2015/9/6

明後日の方向に吠える  
 オリンピックのマークの問題、こじれた後で取り消す騒ぎになって更に今度はお金の問題まで取りざたされてなかなか鎮火せず。

 私はデザイナーさんが最初の会見でなんだか迎撃モードで話しているのを見て、この対応はないんジャマイカ。と思ったけど、デザイン自体は印象があんまり遠いので、ぱくりと騒ぐ方がちょっとどうかと感じてしまった。
 だって先方もいやしくもデザイナーなんだから、雰囲気と形の差異くらい判ってるはずじゃん。当事者関係者できちんと話す問題だと思ったのよ、攻撃迎撃なんかせんと。

 でも今回どっちかというと、ネットでのぱくり真贋認定熱が激しく燃え盛った事の方が、またきたか感もりもりでいやだった。
 パソコンの前で正義の味方になれるチャンスに、ものすごい数の人が反応してしまったような気がする。
 多分、今の世間の不安というか不穏な空気が「ここでなら拳が奮える」スイッチをおしてしまったんじゃないかと。
 案の定、叩けばばふばふホコリが舞い上がる雑なデザイン事務所だったから、叩いた人は気持ちよかっただろうな。
 でも誤解を恐れずぶっちゃければ、芸術だけを売る画家と違って、商業デザインの畑がどんだけ雑な関係で自転車操業しているかは、ちょっぴりでも関わったことのある人なら知っているじゃろ。(芸術と商業デザインを混同する感覚はわかるけど)作られる環境はぜんぜん違うもんね。

 そして個人的にミソつけさせていただけるなら、五輪マークを叩くよりあのへっぽこボランティアの制服デザインに突っ込みいれてくれる人があまりにも少ない事が、私は不満だ!

3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ