2015/12/11

おたく話再び  
 数日前に、友達のとこのサイトで海賊漫画の話が出ていて、そういえばしばらく麦わら一味の半分に会えなくて残念だな!と思っていたことを思い出しました。

 個人的には、絵が込み入りすぎてきて見ずらくなってしまった方が厳しいんだけど…多分1枚絵としてなら今の絵ズラのほうがずっとカッコいいとは思うんだ!でもまんがでイラストの仕様を目指されたら読む側はツラいYO!

 あれ、まんがの解像度じゃないよね!?

 野暮なツッコミとは思うけど、もしかして描いている側も読者層が広がりすぎてるとか部数が多すぎとかのプレッシャーもあるのかなあと邪推してしまうYO!

 個人的にエニエス・ロビーのあたりで、アシさんの背景処理とかカケアミがすんごくきれいになって画面の迫力が増してうわー!かっけー!とびっくりしたんだけど、この線で背景いけるんならもっと描き込めね!?な方にどんどんいってしまったような気がする。
 あの頃はアニメが原作に追いついてしまってすごく作りが冗長になってしまってたから、それに対応すべくコマ割が小さくなっていったのかしら?と思ったけど、きっとそれより細かくてきれいな絵に燃え始めてしまったんだろうな。

 あとは並列でエピソード突っ込みすぎじゃとか、前だったら扉絵ストーリー(ってあったよね、エースと牛乳屋の女の子の話とかエネルの月制覇とか)でのっけていたようなエピも全部、本編のしかもバトルの合間に入れたりするからツラい。
 話の濃度の問題かと思っていたけど、いややっぱこれはプロット整理の問題だと思う!と考えを改めました。
 たのむ!落ち着いて深呼吸だ。

 それにしても、物語の後半で話がダレてしょんぼり、という漫画はよくあったけれど、高速回転しすぎてロープロープ!ってパターンは始めて見たよ…
 テンションを維持する(平静に)って大変なことなんだな。

2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ