いてアタマしきり直すのがいいね〜としみじみ。

今日の鳥さん。

 別荘に来ると、お掃除や布団干しやらでカゴから出られない時間が長いのがふまーーーんなぷーさん。

 せっかく探検できるところにきたのに、だめじゃないですか。
クリックすると元のサイズで表示します

 でもわたし、さっき網戸にぼいんしちゃってびびりました。 えっそうなの?
クリックすると元のサイズで表示します

 こわいチャレンジしないでぽーさん!
 妹ちゃんはびびりな割に、開拓精神は旺盛で、はらはら見守っていますよ!

 庭日記も更新しました。
1

2015/7/10

必殺技インフレ  
 …ってドラ○ンボールやキン○マンとかでよくあったよね!

 というのを昨夜ふと思い出したんだ、ちゃまが録画し溜めた海外ドラマを見ている間。

 殺人事件モノや心理捜査モノなんだけど、人気があるドラマはだんだんシーズンが進むにつれて、残虐猟奇度があがってきてストーリーで捻るポイントが減っているような気がしたのだ。
 共通点は男性主人公への極端なストレス。(カーク船長位置の人ね)
 それと比較して、やっぱりちゃまがせっせと撮っている日本のアニメでも、魔法少女モノは最近激しく美少女を精神的に追い詰めて絶叫させるパターンをよく見るなと思っていたところだったのだ。まどマギ以降特に増えたよね。
 向こうもんのいちびりポイント(黒萌えツボ)とのはっきりした違いを目の当たりにして沈黙してしもうた次第。怖かったり気まずかったりでちっと見るにしのびねえ。

 決して私は助兵衛心を否定するものではない!(太字で書くな)けれどいちびりインフレって、もっとはばかって欲しいのよ。
 おたくがそうであるように、同好の士に会えたら御の字と思いながらひっそり深夜枠で堪能するものなんじゃあるまいかー。
 これに比べれば
 「フフフ勝った気でいるようだが、奴は我ら一族の中でも最弱のお荷物よ!」
とか言いながら、むかつく敵役が後出しでわらわら出てくるキン○マンの方が、なんぼか「よっ待ってました」と言えたYO!

 それはさておき、漫画部分のペン+ベタが終わりました。
 週末はトーン作業できないから、とりあえず他のレイアウトページの絵を入れようメモメモ。
1

2015/7/9

ピーナツ粉ってどうだろう?   
 鳥さんのシードが底をつきそうだったので、雨が止んだ隙にえいや!とホームセンターまで行ってきました。
 いつもの殻つきのついでにピーナツ粉というのがあって、卵産みすぎの時とか病み上がりの体力回復にいいよ!とお店の人が勧めてくれたので、試しに買ってみました。ほくほく。
 とりあえず最初は粟穂のこぼれたやつにちょっと振りかけて様子を見ようと思います。

 帰宅して晩御飯を研ごうと思ったら、米びつのお米が無くなっていました。
 そういや底をついてたんだった。
0

2015/7/8

アドレナリンカムヒヤ。   
 私の卒業した高校はちょっと個性的で、モットーの一つに自労自治がありました。
 なので特に簿記を習ったことがなくても学校の会計当番をしてれば、就職してから出納帳の管理とか貸借対照表をつくったりできたし、百人単位の給食を作ったり皿洗いしたりする当番が週イチであったので、ダン箱6個のキャベツの千切りとかジャガイモの皮むきを1時間半以内に終わらせる方法も身につけることができました。
 多分経験していたおかげで、数字を見て反射的に「ムリだ!」と思う規模の仕事も、電卓叩いて「なんとかなるかも」と考えられるようになったのだと思います。
 私はどちらかというと首から下で考えるタチなので、そういう実践の場を貰えた事は大変楽しかったのだけど、学校での首から上部分がとても水があわなくてしんどかったです。
 別に勉強が難しかった訳ではなくて、ものの考え方がね!

 当時世間ではバブル前夜の個人主義が流行っていたそうなんだけど、校内にはそんな風はそよとも吹かず、逆に堂々と全体主義を標榜している人もあり、聞いてた姿勢で凍りついたことがありました。

 ここってまだ戦前なの!?
 もしかして言葉の意味知らないで使ってるだけ鴨!?

 でも手紙の検閲とか進路の変更の強要とか学校行事のために個人の法事出席の禁止とか公用外出の交通費自腹とか、まあ今でも大学なんかではこっそりやってるような理不尽もある訳だけど、中高生に対してそれやるのは、教育者もとい大人としてペケだろ!な事が多すぎた。
 なので何かしらの長につく度に、私はかんかん怒っていたような気がします。人生で一番怒っていた3年だったような。
 クラスメートや下級生が「どんまい、また怒ってますね」と慰めてくれてたので、自覚しているより2割増しくらいで怒っていたのかもな。
 
 そんな訳でトシくってからは、なかなか本腰いれて怒ることができなくなりました。
 普通に「ハラたつな〜」とか「ええい卑怯な」とか思うことはあるけれど、噴火レベルまでは遠く及ばないというか。
 怒れないというのはやっぱりよろしくないと思うの。もうちょっと沸点さげなくては。
 てことで新聞の総合面とか時事本とかめくって、かっか練習しております。ぷりぷり。←ぜんぜんたらん。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ