2016/1/8

渾身の語り(しょぼい)  
 思えばここはおたくブログなのに、普通に萌え話をしていないな。
 なぜなら描いているものと萌えてるものが別だから。
 オリジナルはね!描くのが楽しいんだよ!そして描きあがらないかぎり、他の誰にもなんも通じないんだよ、だって私個人の妄想なんだもん!
 …てことで終了となってしまうのだった。しょんぼり。

 しかしそんなんではさびしいので、今年サークル記念本を出すときは、心置きなくはまったパロを列記しよう!とうきうきメモを取り始めました。一番初めはドカベンなんだ。犬飼兄と里…(こそ)。そして一番最初に出したパロディ同人誌はアニメ「宝島」でした。
 宝島について語り始めると長い。そしてアツくうっとおしい。ううむ、やっぱりもえのたけは本にぶつけるとしよう。

 現在萌えてるポケスペは、単行本が40巻以上進んでから前の方の話のキャラにはまってしまったから、おたく友達に勧めずらい!章ごとに主人公が変わったり出戻ったりするし。(そして多分原作者さんの方が世代近いと思う。)
 なんか全体に話がドラマチックなんだけど、後ろ半分の巻は話が凝っているのに断然読みやすいんだYO!でもエピソードの行間が大きく開いた前半の話のほうが、おたく的に足をとられやすいという、ううん判っていただけるでしょうかこの悶絶。
 良く出来た話は面白く読んで終了だけど、隙間の見える話は覗かずにはいられない心理。ああまんまとひっかかっているYO!

 と頑張って語ってみました。読み返すだに散漫である。ごめん。

2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ